忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ
教師の「モンスターペアレンツ対策」助言、仲裁する都の機関が開設(J-CASTニュース)

かつてはモンスターだった連中がモンスターに襲われてる図とも見える。

私がガキの頃は、教師はモンスターそのものだった。

自分たちの管理の都合のためには、理由なく禁止は当たり前。

従わない人間を殴る蹴るは当たり前。

学校は聖域なので警察力の介入はなし。

もちろん、人権救済申し立てなんかは教えもしない。

同和教育には熱心だったのにね。

坊主刈り強制、髪の毛の長さ強制、休日まで制服強制、自転車ヘルメット強制。

高校時代の教師たちもひどかったが、特に中学時代の教師たちには、わずかな例外を除いて、今も腹立たしさと軽蔑しか感じない。

私が中学生のときですら、彼らには知的レベルの低さを感じてたのに、今、彼らを見たらどれだけのレベルギャップを感じるだろうか。

あんな仕事ぶりで高い給料もらって退職金もらって今頃は高い年金生活を送っているかと思うと腹が立つ。

医者もそうだ。

3時間待ちの3分診察という「高品質な」医療サービスを受け、高い検査料を払っても、診察結果の記載されたカルテは開示しないし、レントゲン写真も渡さない。

御説拝聴するより、カルテのコピーをもらった方がいいといつも思うんだけど。

医療ミスが起こっても仲間内で口裏合わせでもするのか、表沙汰になることは珍しい。

「医療ミス 隠蔽」でググると・・・

患者側が真実を突き止めることすら容易でない。

ドクハラは昔からよく聞いたが、多くが泣き寝入りしていたんだろう。

情報がオープンになった今になって、モンスターに襲われていた側が情報武装して逆襲にかかっているとも見える。

モンスターピアレンツ、モンスターペイシャンツという前に、自分たちの行っている仕事が客観的に見て正しいか、「モンスター」に襲われないために何をしなければならないのか、原点から考えてみる必要があると思うけど。

「患者様」と呼ぶだけでは事態は変わらないし、教師の相談窓口を設けるだけでは事態は変わらないと思う。

「先生」と呼ばれる職業はロクなもんじゃないとはよく言われるが、「脚下照顧」すべきと思うけどね。

PR
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ Hiroshi@blog ] All Rights Reserved.
http://hiroshiat.blog.shinobi.jp/

COUNTER




忍者アナライズ
忍者ブログ | [PR]
ブログ内検索
スピリチュアルを開発する
占い・開運・風水・パワーストーン

前世療法のCD。
カウンセリングにいけない人や、カウンセリングが不安な人に。
前世療法 催眠療法 催眠暗示 ~魂は何処に行き 何処に還るのか?~

幽体離脱を促すヘミシンクプログラムの日本語版。
調和と平穏を促すヒーリングアイテムとしても。
ヘミシンク ゲートウェイ・エクスペリエンス 日本語版 全6巻セット

最新の7つの脳波同調テクニックを使った特殊な音ファイル、Brain Sound Questシリーズ。
尾底骨の第一チャクラを開発するようにチューニングされています。
チャクラの開発 ~Brain Sound Quest シリーズ3★ブレイン・マシンやヘミシンク手法の7倍の効果で脳波を誘導する
なかのひと
逆アクセスランキング
ブログパーツ