忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ

日本も核武装が必要なのだろう。

致し方ないことだが。


核武装をすると、

○在日米軍撤退
日本の政治への干渉力低下
麻薬流通量が相当減る

○中・朝の言いがかりはできなくなる。
特に朝鮮。
尻馬に乗る連中は真っ青になろう。

○第3極として
これまで第3極を志向した国は多々あったが、いずれも認知に至っていない。
日本は十分に資格を持っている。
中ロと比較すればわかるだろう。
それによってできることは、世界の“色”を変えるだろう。

○防衛費の大幅削減
F22など要らないし、空母も要らないし、イージスも要らん。
そこそこの装備で済むので、防衛費はヘタすると半額でいいかも。
余った予算は少子化対策に振り向けても良し、農業支援に振り向けても良し、経済対策に振り向けても良し。
自衛隊も嵩の張る正面装備を減らして弾薬や訓練経費に予算を多く振り向けることができるようになって、正味の実力が大幅に上がるかも知れない。
軍隊というのは、煙にした弾薬の量で強さが決まるところがあるから・・・。

○核廃棄物処理
中○根たちの計画では原発を大量に作り、当然の結果として発生するプルトニウムを利用して核兵器を作るというものだったそうだが、それをそのまま利用すればいい。
無理無体に作り、モノがわかってるレベルでは、その安全性など誰も信じてないだろう最終処分場の稼動を先送りできる。



視点を変えて考えてみると、核武装こそ、日本がもっとも低コストで自国の安全を図ることができる手段のひとつと言える。

核廃絶、非核化キャンペーンというのは、裏を返すと、核保有国の持つな持つなキャンペーンとも言える。

国としてとっくに終了してる大英帝国がかろうじて国のメンツを保っている理由の一つが核保有国であることだろう。

すでに張子の虎と見抜かれてる中国が威信を保っているのも核のせいも多分にあろう。

自転車大国・中国がなぜ核兵器を持てたのか、これもあるサイトで示唆されていたが、裏事情があるんだろうね。

これは乞食国家北朝鮮が核保有できた理由にもつながるだろうが。

物事の表層から、皮一枚二枚剥いだところを覗くことができる人間にとっては、日本の核武装は一つの方策であるということが、そしてそれによってフリーハンドを持てるようになるということがわかるだろう。



翻って日本だが、核保有にはたくさんの障害がある。

左旋回した連中も右旋回した連中もそれぞれの理由によってかなり面倒。

国会議員は2/3ぐらい入れ替えないと、議員どもの身請け国の干渉がすごかろう。

官僚組織も、同様の理由でキャリアの半分ぐらいは入れ替えないとならないだろう。

本格的な施策の前段階として、法整備と組織整備は必要だろうね。

ピアノ引きとか揶揄されてる人間がやってるつもりでいるようだが、幼稚すぎて話にならない。

アプローチが全然違うんだよね。

所詮、東大出で浮世離れした組織で純粋培養したようなのの考えるレベルでしかないし。



核武装よりも有効な抑止力、利害関係国のレベルを見るに、それは兵器以外にありえないが、これを得る事ができればいいが、そうでなければ、今の情勢を鑑みるに、その検討をまともにすべき時期に来てるような気がする。

心ある人々の間で。

PR
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ
教師の「モンスターペアレンツ対策」助言、仲裁する都の機関が開設(J-CASTニュース)

