忍者ブログ

高校を2年で飛び級卒業できるというのは、それはそれでめでたいが、平均よりも高い知能を備えた人間にとってより苦痛なのは、小中学校教育だろう。

ゆとり教育でバカ向けにダウングレードされた現在の教育レベルならなおさら、高知能を持った人間にとってはつらいだろう。

授業時間が退屈な苦行になるのは、何も低知能の人間に限らない。

才能をスポイルするのにかけては、戦後の日本の教育システムは世界有数の秀逸さだと思うね。

授業に集中すれば、それほど退屈しないという人間も、中にはいるだろう。

けれど、教科書を一瞥すれば理解できてしまうような、授業と知能のレベルギャップの著しい場合には、本当に苦痛なのだ。

とくに、頭脳が成長期にある小中学校時代は、個人の能力差が大きく出やすく、平均レベルに合わせた授業では、平均よりも高い知能を持った人にとっては退屈を通り越して苦痛ですらあり、知的好奇心の苦痛というのは、特に成長期においてはそのネガティブな影響は大きいのではないかと思うのだ。

そのような人々にとっては、より高いレベルの教育を受ける機会を提供した方が、社会にとっても、本人にとっても有益であると思う。

他方、授業が理解できずに退屈、という逆方向のレベルギャップの著しい場合には、何度でも低いレベルからやり直せるシステムも必要なのではないかと考える。

つまり、義務教育にも留年制度を設ける。

ただし、年次ではなく、教科単位で設けるようにすればいい。

このように上下のレベルギャップを埋めることを考えると、能力別クラス編成を行うか、教科別クラス編成を行うか、ということになるが、飛び級も含め、より能力にふさわしい授業を受ける機会の平等を保証するようなシステムにしてはどうか、ということになる。

このようなことを主張すると、不平等だ、ということを言う意見もあるだろう。

しかし、社会では既に不平等化が進行し、教育現場でも、塾に通える経済力のある家庭の子弟と通えない家庭の子弟では、学力や最終学歴に差が付いている現状がある。

このような状況下において、教育を受ける機会の均等を保証すべき公教育の現場において、能力主義編成を行って、能力に見合った授業を受ける機会を保証するようなシステムにした方が、憲法上保証された教育を受ける機会の平等を、より深いレベルで実現できるのではないかと思われる。

日本においては、平等を追求するあまり、悪平等が進行する事例がままあるが、教育はまさにその際たるものであり、今後も技術立国を目指す気があるのなら、知的エリートの育成を本気で考えるべきではないかと思われるし、知的刺激を与える制度は学級崩壊にも効果があるだろうと思われる。

ヒステリックな意見に流されたりせずに、真剣に子供の未来を考えてはどうかと思う。

PR
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ

ナマポ不正受給者のお陰で、在日とかエセサヨクとか、続々炙り出し中で、めでたいよな。

こんなにも在日がテレビを占拠していたかと、今さらのように驚くばかり・・・。

もう、テレビは廃止でいいんじゃないかな。

朝鮮の宣伝機関に成り下がったテレビに、存在価値なんかないんじゃなかろうか。

生活保護法の改正はよいが、外国人の受給に関しては、経費を本国に請求するべきだ。

外国人の生活保護を日本政府が日本国民の負担で行わなければならない義務はないはずだ。

本国が支払いに応じない外国人については、支給を止め、本国へ送還すればいい。

稼得能力のない外国人に在留許可を与える理由はなく、入管法上も在留許可を取り消せるのではなかろうか。

国民の立場から考えると、生活保護を受給する外国人など、存在を全く認められない。

日本政府は、速やかに本国に送還するか、経費を本国に請求するべきだ。

    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ
ナマポ受給問題で、追及した国会議員を叩いている奴がいた。

