忍者ブログ


真実の戦争の歴史を知るということ(情報統合思念体)


大東亜戦争の名言集(YOUTUBE)

先の戦争はどのようなものであったのか。

今も続くアメリカの支配体制下では、「公式な」ものからは真の姿は見えてこない。

上のリンク、YOUTUBEで紹介されているコメントは、先の戦争で日本が虐げたとされる被占領国、そして戦勝国の人々のものが中心である。

「情報統制下」の日本では見えてこない、先の戦争の一面が見えるだろう。

私は、涙をこらえることができなかった。



私は、先の戦争における日本のやり方は非常に拙劣なものだったと思っている。

戦争が不可避な状況まで追い込まれるに至った無為無策な政治家と官僚達、(特に陸軍力において顕著であるが)拙劣な兵器を積極的に改良しようともせず、拙劣な戦略・戦術で多くの将兵を無為に死なせ、有為の人材を積極的に登用せずに無能な人材ばかりが幅を利かせた軍指導部には憤りを感じる。

日露戦争と比べれば、指導者達の質、そして戦略に雲泥の差があるということがわかるだろう。

戦争の始め方、終わらせ方においてその差は顕著である。


けれど、この戦争がアジアに、そして世界史にもたらしたインパクトは、真実の姿を知らない多くの日本人が抱く思いとは裏腹に、決して小さいものではなく、そしてネガティブなものでもない。

死んでいった多くの人たちは、決して無駄に死んでいったのではない。

そのようなことが、真実の姿を知ることによって見えてくる。


彼らの死を徒に埋もれさせるのか、それとも光を当てるのか。

日本人一人一人が彼らから問われているのだと思う。



先の戦争が終結して64年になる。

世界史を俯瞰すれば、この年月がどのような意味を持つのかわかるだろう。

PR
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      CERTAIN@BLOG TOPへ
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:
 るりぱんださん、
コメントありがとうございます。

恥ずかしながら、パラオの話ははじめて知りました。
お礼申し上げます。

私もペリリュー島に行きたくなりました。
日本人の一人として、散っていった人たちに祈りを捧げたく思いました。

管理人 URL 2009/08/18 22:40 *edit
 パラオ
戦争に関しては、負ければ賊軍とはいえ何を言われても我慢しなければならないの?と常日頃悔しい思いもいたしております。
まして日本に勝ったわけでもないのに、朝鮮の方々の逆恨みだけのしつこい感情には閉口してしまいます。

戦争自体を肯定するものではありませんが、軍指導部は別としても当時の日本兵の義と勇気には頭が下がります。
個人的に涙が止まらないエピソードは、パラオで玉砕した日本兵のお話です。
生きているうちに世界一親日だと思われるパラオの神社に行きたいと思っています。
おおぉおっとこんな時間、おやすみなさい。



るりぱんだ 2009/08/18 01:50 *edit
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ CERTAIN@BLOG ] All Rights Reserved.
http://hiroshiat.blog.shinobi.jp/

COUNTER




忍者アナライズ
忍者ブログ | [PR]
ブログ内検索
スピリチュアルを開発する
占い・開運・風水・パワーストーン

前世療法のCD。
カウンセリングにいけない人や、カウンセリングが不安な人に。
前世療法 催眠療法 催眠暗示 ~魂は何処に行き 何処に還るのか?~

幽体離脱を促すヘミシンクプログラムの日本語版。
調和と平穏を促すヒーリングアイテムとしても。
ヘミシンク ゲートウェイ・エクスペリエンス 日本語版 全6巻セット

最新の7つの脳波同調テクニックを使った特殊な音ファイル、Brain Sound Questシリーズ。
尾底骨の第一チャクラを開発するようにチューニングされています。
チャクラの開発 ~Brain Sound Quest シリーズ3★ブレイン・マシンやヘミシンク手法の7倍の効果で脳波を誘導する
なかのひと
逆アクセスランキング
ブログパーツ