かつてはモンスターだった連中がモンスターに襲われてる図とも見える。

私がガキの頃は、教師はモンスターそのものだった。

自分たちの管理の都合のためには、理由なく禁止は当たり前。

従わない人間を殴る蹴るは当たり前。

学校は聖域なので警察力の介入はなし。

もちろん、人権救済申し立てなんかは教えもしない。

同和教育には熱心だったのにね。

坊主刈り強制、髪の毛の長さ強制、休日まで制服強制、自転車ヘルメット強制。

高校時代の教師たちもひどかったが、特に中学時代の教師たちには、わずかな例外を除いて、今も腹立たしさと軽蔑しか感じない。

私が中学生のときですら、彼らには知的レベルの低さを感じてたのに、今、彼らを見たらどれだけのレベルギャップを感じるだろうか。

あんな仕事ぶりで高い給料もらって退職金もらって今頃は高い年金生活を送っているかと思うと腹が立つ。

医者もそうだ。

3時間待ちの3分診察という「高品質な」医療サービスを受け、高い検査料を払っても、診察結果の記載されたカルテは開示しないし、レントゲン写真も渡さない。

御説拝聴するより、カルテのコピーをもらった方がいいといつも思うんだけど。

医療ミスが起こっても仲間内で口裏合わせでもするのか、表沙汰になることは珍しい。

「医療ミス 隠蔽」でググると・・・

患者側が真実を突き止めることすら容易でない。

ドクハラは昔からよく聞いたが、多くが泣き寝入りしていたんだろう。

情報がオープンになった今になって、モンスターに襲われていた側が情報武装して逆襲にかかっているとも見える。

モンスターピアレンツ、モンスターペイシャンツという前に、自分たちの行っている仕事が客観的に見て正しいか、「モンスター」に襲われないために何をしなければならないのか、原点から考えてみる必要があると思うけど。

「患者様」と呼ぶだけでは事態は変わらないし、教師の相談窓口を設けるだけでは事態は変わらないと思う。

「先生」と呼ばれる職業はロクなもんじゃないとはよく言われるが、「脚下照顧」すべきと思うけどね。

    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ

作詞家・園田凌士容疑者を逮捕(スポーツ報知)

草ナギ容疑者、薬物反応はシロ…自宅を家宅捜索(スポーツ報知)

原宿署って・・・(nikaido.com)

切り貼りすると面白いよねっと。

ま、いろいろあるんだろう。


やられたほうの切り返しもかなり壮絶だったようだが、落としどころはもう見えてんのだろうか。

ま、B層にもそっぽを向かれつつある落日ムラの中のお話なので、そもそもそんなに関心はないけど。

    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ

ティッシュケーキ、トッピングもOK 兵庫の作業所(asahi.com)

記事を読んで感動した。

手放しで賞賛したいと思う。

作業所の人たちが作れて、しかも売れるものを考案したという点が素晴らしいし、自分が去った後もできるように、マニュアルを整備したという点が素晴らしい。

商品自体も、リンク先の写真を見たらよくわかるけど、1,200円と言う価格がリーズナブルに思える出来。

こういう意識を持った人が増えてくれば、世の中はもっと住みやすくなるという気がする。

    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ

かなりの疑義と疑念を抱きつつも、情報を取る意味で見ていたサイトの裏がやっとわかったように思う。

かつて見ていて、ある時点から見るのをやめた霊的なサイトと波動が近似している。



日本語表現のおかしさとか、妙に脅迫して見せる手管とか、異常な読みにくさとか。

外国にルーツを持つ人間の典型的なやり方だということに、いまさらながらに気付いた。

私がわかったということは、多くの人間もわかっているだろう。

次代の文明の利器と彼らが信じているものを握っているということが脅迫のタネになると考えているようだが、果たして思惑通りに行くかな。

決定的だったのは、裏勢力を妙に卑小化して見せたこと。

あれで化けの皮が剥がれたね。

しきりに実名化を叫ぶのと、匿名サイトやブログを脅迫したのも愚かなことである。

有料メールマガジンで活動費とリスト入手の一石二鳥を狙ったのはなかなかだが。


光が強まっている今、いつまでやれるかな。

    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ

小泉政権ブレーン・高橋洋一教授を窃盗容疑で書類送検(YOMIURI ONLINE)

タイトルを見ると、コイズミ詐術の清算としてやったようにも見える。

この名前は政府紙幣案の曲解案というか換骨奪胎案の提唱者として記憶してるんだけどね。

財務省の別働隊として。

その観点から見ると、「黙れ」とやった可能性もある。

どっちだろうね。

「逮捕」というワザ自体は、植草さんの逆をやったわけだ。

諧謔が効いているというか。

その観点から見ると、「揺り戻し」なんだろう。

不名誉な逮捕事実を公表してその人物の社会的地位を喪失せしめるというのは、植草さんの事件で確立されて、その後も何度か使われた。

その前は「自殺」が唯一の手段だったようだが、「逮捕」の方が、その人物の主張を抹殺するのにはより効果的であることを学習したんだろうね。

それによって主張のクレディビリティが著しく失墜するのだから。

その手法を開発サイドに向けて行ったというのが、なかなか諧謔が効いてると思うところである。

お陰で報道機関はどっちを向いていいかわからないらしい。

そのあたりの揺らぎ加減というか右往左往加減を、植草さん(!)がきれいにまとめてる。

高橋洋一氏事件・検察警察の裁量とマスコミ報道(植草一秀の『知られざる真実』)