呆れながら記事を読み、氏の画像を検索。

モロバレじゃん。

ティピカルなチョン顔じゃん。

同病相哀れむ、じゃなくて同族擁護ね。

なるほどそうですか。

かの人物がメディアで取り上げられたりする理由がよくわかった。

そして、当然のように批判を浴びせられていることもよくわかった。

仕方ないんじゃないかと思うね。

この問題が大きくなればなるほど、素性バレするのも多くなるんだろうな。

あぶり出しにはいい問題なのかもしれない。

それと、在日のナマポ受給が総費用の半分などという説も出ているが本当なのだろうか。

憲法上(及び国際人権規約により)、外国人も国民に準じて社会保障を享受できる権利はあるが、費用を日本政府が負担しなければならない義務はないと思う。

ナマポを支給するのは仕方ないにしても、その費用は本国に請求するべきだろう。

先日も中国人のナマポ不正受給が問題になっていたが、特ア諸国には、特に厳しく請求していただきたい。

拒否ったら、所属国に送還させればいい。

本来は所属国で扶養すべきなのだから。
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ

西暦読みだと「2」が四つも並ぶし、新月だし。

「豚」な連中にとっては非常に都合がよろしいだろう。

ということで、22日近辺においては、もし地震が起こったらどうするか、考えておくのもいいかもしれない。

こうやって書いておけば、起こりにくいだろうけど。
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ
ついに人権擁護法案まで出してきやがった。

「○○」がどっちにもいるもんだから、そして連中って、声と態度はでかいもんだから、無理を通そうとするんだろう。

こんな法案って、憲法に違反してないのかな。

行政機関が司法裁判所とは無関係に裁判機能を持った機関を設置することは三権分立に抵触しないのか。

行政不服審査法の枠内で審査機関を設置する以外には、家事審判における調停委員会のような機関しか設置できないのではなかったか。

人権委員会なるものの調停なり仲裁なりについては、少なくとも司法裁判所での裁判という救済手続きが用意されなければ違憲だと思う。

法案の梗概を見ると、やたらに「措置」が出てくるが、「措置」を具体的に列記する、列記主義によって権限の範囲を確定しないことには、危険でしょうがない。

法案は概括主義のようだが、この法案では何でもできてしまうことになり、問題であろう。

一種の司法機関が行政権まで握ることも、三権分立に違反すると思われる。

地方の人権委員会においては、委員の資格を地方参政権の有権者としている点も大きな問題だ。

なぜ、日本国民に限定しないのか。

最高裁の判断により、地方参政権は定住外国人を排除しないということになっているが、国籍条項を厳格に適用すべき、国民に対して強制力を持った機関に外国人が参加可能になる法案は、日本国の主権を危うくすると思う。

警察官や裁判官に外国人が続々任用されるようなものだが、あまりに危険ではないのか。

現行法上でも、人権の救済は十分に行われているのに、わざわざ人権擁護法案なる、問題の多い法案を通そうとする意図はなんなのか。

こんな法律、いらない。

廃案にしなければならないと思う。

日本の国を危うくする連中は、速やかに日本から出て行け。

自分の国に帰って、そこで好きなことをやればいい。

日本に留まる理由など、何もないだろう。
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ
グローバル化すると、ノンバーバルランゲージorノンバーバルコミュニケーションなどといわれるものが成立しづらくなる。

暗黙の了解というやつだな。

この結果、生産性の衰退を招くだろう。

元からこのようなものが、稚拙なものを除いては存在しないアメリカやヨーロッパでは問題にならないだろうし、実質的多民族国家の中国でも問題にならないだろうが、日本企業の場合は大いに問題になるような気がするが、グローバル、グローバルと、宗教のように騒いでいる経営者には問題とは映らないのだろう。

