忍者ブログ

中国新幹線、相次ぐ備品持ち去り「社会の恥」(iza)

鳴り物入りで運行開始した中国新幹線が、乗客の備品持ち去りや公道徳の欠如に晒されている。

(記事より引用)
来年の北京五輪に向け、どうすればマナーが向上するのか中国指導部も頭が痛い。
 「社会公民の恥。中国人のイメージに悪影響を与える。五輪に向けこうした非文明的行動は注意しなくてはならない」。国営新華社通信(電子版)は乗客のマナーに疑問を投げかけ、処罰が有効策と指摘している。
(引用ここまで)

中国人のマナーの低さは今に始まったことではないが、処罰しないと改まらないと考えているなら、大きな誤りだろう。

水面下に潜るだけだからだ。

でも、マナーの低さなら、日本人も負けてはいない。

備品持ち去りも、電車内でのマナーの低さも、日本人も似たり寄ったり。

電車内での暴行事件さえ起こるような始末だし。

中国と日本に共通するもの。

文化と伝統の否定だと気付いた。

中国は、共産革命でまず一度文化と伝統を否定し、さらに、文化大革命で完全に古いものを消し去ろうとした。

日本は、愚かな軍部の暴走による敗戦、新憲法の制定とともに、これまでの文化を否定し、権利ばかりを主張し、義務と責任を省みない、誤った民主主義を根付かせてきた。

給食費や保育費の滞納など、そのよい例だ。

優先席にふんぞり返る若者やサラリーマンたちに、モラルというものが存在するとは思えない。

年長者、弱いものに配慮するということを知らない者たち。

文化と伝統に敬意を払わない国はこうなる、という、いい見本なのではなかろうか。

安倍総理のいう「美しい日本」のキャッチフレーズは、戦争をやりたい、旧軍部を美化することによって、為政者を美化したいという意図が丸出しなので、とても賛同できるものではないが、しかしながら、ここら辺で文化と伝統、そして教育についての意識を見直す必要があるという、問題提起自体には賛成である。


中国では、権力保持のために反日教育を推し進めた江沢民に代わった胡錦涛主席の下、教育の見直しが進められているようだ。

教育のもたらす効果に、遅まきながらも気づいているように見える。

日本でも教育再生会議が盛んに教育改革を論議してはいるが、肝心のところが抜けているように思えてならない。

単に、戦前のスタイルに戻せばいいというものではないということに、あの錚々たるメンバーは気付いていないようだ。

独り、義家氏の発言にのみ、シンパシーを感じる状況では、日本の教育改革は悲観的にならざるを得ない。

教育の結果が現れるのには数十年のスパンを要する。

共産革命と文革の結果が今の中国の姿であり、権利ばかりの戦後教育の結果が今の日本の状況である。


中国も日本も、モラルの低いものたちに悩まされる状況は、あと数十年は続くことを覚悟しないとならないのではなかろうか。

PR
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      CERTAIN@BLOG TOPへ
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ CERTAIN@BLOG ] All Rights Reserved.
http://hiroshiat.blog.shinobi.jp/

COUNTER




忍者アナライズ
忍者ブログ | [PR]
ブログ内検索
スピリチュアルを開発する
占い・開運・風水・パワーストーン

前世療法のCD。
カウンセリングにいけない人や、カウンセリングが不安な人に。
前世療法 催眠療法 催眠暗示 ~魂は何処に行き 何処に還るのか?~

幽体離脱を促すヘミシンクプログラムの日本語版。
調和と平穏を促すヒーリングアイテムとしても。
ヘミシンク ゲートウェイ・エクスペリエンス 日本語版 全6巻セット

最新の7つの脳波同調テクニックを使った特殊な音ファイル、Brain Sound Questシリーズ。
尾底骨の第一チャクラを開発するようにチューニングされています。
チャクラの開発 ~Brain Sound Quest シリーズ3★ブレイン・マシンやヘミシンク手法の7倍の効果で脳波を誘導する
なかのひと
逆アクセスランキング
ブログパーツ