「揺り戻し」としてみた場合は、まだ後続があるという意見もある。

小泉政権のブレーンで構造改革派の高橋洋一が置き引きで送検(@w荒 (東京kittyアンテナ(@w荒)


この後、どのように展開するかで方向性がわかろうかというものだろう。


    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ

私は、個人としての朝鮮人はそんなに嫌いではないが、国としての朝鮮は大嫌いだ。

マジで頭オカシイとしか思えない。

オカシイことでは、日本のマスゴミもいい線行ってるけどね、ここまで狂っても・・・あるか・・・。

・・・。

とりあえず、朝鮮の国技がまた盛んになってるようで。


【WBC】「世界ランクも優秀選手数も日本より上」と韓国紙(MSN産経ニュース)

【WBC】朝鮮日報、中島の2プレーを「非紳士的」と非難(MSN産経ニュース)

【WBC】「“ダーティーサムライ”」と韓国紙 「イチローは高慢」 (MSN産経ニュース)


韓国熱狂「よりによってイチローに…」 ネット書き込み(asahi.com)

その気になったら星の数ほど記事は見つかるけど、メンドクサイので一部だけ。

これがまとめらしいのでリンク。

★【WBC】韓国マスコミ報道まとめ 「真の勝者は韓国」「精神的優勝チームは韓国」etc… (★厳選!韓国情報★)


負けてこれだけ難癖つけるんだから、もし仮に万が一勝ってしまってたら、どれだけ鬼の首を取られてたものやら・・・。

イチローは大きな仕事をした。



朝鮮人はアジアでも嫌われ者というのが共通認識になっているようで。

【中国のブログ】中国人が見た韓国人のマナー「列に並ばない!」(searchina)

【今日のブログ】中国人が語る「私が嫌韓になった理由」(searchina)

【中国のブログ】孫悟空は韓国人?それなら私も韓国人?(searchina)

宗主国に見捨てられたら、朝鮮も終わりよね。

あとは日本が数々の「神話」の種明かしをして、メンドクサイ人たちにお帰りいただいたらいいと思う。

日本が嫌いなら、日本に来なければいいし、日本に関わらなければいい。

技術も産業もスポーツも文化も、日本に学ぶことはないと思うのなら、別に日本に関わる必要はないし、日本や日本人が嫌いなら、日本に留まる必要もないし。

別に日本にはパチンコもいらないし、キムチもなくてもいいし。

韓国製品がなくてもやっていけるし、韓国ドラマなど、泥臭くて見る気もしないし。

こういうメンドクサイのはもうええわ。


  


    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ

政府やマスゴミは2ちゃんねるをはじめとした匿名サイトやブログが大嫌いのようだ。

ことあるごとにこれらのサイトやブログを攻撃しようとしている。

とあるサイトは露骨に匿名サイトやブログを攻撃し、排除するとまで宣言してる。

だけど、記名サイトやブログより、匿名サイトやブログの方が真実に迫っているのは、誰が見ても明らかだと思うけどね。

記名サイトなんて言っても、その名前が偽名だったらどうする?

