忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ
こちらのサイトに衝撃的な情報が書かれていた。

肩までカバーした、耐弾性の高い防弾ベストを開発・納入していた業者があったにもかかわらず、それを劣悪で、しかもはるかに高額な模倣品に切り替えて納入させた警察官僚がいるらしい。

というか、イニシャルまでわかっているようなので、断定していいのだが。

その耐弾性の高い防弾ベストが支給されていれば、SAT隊員は死ぬことはなかった。

業者と癒着しているらしい、その警察官僚の犯罪といっても過言ではないだろう。

こんな犯罪的な警察官僚がいると思うと、ことさら腹が立つ。


前の記事にも書いたように、撃たれた警官が救出できない状況が続き、犯人がひとり、人質もひとりというのが早期にわかっていたわけで、警官の人命を考えれば、早期に突入を命じてもいいケースだった。

というか、諸外国なら突入してる。

それができなかったのは、警察の指揮系統内に、責任を取りたくない人間がいたからに他ならない。

突入が危険だと思うかもしれないが、これも前の記事にも書いたように、フラッシュバンで数秒間(6秒とされているが)犯人を麻痺させてからの突入なので、犯人がひとりだとわかっていただけに、比較的安全に制圧できたケース。

早期に突入していれば、SAT隊員は死ななくて済んだ。

あるニュース番組で愛知県警本部長の顔を見た。

確かにこの男なら、突入の指示を出せないと思った。

典型的な小役人の顔。

責任を取らないタイプ、決断・判断ができないタイプの顔をしていた。

この男もキャリア警察官僚のようだ。

特に警察組織においては、学校のお勉強はできても、決断と判断ができなくては話にならないが、今の警察キャリア官僚には、そのような輩がウヨウヨいるのだろうか。

こんな下らない男をトップに頂いている愛知県警は不運としかいいようがない。


SAT隊員は、警察官僚たちに殺されたといえる。


PR
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
 特殊部隊と呼んで!?
 おかしなヤクザによる立てこもり事件で、死亡したSAT隊員を、まるで何かの象徴にでもしたいのだろうか。支配者達は、勲章だ何だと、マスコミを使って躍起なる様子は、自らのミスを覆い隠すためであろうか、上を下への大騒ぎである。  相変わらず「SA
[Troubled days ] ×URL   2007/05/24(Thu) 10:50:10

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ Hiroshi@blog ] All Rights Reserved.
http://hiroshiat.blog.shinobi.jp/

COUNTER




忍者アナライズ
忍者ブログ | [PR]
ブログ内検索
スピリチュアルを開発する
占い・開運・風水・パワーストーン

前世療法のCD。
カウンセリングにいけない人や、カウンセリングが不安な人に。
前世療法 催眠療法 催眠暗示 ~魂は何処に行き 何処に還るのか?~

幽体離脱を促すヘミシンクプログラムの日本語版。
調和と平穏を促すヒーリングアイテムとしても。
ヘミシンク ゲートウェイ・エクスペリエンス 日本語版 全6巻セット

最新の7つの脳波同調テクニックを使った特殊な音ファイル、Brain Sound Questシリーズ。
尾底骨の第一チャクラを開発するようにチューニングされています。
チャクラの開発 ~Brain Sound Quest シリーズ3★ブレイン・マシンやヘミシンク手法の7倍の効果で脳波を誘導する
なかのひと
逆アクセスランキング
ブログパーツ