忍者ブログ


日本カー・オブ・ザ・イヤー2008-2009は、「トヨタiQ」に(webCG)

だそうです。


とやってしまうと後が続かないので、例によって文をだらだら書くと。

何でiQ?という気がしないでもない。

ま、トヨタが力入れて出したクルマだけに、本気のトヨタ様には誰も勝てんけど。


候補車である10ベストカーを見てみると。

・トヨタiQ
・日産GT-R
・ホンダ・フリード
・マツダ・アテンザ
・スバル・エクシーガ
・スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー
・ダイハツ・タント
・アウディA4
・シトロエンC5
・フィアット500
・ジャガーXF

と、11台!がエントリ。

個人的にはホンダ・フリードとか、ズン♪ズン♪ズン♪(としか聞こえないバカ耳)のマツダ・アテンザとか好きなんだけどね。

技術的なインパクトを考えたら、日本初の300km/hカーであるGT-Rなんかどうよ、と思うし、軽で、ということはクルマの中で最大のスペース効率を誇りながら助手席側観音開きになるダイハツタントなんか優秀だと思うし。

マーケットに対するインパクトは、CVT入れたりして大幅に商品力を向上させてクオリティも大幅向上させた最多販売車のワゴンRなんかのほうが、iQよりよほど大きいと思う。

メッチャできのいいコイツは、軽市場を食う可能性があるからね。


日本市場に限っては、iQは売れんと思うのよね。

というのは、すでにスズキ・ツイン(参考:carview)とかで軽で同様のトライはしてるし、海の向こうからはスマートが来てるが、いずれも商業的には成功してない。

軽があるからね。

実際に乗り回しても思うけど、3.4m×1.5mのディメンションに4人乗れるパッケージは偉大よね。

少々の狭い道も平気だし、結構荷物は載るし、フツーに買い物に使うには、まったく不満なし。

というか、取り回しの楽さを考えたら、買い物用途には普通車とか乗りたくなくなるし。

今の軽はあんまムリしないでも4人乗れるというのが大きな意味があるし。

税制も優遇されてるから、軽は財布にもエコだし。

軽とiQと、まともに市場で勝負させたら、まあ、これは最初から問題外だと思う。

普通車登録になるから維持費は高いし、4人乗れるといっても、軽よりさらにキューキューだし。

4人がキューキューということは、それだけ荷物が載らんということにもなる。

軽の現実的な使われ方である1-2人プラス荷物という用途を考えたとき、貨物室の大きさがどれだけあるかが結構大きな問題だったりする。

ワゴンRが売れたのがその辺で、そして4人が乗れるかというところで落ちたのがスズキ・ツインで、そして4人がまともに乗れるかというところで、ミラとかアルトなんかのフツーの軽クラスが販売でワゴンRやムーブに負けてるのが現状だから、その辺の試行錯誤にはすでに一定の解が出てるということになる。
(参考リンク:2008年10月軽四輪車通称名別新車販売速報(全国軽自動車協会連合会)

その解を極大化したのが子会社ダイハツのタントで、軽でこんなの出して、普通車でiQを出すというのは、マーケティング的に矛盾してる。

日本では、知的なエコといったようなイメージで形成されるニッチマーケットを突くしかなくて、それも、購買層の母数が非常に少ない中で売らないといけない車になるだろう。

燃費が少々いいとか、クオリティがトヨタクラスとか言っても、マーケティング面から言ったら、日本では売れるはずのないクルマ。

最初はイメージで売れても、後はレンタカーユースでしょう。

トヨタレンタカーに行ったらいつでも乗れるクルマになりそうな気がする。


とはいっても、マーケティングインパクトはなくても、技術的なインパクトはあるとは思う。

トヨタは、このiQの開発を通してコンパクトカークラスのパッケージの革新をもたらすような技術を手に入れたと思う。

これまでもいい加減切り詰めてたはずのスペース効率をさらに詰めるパワートレーンを作ってるから、大トルクにどこまで対応するかはわからないけど、少なくとも1.5リッタークラスまでは、他社を引き離すほどのスペース効率を持った車が出てくる可能性があると思う。

パワートレーンのコンパクト化は、設計の自由度につながるので、かなり革新的なクルマを出せる技術的なバックグラウンドを得たということになるわけで、これをトヨタが有効に生かせれば、コンパクトカークラスでトヨタが今以上に一人勝ちになるかもしれない。


マーケティング面ではiQはあまり意味がないとは書いたが、マーケットにiQがインパクトをもたらすのはこれからだと思う。

ユーロ市場は、現行のiQでもそこそこ売れるとは思うが、もう少しひねると大きなインパクトが出ると思う。

例えば、iQにハイブリッドを載せて、さらにルーフにソーラーセルを貼り付けて、カタログ燃費40km、実燃費30kmぐらい出せたら、バッテリーパックを載せるために2シーターになったとしても、300万ぐらいになったとしても、アメリカやヨーロッパでかなり売れると思う。

日本でも結構売れるだろう。

小さいということは軽いということで、軽いということは運動エナジーがあまり必要ないということで、もともと省燃費なコイツをハイブリッド化したら、トヨタのエコカーであるプリウスよりもさらにいい燃費をたたき出す可能性があるということ。

エコキャンペーンのお陰で、エコには金を使ってもいいという空気があるので、少々高くても、エコなら買う人間は多い。

スマートはあっても軽のない欧米なら、エコで武装すればかなり売れるだろう。

トヨタだったらそれくらい考えてそうなので、iQの本番はこれからという気がする。


名前の通り、智恵のある展開をしてほしいと思うけど、自動車需要の減退してきてるこの時期に、結構厳しい船出となりそうな気もする。


PR
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      CERTAIN@BLOG TOPへ
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ CERTAIN@BLOG ] All Rights Reserved.
http://hiroshiat.blog.shinobi.jp/

COUNTER




忍者アナライズ
忍者ブログ | [PR]
ブログ内検索
スピリチュアルを開発する
占い・開運・風水・パワーストーン

前世療法のCD。
カウンセリングにいけない人や、カウンセリングが不安な人に。
前世療法 催眠療法 催眠暗示 ~魂は何処に行き 何処に還るのか?~

幽体離脱を促すヘミシンクプログラムの日本語版。
調和と平穏を促すヒーリングアイテムとしても。
ヘミシンク ゲートウェイ・エクスペリエンス 日本語版 全6巻セット

最新の7つの脳波同調テクニックを使った特殊な音ファイル、Brain Sound Questシリーズ。
尾底骨の第一チャクラを開発するようにチューニングされています。
チャクラの開発 ~Brain Sound Quest シリーズ3★ブレイン・マシンやヘミシンク手法の7倍の効果で脳波を誘導する
なかのひと
逆アクセスランキング
ブログパーツ