それは匿名サイトよりも悪質だと思うが、そういうことには一切触れない。

政府やマスゴミに目を向けたら、彼らはほとんど匿名だし。

「政府高官」という表現は多いが、その高官の名前が明かされることはめったにない。

たまに明かされると、ウルマとか言う下らん男のように醜態を晒すことになるし。

政府は匿名サイトを排撃するなら、自分たちの匿名性を先に排撃するがいい。

先に騒動を起こした人物などは、政府から放逐すべきだと思う。

あの程度のレベルの人物に、日本という国家を任せることはできないし。


マスゴミの記事はほとんど匿名だ。

アメリカのマスコミは署名記事を載せるが、日本のマスゴミは署名記事などめったに見ない。

メディアという名前に隠れて匿名でこそこそと批判記事を書くような低レベルなマスゴミに、匿名サイトを批判する権利はないと思う。

そんな彼らが匿名性を攻撃するのはなぜかというと、ひとえに、彼らの欺瞞が暴かれるからに過ぎないのだろう。

2ちゃんねるのコメントは、もちろん、クズコメントも多いが、中には知性を感じさせるものも多い。

そんな彼らのコメントを集合させると、かなり高いレベルで物事を見ることができる。

自民党や「その他の団体」あたりは「工作員」を入れてレベルダウンに躍起のようだが、「工作員」の知的レベルが低いから、簡単に見抜くことができるし。


匿名性を排撃する連中が匿名性を捨て、透明性を獲得しない限り、匿名サイトやブログは有用であり、欠くべからざるものであり続けると思う。

欺瞞情報を見抜くためには。

そうやって獲得された「真実情報」を共有することで、日本人は高い知性と理性を獲得し、政府や政党の知的レベルを上げ、日本の再生に寄与するのではないかという気がする。

マスゴミは、すでに既存集団の自浄努力に期待する段階ではなくて、新規集団による再生を論じるべき段階にあると思うけれど。

逆に考えると、少なくとも現段階では、匿名サイトやブログを攻撃する輩は「手先」である可能性が高いと思う。

どこの、とはあえて書かないけれど。


  


    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ
続・電磁発電機(nikaido.com)

発電装置:太陽光や風力より効率良く、電磁力で電力供給--木下さん開発 /神奈川(毎日.jp)

記事の見出しはそれっぽくないんだけど、本文には書いてある。

実用化レベルのフリーエナジー装置が一般公開というのはインパクトあるよね。

こういうのが出てくると、エネルギーから始まって、波及的に食糧問題も解決するし、通貨も必要なくなっていく。

大元たるエナジーにコストがかからなくなれば、波及的にそうなるんだけどね。

それをやられると困る勢力がいるから未だにフリーエナジーは世に出てないんだが、もう時間の問題だと思う。

所詮ニセモノはニセモノで、本物にある叡知はないんだから。


3/22 追記

・・・と大上段に振りかぶってはみたが、どうやら、このブツは詐欺っぽいらしい。

朴さんの永久モーター(ネットゲリラ)

「常連さん」らしいのね。

で、速攻で暴かれたとか書かれてるので、もうないかも。

・・・

これだけで終わるのは何なので、こっちの記事もリンク。

JES情報:スイス・アルプスに天使たちの美しい村-メテルニータ-があります!(仙洞楽楽情報)


そこで紹介されてるヴイ。



こっちは数十年も稼動しているマジモノのフリーエナジー装置です。

こういう情報に触れてるから、逆に詐欺に引っかかる・・・

とは、見苦しい言い訳だけど・・・。



さらに追記。

この詐欺師?、ひょっとして「ボタン」を押したのかもしれない。

ひょうたんから駒というのはあるからね。




  
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ
ストリンガー会長に権限集中 ソニーの「トップダウン型」新体制(J-CASTニュース)

経済速報(会社が生き延びるために戦う:ソニー)

ソニーのHPを開くと、ここはどこの会社なんでしょうか、という印象を持つ。

「It's a SONY.」

なんてのは、大昔の歴史上のデキゴト扱いなんだろうと思う。

藤森元之のブランド力探求 “It's a SONY”はどこに行った?

けど、こんなHP作ってるうちは、つまり、こういう意識であるうちはSONYの復活などないような気がする。

ホンダや、大嫌いだけどトヨタと比べてみればよくわかる。

モノ作りで伸びた会社がモノ作りを忘れたら、それは凋落が訪れるしかない。

SONYが先端でなくなったのはいつからか。

うちは品川にソニーという研究所がある(勤務地シンガポール)