日本人比率が一定程度以下にならないと顕在化しないだろうから、遅効性の毒薬みたいなもんだがね。

気づいた時には・・・。

    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ
大神神社に行ってきた。

数週間前から行こうかと思っていた神社だが、なかなか行けずにいた。

しかし、ある出来事その他諸々により、昨日行ってきた。

行きの道中は大雨と強風。

やっぱり行くべきではなかったのか、との問いを何度も繰り返しながら、車を走らせていた。

何十度目かの問いで、行くべきと、強い確信を持って答えを出して、やっとバッドループから抜け出すことができた。

それでも、何度か運転を誤りそうになりながら、ほうほうの体で目的地に車を置いて電車に乗り換え、大神神社を目指す。

当地に着いたのは昼過ぎ、小雨になっていた。

三輪山は、山というよりは、小高い丘のように見える。

神社神域に入ると、柔らかい神気が体を包み込むのがわかる。

玉置神社の峻厳な気とは違い、柔らかい、まとわりつくような気を感じた。

拝殿には多くの人。

その中に混じって参拝した。

そして狭井神社へと向かう。

三輪山の裾野を通り、その神気を十分に受けながら。

狭井神社の本殿では、私一人になった。

二礼し、二拍手を打つと、二拍手に併せて大きな音が鳴り、驚かされたが、そのまま参拝を終えた。

薬井戸のご神水を頂き、久延彦神社に向かう。

近道の表示に導かれるまま、迷わずに本殿へと辿り着けた。

こちらでも参拝し、次の神社へと向かった。

電車に乗り込むと程なく、雨足が強くなった。

京都から岐阜へと向かったが、乗換えはこの上なくスムーズにいった。

その後に訪れた神社ではいずれも雨は上がり、ある神社は貸切状態で参拝、ある神社はライトアップされた拝殿に参拝と、非常に贅沢な参拝をさせてもらった。

帰りの乗換えもスムーズ。

車での帰路も、雨にたたられることもなく、強風に悩まされることもなく、楽に車を走らせることができた。

そして今朝、近くの神社に参拝して報告。

一連の参拝を終了した。
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ

昨日からの雨の降り方を見て思った。

宮崎とか大雨。

雨と地震の関係からして、ちょっと警戒した方がいいかもしれない。

伊方は早目に止めようね。
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ

穴ぐらとか、「撃つな」とか、どこかで聞いたような言葉が飛び交っているけど・・。

こういうのって、一種のディス・インフォメーションだろう。

これで何をしたいかをよく考えてみようか。

    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ

ということを、経産省の売国官僚たちは一言も言わない。

米国に輸出する企業は米国会計基準に従って財務諸表を作成することを要求され、必然的に米国公認会計士が日本の公認会計士に代替するようになる。

日本の税務当局に対しても米国基準の財務諸表ベースに課税されるようになるから、ドメスティックな会計・租税知識が要らなくなるだろう。

大企業の顧問弁護士も、多くが失業するのではないか。

資格の相互参入を強要するのがTPPだから、日米間はおろか、日本国内の法律問題煮まで米国弁護士が出張り、幅を利かせるようになるだろう。

法律で米国有資格者の参入を防げると思う者がいるかもしれない。

先日締結された米韓FTAでは、米国企業が韓国の政策で損失を出したら、米国国内で訴訟できるそうだ。

ということは、ということである。

FTAにしろ、TPPにしろ、いったん締結してしまえば、後戻りはできない地獄の一本道だ。

農業問題など、実は大した問題ではない。

完全に自由化したところで、日本国内の農業を破壊はしないだろう。

急所は法律だ。

日本国内で米国法がまかり通るようになると、日本は名実ともに米国の植民地になるだろう。

米国企業がどのような振舞いをしても、日本の国内法で裁けないというのがどれほど恐ろしいことを出来するか想像できない人間は、売国官僚を除けば多くはないだろう。

日本国内で、日本の法律職有資格者が活動できない事態が出来する可能性が高いのがTPPだ。

弁護士会や公認会計士会が反対のステートメントを出さないのが不思議で仕方がない。
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ Hiroshi@blog ] All Rights Reserved.
http://hiroshiat.blog.shinobi.jp/

COUNTER




忍者アナライズ
忍者ブログ | [PR]
ブログ内検索
スピリチュアルを開発する
占い・開運・風水・パワーストーン

前世療法のCD。
カウンセリングにいけない人や、カウンセリングが不安な人に。
前世療法 催眠療法 催眠暗示 ~魂は何処に行き 何処に還るのか?~

幽体離脱を促すヘミシンクプログラムの日本語版。
調和と平穏を促すヒーリングアイテムとしても。
ヘミシンク ゲートウェイ・エクスペリエンス 日本語版 全6巻セット

最新の7つの脳波同調テクニックを使った特殊な音ファイル、Brain Sound Questシリーズ。
尾底骨の第一チャクラを開発するようにチューニングされています。
チャクラの開発 ~Brain Sound Quest シリーズ3★ブレイン・マシンやヘミシンク手法の7倍の効果で脳波を誘導する
なかのひと
逆アクセスランキング
ブログパーツ