忍者ブログ


独仏首脳、金融危機に協力して取り組むことで合意=仏大統領府(ロイター)

金融安定化へ具体策示せず=G8早期開催呼び掛け-欧州4カ国首脳(時事ドットコム)

時系列的には上の記事の方が新しいが、相反するように見える二つの記事は、実は同じ方向を向いている。

上の記事に掲載された写真。

そっぽを向き合う独仏両国首脳の姿が独仏の未来を暗示しているように見える。

もともと、領土の取り合い、侵略のやり合いで犬猿の仲の両国。

政治力のフランス、経済力のドイツ。

この2国のユニットなくしてユーロもEUもありえなかった。

でも、両国が真に理解しあうことはないようにも思える。

歴史的経緯を見れば。

今回の金融安定化基金創設も、ドイツの経済力を当てにしたフランスの提案をドイツが拒否したらしい。

それでは市場にマイナスインパクトを与えるだけなので、急遽行われた政治ショーが上の記事なんだと思う。

政治家は、本質的には国民の意思を無視できない。

今後、金融危機が深まるにつれて両国の潜在的な亀裂も深まるだろう。

それが表面化したとき、ユーロは崩壊する日が来るように思う。

両国のユニットがなくなれば、他にユーロを回せる国はない。

闇の思惑は、ここでもくじかれることになるような気がする。




もう一つ、付け加えるなら、ロシアがキーになるだろう。

ドイツもフランスも、ロシアに対しては日本人が思うほどの悪感情はない。

資源大国であるロシアが、バランスボードの一端を握ることになるような気がする。

○○に先手を打たれてはいるが、それがいつまで続くかな。

PR
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:
 るりぱんださん、
るりぱんださん、いつもコメントありがとうございます。

フランスはそういえばそうなんですけど、韓国よりははるかに実力と政治的厚みのあるところが違いますね。
軍隊も強いです。
独仏の関係はナポレオン時代からの因縁ですし、領土問題とか歴史的にいろいろあるから、恨み骨髄みたいなところはあって、そんなのを呑み込んでのユーロとEUだったんですが、それが今回の金融危機で噴出しそうな気がします。

韓国は、同じ中国の属国(朝鮮側の意識として)で自分より下と見てた日本に併合されたのがよほど悔しいんでしょうね。
ああいうのは、旧植民地国家によくある反応です。
旧宗主国に恨み骨髄というのは。
当時の情勢を考えると、ロシアが統治するか日本が統治するか、あるいは欧米列強の草刈り場(メリットがないのでありえたかどうかは疑問ですが)となるかの問題だったような気がしますけど、そういう冷静な分析が出来るほど年月も経てないということなんでしょう。

個人的には、日本は地政学的影響しかなくて物的資源や人的資源に魅力のない朝鮮なんか併合するべきでなかったと思いますし、中国と台湾に影響力を担保しているだけでよかったと思います。
朝鮮併合後の投資と、敗戦後の賠償金を考えるだけでも、まったく要らんことをしたと思いますけど、当時はそれだけロシアの南下が脅威だったんでしょうね。

韓国はすでにアンダーグラウンドの外交力を失いつつあると思います。
アメリカもかなり苦しくなっていますので、日本はチェンマイ詐欺による1兆円の手切れ金は払わされても、それ以上の援助ということにはならないような気がします。
IMFも力を失ってきてるようなので、最終的には戦争その他の手段による南北合併と、南北の経済的アンバランスを利用した搾取経済と絶対的には増えるマンパワーで復興を図る形になるんじゃないでしょうか。

いずれにしてもこれからの朝鮮は激動が予想されるので、とりあえずは韓国のノービザはやめて人間入り放題は止めるべきなんですけど、政治家も官僚も政治オンチなんで難しいことでしょうね。
管理人 URL 2008/10/10 10:26 *edit
 無題
こんばんわ。
フランスって韓国みたいな国なんですね。

あの辺も歴史的に色々あるとは思いますが、流石は先進国なだけに他国の国旗を踏みつけて焼いたり天皇や首相の顔を汚したり、雉を殺して食らったりというような頭の悪いパフォーマンスを目にしないのでイギリス人とフランス人の仲が悪いのかなぁくらいしか存知ませんでした。

韓国が勝手に日中を言いくるめて出させようとしている8兆円もの基金について、最近アメリカが日本に対して協力するように口出しを始めたらしいですね。

外交下手の日本は大丈夫なのでしょうか?



るりぱんだ 2008/10/10 00:29 *edit
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ Hiroshi@blog ] All Rights Reserved.
http://hiroshiat.blog.shinobi.jp/

COUNTER




忍者アナライズ
忍者ブログ | [PR]
ブログ内検索
スピリチュアルを開発する
占い・開運・風水・パワーストーン

前世療法のCD。
カウンセリングにいけない人や、カウンセリングが不安な人に。
前世療法 催眠療法 催眠暗示 ~魂は何処に行き 何処に還るのか?~

幽体離脱を促すヘミシンクプログラムの日本語版。
調和と平穏を促すヒーリングアイテムとしても。
ヘミシンク ゲートウェイ・エクスペリエンス 日本語版 全6巻セット

最新の7つの脳波同調テクニックを使った特殊な音ファイル、Brain Sound Questシリーズ。
尾底骨の第一チャクラを開発するようにチューニングされています。
チャクラの開発 ~Brain Sound Quest シリーズ3★ブレイン・マシンやヘミシンク手法の7倍の効果で脳波を誘導する
なかのひと
逆アクセスランキング
ブログパーツ