忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ
ハイブリッドに電気自動車に、となかなかに喧しい自動車市場だけど、マジに考えると、原付などの小排気量二輪車のほうがはるかにエコなんだよね。

プリウスが現状では最も燃費がいい4輪車ということになろうが、実燃費は良くてリッター25kmに届くかどうかというところか。

参考:(carviewユーザーレポート;プリウス

これに対して、泣く子も黙るホンダ「スーパーカブ」様なら、実燃費でリッター50kmオーバーとか普通にいくし。

軽いというのは、燃費においてはものすごく効果的なんだよね。

動かすのに必要なエナジーが少なくできるわけだから、燃費が悪くなるわけがない。

その極みが原付などの小排気量二輪車ということになる。

スピードを考えなければ、排気量が小さければ小さいほど燃費は良くなるから、燃費チャンピオンは50ccの原付ということになるが、周知のように、原付はオトナが乗るにはイマイチな乗り物である。

30km/h規制はお巡りさんの点数稼ぎのために存在しているかのようであるし、2段階右折は安全のためとはいえ、非常にメンドクサイ。

排ガス規制によって4ストになり、牙を抜かれた今の原付では、50km/h程度で流れるようなちょっとした道路でも走るシケイン扱いで、車にとっても原付ライダーにとっても非常にストレスであり、恐怖でもある。

では、と考えたときに出て来るのが、いわゆる二種原付というクラス、51cc以上125cc未満というクラスである。

これは言ってみりゃー、原付以上二輪以下という扱いのクラスで、30km/h縛りなし(法定速度60km/h(らしい))、2段階右折縛りなし、自動車専用道路走行不可(多くの場合)という、何ともいえないクラスである。

そして、任意保険は、なんとファミリーバイク特約が使えちゃったりする。

ファミリーバイク特約は、4輪の任意保険にエクストラ(10%程度)をかけるだけでカバーしてくれるという便利なものだが、これが二種原付にも適用される。

250クラスの任意保険になると年間数万円とかになるので、コストメリットは非常に高いということになる。

法的な扱いはエンジン(原動機)つき自転車なので、その分、優遇されてるんだよね。

実際の二種原付は、50の上級版みたいなものが多いから、ガワが小さいので取り回しは楽、原付の倍の排気量で結構速い、と、街の遊撃手(どっかで聞いたような・・・)にはもってこいだったりする。

けど、このクラス、数年前までは全然売れなかった。

250に行くか、50に行くか、微妙なクラスでもあって、若い層はどっちかに逃げることが多いんだよね。

メインの購買層からそっぽを向かれたおかげで、90年代まではそこそこあった二種原付のバラエティは、2000年に入る頃には絶滅寸前にまでなっていた。


だがこの数年、このクラスが見直されてきている。

きっかけはなんだろうか、エコもあるだろうし、お父さん連中の懐寒しと言うのもあるだろうか。

大型二輪のセカンドバイクというのもあるだろうが、4輪で通勤するのを止めて、二種原付で通勤というお父さん層が増えてきているように見える。

そう、このクラスを注目してるのはお父さん層という印象なんだよね。

二輪免許を持ってて、懐は寒くって、という層には、かなり魅力的な乗り物ではある。

都市部では、4輪よりも原付よりも速いし、すり抜けを多用するような局面では、大排気量二輪よりも早くなる。

なので、愛用している人にとっては、これ以上ない乗り物となる。

このクラスで、「通勤快速」の一番人気はアドレスV125(メーカーサイト)だろう。

2スト時代のアドレスV100の正統フルチェンジバージョンであるコイツは、2スト100ccから4スト125ccになって、さらに速さを獲得した。

インジェクションの効果は素晴らしいね。

インジェクションは燃費にも効いて、コイツはリッター40くらいは行くのかな。

小さい割にラゲッジも結構物が入るので、その点も背広族には便利。

すり抜けもしやすいから、「通勤快速」の代名詞となったのもむべなるかな、ではある。

スズキの爆走に歯止めをかけようとてか、他のメーカーもこのクラスに力を入れだした。

帝王ホンダは、まずはスペイシー100を出してきたが、チャイニーズクオリティでバツ。

次にリードをバージョンアップしてリード110を出してきた。(メーカーサイト

インジェクション110ccとガラの大きいリードスタイルはまずまずだったが、もひとつかな。

個人的には。リア1本サスというのが気に入らんし、80km/hがギリというのもキツイね。

次にスーパーカブ110。(メーカーサイト

これはカブファンには燃えたね。

カブ90の3速から4速ミッションに変わったのもデカイし、インジェクション110ccで、燃費とパワーを両立させてるのもイイ。

カブがジジイバイクだという人は、このサイトを見てみるように。

おじゃまんカブ ← 小洒落たカブに乗ってる人のサイト。カブ110のインプレもあり。

そして今度は、新しい125スクーターを出してくる。

新型スクーター「PCX」をタイで発売(ホンダ公式サイト)

