忍者ブログ


ガソリン自動車がいよいよ退潮傾向を示してきてて、代わりに注目を浴びているのが電気自動車。

三菱自動車が、一応実用的に使える電気自動車、i-MiEVを出すし、中国では、かつてのGM EV-1 の技術を流用?した高性能電気自動車も発表されているそうな。

三菱の電気自動車『i MiEV』、試乗レポート〈wired vision)

三菱 i MiEV(MR)【短評】〈Web CG)

中国の新型電気自動車、「日米自動車メーカーを超えた」(searchina news)

電気自動車のアキレス腱はバッテリーだったのだが、ノートパソコンやケータイの進化を見ていたらわかるように、バッテリーはこのところ急速に進化して、それとともに電気自動車の航続距離を中心とした実用性能が実用的なレベルになってきたということがある。

けれど、依然としてバッテリーと充電というのはアキレスなわけで、i-MiEVだと100kmちょい、チャイナメードの電気自動車なら400kmというが、これは発表がチャイナクオリティだから、出てみないとわからない。

いずれも、今度は充電をどうするかというところになると沈黙せざるを得なくなる。

ガソリンだったらガソリン注ぎこんだらいくらでも走るけど、電気自動車の充電は何時間というレベル。

だから、i-MiEVは買い物グルマぐらいにしかならない。

けど、急速充電なら80%を30分とかいってるから、これをもう少し短くできたら、実用上、さしたる支障はなくなるかもしれない。

それでも、出先で出力低下した電気自動車の充電はどうするかという問題は残る。

ここで思うのだが、ガソリンスタンドに電気スタンド機能を付与したら、意外と簡単に電気自動車のインフラはできるのかなという気がする。

ガソリンスタンドでコンセントに差して、などと言ってるとスパークを考えたら危なくて仕方ないが、イマドキは、ケータイの充電器などと違って、誘導電流を利用した非接触型充電というものがある。

80%を30分は厳しいが、60%を10分とかなら、時間と容量の面からは許容できそうな気がする。

ガソリンと違って電気を売っても数十円にもならないかもしれないが、待ち時間を利用した商売である程度カバーできるのではないかという気もする。

こういうのは政府が号令かけないと動くものではないので、アメリカみたいに民間企業に鼻面引きずりまわされないでしっかりやってほしいという気がする。



電気自動車時代になったら、今の自動車メーカーはいずれもなくなるかもしれない。

電気自動車になると、バックヤードビルダーに毛の生えたような零細企業でも、高性能な車を作れる可能性があるので、これまでの石油自動車で培ってきた技術は、ゼロとは言わないにしても、優位性は随分失われる。

それだけに既存の自動車メーカーの抵抗も著しいとは思うけど、所詮、石油は有限な資源ではあるし、特定企業や国家の思惑で著しく上下動するものであるということはこの一年ほどに痛いほど思い知っているので、これまでどおり石油に依拠した文明を発展させていくのは難しいというのは、多くの人の共通認識になっているだろう。

ガソリン自動車メーカーが自分たちの技術優位性を維持しようと思うのなら、水エンジンを真剣に考えるぐらいしかないだろう。

これなら、ガソリンエンジンの燃焼技術がある程度承継でき、彼らの存在価値は維持されるだろうし。

そしてそれはフリーエナジー時代を拓くブレークスルーとなる。

トヨタはできないだろうけど、どこかがやったら普及は早いかもしれない。

作って世に出した者は、莫大な利益を約束されるのだから。


水が燃料のエンジン〈ZOOL BOX)

水で走るエンジン〈面白い話の特集〉


  
PR
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      CERTAIN@BLOG TOPへ
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ CERTAIN@BLOG ] All Rights Reserved.
http://hiroshiat.blog.shinobi.jp/

COUNTER




忍者アナライズ
忍者ブログ | [PR]
ブログ内検索
スピリチュアルを開発する
占い・開運・風水・パワーストーン

前世療法のCD。
カウンセリングにいけない人や、カウンセリングが不安な人に。
前世療法 催眠療法 催眠暗示 ~魂は何処に行き 何処に還るのか?~

幽体離脱を促すヘミシンクプログラムの日本語版。
調和と平穏を促すヒーリングアイテムとしても。
ヘミシンク ゲートウェイ・エクスペリエンス 日本語版 全6巻セット

最新の7つの脳波同調テクニックを使った特殊な音ファイル、Brain Sound Questシリーズ。
尾底骨の第一チャクラを開発するようにチューニングされています。
チャクラの開発 ~Brain Sound Quest シリーズ3★ブレイン・マシンやヘミシンク手法の7倍の効果で脳波を誘導する
なかのひと
逆アクセスランキング
ブログパーツ