忍者ブログ

もうこんなご時世ですから、どんどん、警察に届けた方がいいと思う。
学校は当てにならないのは明らかだし。


札幌中3男子 「いじめ暴行」被害届 学校の防止策実らず 北海道新聞

札幌市北区の市立中学校で十月末、三年生の男子生徒が同学年の男子にいじめによる暴行を受けたとして、生徒の父親が一日までに、札幌北署に被害届を出した。この生徒は昨年夏にも、同じ男子を含む複数の生徒から暴力を振るわれたとして、学校が再発防止を約束していた。

 学校などによると、被害生徒は先月三十日に教室で、粘着テープでまるめた紙の棒で背後から突然頭部を四、五回たたかれたという。けがはなかった。被害生徒は昨年六月、複数の生徒に殴られるなどしたことが分かったため、学校側が双方の生徒や親と話し合い、授業中や休み時間に教師が校内を巡視するなどの再発防止策を示していた。

 しかし、今回、学校と親による聞き取りでは、昨年六月以降も被害生徒は同じ生徒に胸を突かれたり、靴をぶつけられたりしていた。学校は気づかなかったとしている。

 このため、父親は「いじめは悪質で再発防止は望めない」と考え、被害を届け出たという。中学校の校長は「再発防止対策をしてきたつもりだが抜けていた部分があった。同じ事態を未然に防ぐべく最善を尽くしたい」と話している。

 ---------------------------------------------

 

自殺したりするよりよっぽどよい。
大人気ないなんて意見もあるかもしれないが、集団でいじめに出られたら、ほとんどの人間は無力だよ。
学校が全く当てにならないことは、福岡、岐阜、北海道とあちこちで明らかになっているいじめ自殺からも明らか。

もう、これからはいじめがあったらすぐに警察力に頼るのがイイかもしれない。
学校自治の原則は既になくなったと考えていいと思う。
自浄努力もないし、生徒をコントロールできない学校に期待するものがあるのか。
肝心の教育についてすら、横紙破りが横行するようなところなのだから…。

 






ブログランキング・にほんブログ村へ

 

PR
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      CERTAIN@BLOG TOPへ
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ CERTAIN@BLOG ] All Rights Reserved.
http://hiroshiat.blog.shinobi.jp/

COUNTER




忍者アナライズ
忍者ブログ | [PR]
ブログ内検索
スピリチュアルを開発する
占い・開運・風水・パワーストーン

前世療法のCD。
カウンセリングにいけない人や、カウンセリングが不安な人に。
前世療法 催眠療法 催眠暗示 ~魂は何処に行き 何処に還るのか?~

幽体離脱を促すヘミシンクプログラムの日本語版。
調和と平穏を促すヒーリングアイテムとしても。
ヘミシンク ゲートウェイ・エクスペリエンス 日本語版 全6巻セット

最新の7つの脳波同調テクニックを使った特殊な音ファイル、Brain Sound Questシリーズ。
尾底骨の第一チャクラを開発するようにチューニングされています。
チャクラの開発 ~Brain Sound Quest シリーズ3★ブレイン・マシンやヘミシンク手法の7倍の効果で脳波を誘導する
なかのひと
逆アクセスランキング
ブログパーツ