忍者ブログ


支援要請の米ビッグスリー首脳、自家用ジェット使用に批判(YOMIURI ONLINE)

米ビッグスリー支援法案の採決、12月以降に先送り(YOMIURI ONLINE)

ビッグスリー、支援法案採決先送りで金策は綱渡り(YOMIURI ONLINE)

GM取締役会、破産法申請も検討…米紙報道(YOMIURI ONLINE)

と、こうやって見出し並べただけでビッグ3の経営陣のアホさ加減がわかろうというもの。

運賃2万ドル也のプライベートジェットでお金くれとワシントン入りしたものの、具体的な再建案はなし。

救済しないと社会不安が、なんていってるけど、実際、工場の海外移転が激しくて、アメリカ国内の影響はそれほどなかったりするらしい。

年金は問題だろうけど、これ潰さんとどーしようもないとか言われてるから、これとUAWの件でGMは潰した方がいいなんて言われてるし。

GMなんかは、公的資金がないと年越しがムリとか、年明けにも倒産とか言ってるらしいが、ここは潰れても仕方ないでしょ。

それか、前にも書いたとおり、日本メーカーの下請けとしてやり直すかだよね。

何しろ大バコ作るのは得意でも、省燃費技術がないから。

フォードなんか、ハイブリッド車作っても、信頼度が低いのか、売れなかったりするし。

アメリカンも、ハイテクは日本製でないと怖いんだろうね。

だから日本車のKDやるのがちょーどいいんじゃないかと思うところであるし。


議会もアホだよね。

金融安定化法なんてのを可決して、浪費癖の付いた金融業にムダ金を投入したもんだから、同じ浪費癖の付いてるビッグ3にも、自分たちにもひとつ、とばかりにたかられてるわけだ。

せっかく救済した金融業も、シティは沈没寸前、フレディファニーは株が紙くず寸前、

シティ、ゴールドマンなどとの合併・資本提携を検討か(YOMIURI ONLINE)

米シティ株価、一時3・05ドルに(YOMIURI ONLINE)

唯一生き残ってたはずのゴールドマンが、沈没寸前のシティと合併検討なんてニュースの裏は、ゴールドマンも厳しいということなんだから、アメリカの金融業は総崩れの様相を呈してるということ。

バブルがはじけたときは、実体経済にある程度近づくまで経済収縮は簡単には止まらない。

止めるには、要所に必要なだけ実弾を打ち込む必要があるんだけど、今回の金融安定化法は、ムダと知ってて特定のところを救済するためにやったんだけど、それが案の定ムダになってるという状況で、裏では日本の年金資金を突っ込んで何とか維持してるとか言ってるが、これも時間の問題だろう。

まだ経済の収縮が終わったわけでもないので、これからアメリカ経済はますます厳しくなるだろう。

パウエルが指摘した、オバマの直面するトラブルは、これに関連すると言われてもいるが、宇宙人系の情報ではロサンゼルスが沈むなんていってるし、経営陣ですらこのレベルのアメリカ人が、こんなキツイ状況に耐えられるのかと思う。


他人事、と言いたいが、日本もそれで影響受けまくりなので、この辺はなんとも言えない。

国内自動車大手8社、179万台超す減産に(YOMIURI ONLINE)

結局、日本経済というのは、アメリカの国債を買う代わりに輸出をさせてもらってるようなもんだったんだろうかね。

言ってみりゃー、多重債務者に追い銭突っ込んで、その金で自分の作った商品買わせてたようなもん?

で、今は多重債務者が破産しかけてるという状況で、人の悪い金貸しチャイナはすぐに自分とこにカネ回すと宣言したのに、人のいい金貸し日本はさらに追い銭突っ込もうかとしてるわけだ。

従来なら、その追い銭で自動車とか買ってくれたかもしれないけど、今は何せ家もないのが大勢いるような状況だから、すべて生活費に流れてて、奢侈なブツなんか売れそうにないよね。

本当なら、それではと内需拡大に舵を大きく切って、アメリカがアウトでも雇用を吸収できるようにしないといけないんだけど、そこで出てきたのがカルトちゃん救済のための国民一律交付金というアホな法律と言うのでは、コッチもどうしょうもない。

輸出ができなくなると言うことは、購買力がなくなると言うことで、それを考えたら投資すべき事業分野はすぐに見えるんだけど、アホばっかの政治家も官僚も、何にもわかってない。

年金詐欺の元官僚が襲われた段階で、誰が何の目的でやったにせよ、函を開けてしまたんだから、日本にも反体制の機運が出てくるということも読まないといけないんだけど、それも読めてないだろうし。

ナチスが表舞台に登場する前にはクリスタル・ナハトが起こったわけだ。

つまり、前兆は常にあるわけで、それを読んでカウンターを打っていかないと、大変なことになんじゃなかろかという気がする。

カウンターというと押さえ込みしか思いつかない段階で、それもアウトなんだけど、ステロタイプな脳ではステロタイプなオプションしか取れないからどーしよーもないんだけど、それだから政治家も官僚もバカだと言われんだよね。


アメリカの話にもどって考えると、1929のときはウォール街から人が降ったそうだが、今の時点でそれはない。

だけど、あの民度で、これからのことを考えないといけなくて、そして銃持ち放題の国なんだから、そして乱射事件が起こりまくりの昨今を考えたら、コッチのほうはさらにキツイよね。

アメリカ軍が続々戻ってるらしいが、内戦の発生も読んでるんだろう。

だけど、それをやると言うことは、国家の基盤を非常に危うくするということで、同時にドル崩壊と際限ないマイナススパイラル入りを招くことにもなる。

いまさら道徳教育はできないけど、なんとか民度上げか、最低でも人心下支えのカウンターを打たないと、アメリカは相当厳しい局面を迎えることになるかもしれない。




オバマには、演説の才能がある。

大統領選は演説で勝ったようなもんだし。

オバマがうまく民衆を誘導することができたら、アメリカの崩壊は避けられるかもしれない。

ケネディは、それをやって、死してもアメリカの英雄となった。

ハワイで生まれ、環太平洋をぐるりと回りながら育ったオバマは、もしかすると21世紀の英雄になるかもしれない。

コントロールされてるとも言われているし、コントロールされないとも言われてるが、いずれにしても、新大統領の手腕にアメリカの未来がかかるだろう。

PR
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      CERTAIN@BLOG TOPへ
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ CERTAIN@BLOG ] All Rights Reserved.
http://hiroshiat.blog.shinobi.jp/

COUNTER




忍者アナライズ
忍者ブログ | [PR]
ブログ内検索
スピリチュアルを開発する
占い・開運・風水・パワーストーン

前世療法のCD。
カウンセリングにいけない人や、カウンセリングが不安な人に。
前世療法 催眠療法 催眠暗示 ~魂は何処に行き 何処に還るのか?~

幽体離脱を促すヘミシンクプログラムの日本語版。
調和と平穏を促すヒーリングアイテムとしても。
ヘミシンク ゲートウェイ・エクスペリエンス 日本語版 全6巻セット

最新の7つの脳波同調テクニックを使った特殊な音ファイル、Brain Sound Questシリーズ。
尾底骨の第一チャクラを開発するようにチューニングされています。
チャクラの開発 ~Brain Sound Quest シリーズ3★ブレイン・マシンやヘミシンク手法の7倍の効果で脳波を誘導する
なかのひと
逆アクセスランキング
ブログパーツ