松下幸之助の発言だが、揶揄の中にも畏敬の念があると感じるけどね。

「経営の神様」をしてかような発言をさせるくらい、SONYのブランド力は絶大だったわけだ。

けれど、今はどうかな。

自分とこの研究所の方が品川研究所よりも優秀だったりするから、複雑な気分になるかも。

SONYで可能性を感じるとすると、メタメタに言われてるけど、地デジTVの価格下落と収穫期の到来でチャンスが出てるPS3。

ウチもそうなんだけど、地デジというのは万民に良いものではなくて、アナログTVなら見られたのに、地デジTVは見られんというところも多い。

地デジって、0か1かだから、見られるか見られないかなんだよね。

だからそういうところに住む人にとって、デジTV買って恩恵得られるとしたらPS3の高画質を堪能できることが挙げられたりする。

PS3も下がって、地デジTVも下がってきてるから、これからPS3は収穫期に入ると思うね。

グランツーリスモが出た時がポイントだろう。

失敗作といわれてるPSPも、売り方次第でどうかなるような気がする。

基礎的なポテンシャルが高いものは、当初はなかなか浸透しないけど、ある時期を過ぎると一気に伸びる。

両者ともそういう時期にあるような気がする。

けれど、これらの製品は今の経営陣が注力したものとも思えないんだよね。

ストリンガーなんていうアングロサクソンのステロタイプな、そして映画やTVという、虚業で名を為した人間が、こういうメーカーのキモ戦略を理解できるとも思えない。

彼の哲学が表れてるのがHPのデザインで、今出てるSONYの家電群という気がする。

よそと大して変わりません的なモノを、よそと同じようなプライスで出して、後はブランド力勝負みたいな。

けど、そのブランド力はどっから持ってきたんだということには頭が回らないし、それをどうやって維持発展していくかについては戦略がないというか、基本的にわかんないだろうね。

イギリスにもアメリカにもそういう文化がないから。

アメリカにはGEという会社があって、ここは昔はいいもの作ってて、その当時作られた家電品なんて今でもバリバリ動いたりするらしいが、今じゃモノなんてどこにありますか状態。

実態は金融屋になってて、それでもサブプラ詐欺が破綻するまではお金儲けのうまい会社と称揚されてはいたけれど、破綻後は、この会社もいつ飛ぶのかが話題になってる。

SONYも、アングロサクソンの下、その轍を踏もうとしてるように見えるけどね。

モノ作りの会社はモノ作りで儲けるべきだし、他ごとで儲けても、それはあくまで枝葉と認識するべきなんだけど、その辺が、わかるのとわからないのとの差なんだろうと思う。

MBAなんかの言うこと聞いて会社を回してると潰れるというのは、もうすでに常識となってると思うが(少なくとも私はそうだ)、SONYもEVAとか、経営指標なるものを取り入れ出してからおかしくなったようだ。

EVAはソニー凋落の元凶?(ビジネスのための雑学知ったかぶり)

ゼニは大事だが、ゼニばっかありがたがると罠にハマるという好例のような気がする。

それを言い出したのとストリンガーみたいなのを引き入れた点で、出井さんの罪は大きいと思う。

ハケンをバカスカ雇い入れてメーカーの無形資産を取り崩した連中と同様、彼もメーカーというものがわかってなかったんだろう。

だからわかりやすい方向へと流れたんだろうね。



SONYの復活のためには、ストリンガーをできる限り早く引き摺り下ろすことが重要だと思う。

これ以上引っ掻き回されないうちに。

そして久多良木さん(wikipedia)をSONY本体に呼び戻してトップに据えることだろう。

それができたらV字回復もあるかもしれない。



ソニー、久多良木健の執念(nikkei BP net)

この項を読むと、久多良木さんが何でSONYを追われたかがよくわかる。

それだけ、彼の才能が怖かったんだろうね。

エレキ分野の覇権は簡単に渡したくないんだろう、彼らは。



  
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ Hiroshi@blog ] All Rights Reserved.
http://hiroshiat.blog.shinobi.jp/

COUNTER




忍者アナライズ
忍者ブログ | [PR]
ブログ内検索
スピリチュアルを開発する
占い・開運・風水・パワーストーン

前世療法のCD。
カウンセリングにいけない人や、カウンセリングが不安な人に。
前世療法 催眠療法 催眠暗示 ~魂は何処に行き 何処に還るのか?~

幽体離脱を促すヘミシンクプログラムの日本語版。
調和と平穏を促すヒーリングアイテムとしても。
ヘミシンク ゲートウェイ・エクスペリエンス 日本語版 全6巻セット

最新の7つの脳波同調テクニックを使った特殊な音ファイル、Brain Sound Questシリーズ。
尾底骨の第一チャクラを開発するようにチューニングされています。
チャクラの開発 ~Brain Sound Quest シリーズ3★ブレイン・マシンやヘミシンク手法の7倍の効果で脳波を誘導する
なかのひと
逆アクセスランキング
ブログパーツ