これはよさそうな気がする。

何より、リア2本サスというのがイイ。

125というのもいい。

スタイリングはかなりいい。

センタートンネルのところもフレーム置いてて、剛性が上がってるならなおイイ。

タイ産なので、チャイナ冥土(メイド)みたいなことはないだろう。

発売が楽しみではある。

ヤマハはというと、アクシスというのがあったが、これが今ひとつだったようだ。

デザインは良かったけど、性能的にイマイチだったようで、いじらないとダメなバイクという印象なんだよね。

ここはマジェスティ125というのが強い。(Google画像検索結果

原二最強。

100km/h以上楽勝。

でもガラデカイ、結構高い。

何より、正規輸入してない!

マジェ250が売れなくなるからマジェ125は正規輸入しないんだ、みたいなことまで言われてるけど、ヤマハの経営陣はマーケティングセンスがないよね。

他にも、シグナスXというのがある。(メーカーサイト

コイツはなかなかカッコイイんだけど、少々難有りなところもあるらしい。

これのスポーツバージョンであるシグナスX-SR(メーカーサイト)は、

さらに、これをベースにしたBW'S125というのもある。(Google画像検索結果

昔あったBW'S100のアップグレード版だが、何よりカッコイイ。

ちょっとしたオフロードなら走れそうなのもイイ。

個人的には売れそうに思うんだけど、ヤマハはこれも正規輸入してない。

マジでヤマハ経営陣のセンスを疑うよね。

これが正規輸入だったら、剣山スーパー林道走破とかしてみたく思うぐらいなんだけど。

最近ではアクシストリートというのを出してきた。(メーカーサイト

これは「通勤快速」の代名詞、アドレスV125の正統バッティングバージョンとしてリリースしたんだろう。

アドレスより少し使い勝手は良いみたいだが、動力性能はやや落ちるようなのがどう影響するかな。



今後、原二市場が活性化するには、高齢者対応の車種なんかも出てきてもいいと思うし、現在も口の端に上っているが、原付免許の制限排気量の拡大も考えてもいいと思う。

高齢者対応としては、運動能力や平衡感覚が劣化した人のため、三輪バイクなどはどうかと思う。

ピアッジオMP3シリーズ(Google)は革新的な発明だと思うが、いかんせん、輸入モノなので、250or400ccで、かつハイオクというのが痛い。

国産メーカーがクロスライセンスとかして125ccクラスで安く作ってくれたらいいかと思う。

そうすれば、高齢者の足としては真打になるかもしれんね。

原付の排気量拡大だが、やっぱ4ストで50はきついよ。

制限速度の引き上げとパッケージで、排気量を70ccぐらいまで引き上げたら、シケインじゃなくなって、結果的に事故も減ると思うけどね。

警察が黙ってないだろうけど。


原油価格が再び上昇の気配を見せている中、原付二種はこれから脚光を浴びそうな気がする。

免許があって、車通勤な人は、考えてみてもいいかもしれない。



参考になるサイトとしては、

★快適★交通★宣言★ ← 原付及び原付二種のインプレ多数。

I'm RIDER ~ 我ら素人ライダーのインプレッション ← 実際のユーザーからのインプレなので、かなり有用。

というところを私は見ている。


PR
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ Hiroshi@blog ] All Rights Reserved.
http://hiroshiat.blog.shinobi.jp/

COUNTER




忍者アナライズ
忍者ブログ | [PR]
ブログ内検索
スピリチュアルを開発する
占い・開運・風水・パワーストーン

前世療法のCD。
カウンセリングにいけない人や、カウンセリングが不安な人に。
前世療法 催眠療法 催眠暗示 ~魂は何処に行き 何処に還るのか?~

幽体離脱を促すヘミシンクプログラムの日本語版。
調和と平穏を促すヒーリングアイテムとしても。
ヘミシンク ゲートウェイ・エクスペリエンス 日本語版 全6巻セット

最新の7つの脳波同調テクニックを使った特殊な音ファイル、Brain Sound Questシリーズ。
尾底骨の第一チャクラを開発するようにチューニングされています。
チャクラの開発 ~Brain Sound Quest シリーズ3★ブレイン・マシンやヘミシンク手法の7倍の効果で脳波を誘導する
なかのひと
逆アクセスランキング
ブログパーツ