忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ

厚労相の問題発言の連発に、野党各党は連携を強め、国民は呆れ果てている。

「子供二人以上は健全」発言は、それ一つを取れば、アホな大臣がやっちゃいましたね、という程度のものかもしれないが、先の「産む機械」発言があるから、単なる失言で済まなくなった。

男尊女卑的なこの男のものの考え方がよく出ていると思う。

世の女性たちは、自分からお手当てをもらってるわけでもないし、給料をもらってるわけでないということをわかってないらしい。

プライベートでは少なくとも、そのように女性たちに接してきただろうことは容易に想像できてしまう。

そもそもこの男、以前の記事にも書いたように、ホワイトカラーエグザンプションをゴリ押しするために送り込まれた人物であるから、高い識見など、望むべくもない。

それどころか、送り込まれた経緯と経歴を考えれば、男尊女卑的な考え方を持っていると考える方が自然だとさえ思える。

大蔵省出身のこの男が、論功行賞と仲良しクラブの色彩の強い、この軽量内閣で厚労相に就任すること自体、相当に不自然だ。

アナクロタイプでドグマティックな考え方を持っているからこそ、使いやすいと思われたのであろうしね。

そもそも、少子化の原因がどこにあるのかをわかってないように思えるし。

非正規社員の増加と少子化が同根のものなんて考えたこともないのだろうね。

夫が派遣社員の家庭で、女性は子供を産もうと考えるだろうか。

収入が不安定で、明日にもクビを切られるかもしれないような不安定な職にしかつけない状況で、女性が子供を産もうと考えるだろうか。

正社員でもいつクビになるかもわからない状況で、女性が子供を産もうなんて考えるだろうか。

社会の不安定さと出生率の関係に思いを致さないようなら、厚労相失格であるし、それ以前に国会議員としての資質を強く疑ってしまう。

自分にプライドがあるのなら、今の日本社会の現実をよく見てほしいと思う。

うわべしか見ない、自分の周囲しか見ない、では国会議員失格といわれても仕方ないと思う。

ただし、今の国会議員は、その資質に欠ける人間があまりにも多すぎるけれども。

厚労相としてもし、真剣に少子化対策をやるなら、まずは非正規社員の増加に対して手を打つことが必要だろう。

一時金の類をいくら増やしても、安定した収入が得られるという見通しがなければ、とてもではないが出産、育児などやろうと思わないだろう。

労働者派遣法の改正による派遣社員の増加は、長期にわたって硬直していた労働市場の流動化につながったし、バブル崩壊後の長期不況に苦しむ企業のリストラクチャリングに少なからず貢献したことは認めるところではある。

しかし現在、大企業は繁栄を謳歌し、大銀行は合掌連衡を経て収益体質に変り、社会基盤が著しく強化されている状況で、労働者を低賃金に留め置く現行派遣法とその運用に対しては、重大な疑問がある。

国富というものは一部企業が独占でき得るものではないし、一部資本家が独占でき得るものでもない。

短期的にはそれは可能である。

が、中長期的には、それは国家の衰退を招くことは、すでに歴史が証明していることである。

長引く不況の状況下では、資本を一部に集中し、社会基盤の再構築を行うことは必要であったが、それを好況下でも続けることは、現に起こっているように、内需の衰退を招く。

今、見かけ上内需が盛り上がっているように見えるのは、富裕層を中心として高額商品への需要が生じているに過ぎない。

このパイは小さく、すぐに需要が一段落した後に落ち込むことは目に見えている。

国富を高めるには、中産階級をいかに増やすかが最重点課題であるのは、歴史を回顧すれば明らかなことである。

富裕層にさらに資産を与えても意味はないのだ。

中産層が没落した社会は早期に衰退を招く。

今の日本がまさにその入り口に差し掛かっているように思える。

バブル時代以上に企業業績は輸出に依存するところが大であり、円高やアメリカの政策変更があれば、すぐに業績がしぼんでしまうという点を考えれば、バブル以上に危険な状況とさえいえる。

このことをわかっている政治家は、今の日本に一体何人いるのだろう。

たぶん、片手の指を使っても余るぐらいしかいないのだろう。

 

PR
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ Hiroshi@blog ] All Rights Reserved.
http://hiroshiat.blog.shinobi.jp/

COUNTER




忍者アナライズ
忍者ブログ | [PR]
ブログ内検索
スピリチュアルを開発する
占い・開運・風水・パワーストーン

前世療法のCD。
カウンセリングにいけない人や、カウンセリングが不安な人に。
前世療法 催眠療法 催眠暗示 ~魂は何処に行き 何処に還るのか?~

幽体離脱を促すヘミシンクプログラムの日本語版。
調和と平穏を促すヒーリングアイテムとしても。
ヘミシンク ゲートウェイ・エクスペリエンス 日本語版 全6巻セット

最新の7つの脳波同調テクニックを使った特殊な音ファイル、Brain Sound Questシリーズ。
尾底骨の第一チャクラを開発するようにチューニングされています。
チャクラの開発 ~Brain Sound Quest シリーズ3★ブレイン・マシンやヘミシンク手法の7倍の効果で脳波を誘導する
なかのひと
逆アクセスランキング
ブログパーツ