忍者ブログ


イスラエルがガザ空爆続行、死者360人以上 ハマスも報復攻撃(NIKKEI NET)

NY原油反落、一時38ドル台 景気後退で売り攻勢(47NEWS)

イスラエル、停戦拒否、ガザ攻撃継続(IBTimes)

マスゴミちゃんの記事を見ると、イスラエルがガザを一方的に空爆したような印象を受けるが、その前に何があったかを書いていない、典型的な印象操作。

WEBには海外の情報に丹念に当たる人もいるから、そういう人のサイトを見ると、本当はどうだったかというのがよくわかる。

オバマに贈られる中東大戦争(田中宇の国際ニュース解説)


オバマ新大統領に代わってもアメリカはチェンジ出来ずにイスラエルと共に滅びるのだろう(株式日記と経済展望)


ハマスは12月19日の停戦終了前後からパカスカミサイル攻撃。

死者も出てると。

どこの国(例外はあるかも)でもそうだが、自分の領土に攻撃を受けて反撃しなければ、その政権は倒れる。

イスラエルとしては選択肢はなかったと思う。

ハマスとの停戦は現時点で適切でない=イスラエル首相(Yahoo!JAPANニュース)

こういう発言も、ハマスが矛を収めない限りは当然なされるものだと思う。


イスラエルという国のロケーションと国土の形を見ると、非常に守りにくいのがわかる。

イスラエル国(外務省HP)


国土に幅がないので、縦深戦術が取りにくく、戦術的後退が難しい。

外国と交戦するときは、できるだけ国外で戦わないとならないわけだ。

自国に引きずりこめるような奥行きのある国とは違う。

イスラエルとしては、国土を守るためには先制攻撃が必然となる。

ヨムキプール戦争(wikipedia)の経験をしてからはなおさらだろう。


イスラエルの人口は706万人。(外務省HPより)

周辺国の人口は(いずれも外務省HP 各国地域情勢より)

レバノン:約406万人(2006年世銀)
ヨルダン:560万人(2006年)
シリア:1,836万人(2006年シリア統計局推定)
エジプト:7,257万人(2006年人口調査、但し在外エジプト人は除く)
サウジアラビア:2,400万人(内外国人614万人)
トルコ:7,206万人(2005年、国家統計庁推定)

そして
イラン:7,042.3万人(2006年10月)(イラン政府発表)
イラク:約2,710万人(2004年推定:世銀)

こうやって見ると、マンパワーでイスラエルは圧倒的な劣勢に立っているのがわかる。

イスラエルとしては、地中海に追い落とされる不安を絶えず持っているということになる。

そして安全保障のため、国境を接する国は不安定化もしくは親米化させて戦争のリスクを注意深く避けているのもわかる。

大きな潜在的となる可能性のある遠方の大国イランは、周知のように反米孤立化させ、もう一つの大国イラクはアメリカ進駐で無力化。

中東情勢はイスラエルの国家戦略抜きには語れないということもわかる。

その中でガザを支配したハマスは、レバノンに拠るヒズボラとともに、イスラエルにとっては喉元に突きつけられた円月刀ということになる。

イスラエルはヒズボラ戦争で意外にも情報力の弱体化を晒し、アラブ諸国からは与しやすしと見られている感もある。

4度にわたる中東戦争をイスラエルが勝ち抜けたのは、兵器の優越性もさることながら、
エリ・コーエンウォルフガング・ロッツに代表されるような、ヒューミントによる部分も大きかった。

そして湾岸戦争終結後、中東諸国は戦争協力の当然の報酬とばかりに近代兵器を続々導入している。

イスラエルとの兵器の差が詰まり、兵器の優位性で勝てる可能性が減っているということになる。

イラク・オシラク原発(バビロン作戦)を爆撃したような芸当は、もう不可能に近いだろう。

イスラエルが存続を可能にしてきた要素が失われてきているように見える現在の状況下で、自国領土に攻撃を受けたときの自然な反応は何かと考えると、今回の空爆もまったく違う様相を見せてくるのではないか。

現代イスラエルがある思惑の下に建国された国であるとしても、60年にわたって存立し、700万人もの国民が生活している国であることを考えたら、その生存権を奪うような言説が正しいのかどうか。

アドルフ・ヒットラーはイスラエル建国の父(裏ジャーナル)


イランとアメリカのハルマゲドン(田中宇の国際ニュース解説)

文脈の一部を意図的に削った報道を為すのが良いのかどうか。

イスラエルを追い詰めると何が起こるか、高い知能がなくてもわかりそうなものであるし、それが起こることで困るのは日本であるということも、高い知能がなくてもわかるだろう。

それがわからずに意図的な報道を繰り返すマスゴミは、よほど知的劣化を起こしているとしか思えない。

この問題はイスラエルのみに停戦を呼びかけても収まりがつくわけがないが、マスゴミの論調はイスラエル悪者論がほとんどである。

それをやっていたら安心だと思っているのだろうか?

日本の国際的地位や政治的・宗教的立ち位置を考えると、中東和平のためにできることは多いと思うが、マスゴミがこのような報道をしていては、まともな議論もできない。

マスゴミも、ゴミ扱いされたくなかったら、まともな報道をすべきだと思う。

PR
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      CERTAIN@BLOG TOPへ
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ CERTAIN@BLOG ] All Rights Reserved.
http://hiroshiat.blog.shinobi.jp/

COUNTER




忍者アナライズ
忍者ブログ | [PR]
ブログ内検索
スピリチュアルを開発する
占い・開運・風水・パワーストーン

前世療法のCD。
カウンセリングにいけない人や、カウンセリングが不安な人に。
前世療法 催眠療法 催眠暗示 ~魂は何処に行き 何処に還るのか?~

幽体離脱を促すヘミシンクプログラムの日本語版。
調和と平穏を促すヒーリングアイテムとしても。
ヘミシンク ゲートウェイ・エクスペリエンス 日本語版 全6巻セット

最新の7つの脳波同調テクニックを使った特殊な音ファイル、Brain Sound Questシリーズ。
尾底骨の第一チャクラを開発するようにチューニングされています。
チャクラの開発 ~Brain Sound Quest シリーズ3★ブレイン・マシンやヘミシンク手法の7倍の効果で脳波を誘導する
なかのひと
逆アクセスランキング
ブログパーツ