忍者ブログ


二階の地元選挙区で西松建設がやったこと (ゲンダイネット)(infoseekニュース)

小沢-西松ラインは四六時中報道してるけど、やってる内容というと献金の話しかないわけだ。

それというのも、献金はやったけど利益がないから止めたと献金側が言ってるし、実際にご利益がなかったようなので、もっぱら献金自体で攻めるしかない。

そこへ行くと二階のほうはわかりやすいよね。

二階の選挙区での西松の受注ぶりを見たら、コッチはズブズブじゃん、と誰でも思うよね。

(上記リンク記事より引用)
 地元関係者が「10億円を超える事業自体が珍しい」と声を揃える地域で、西松は“ビッグプロジェクト”を次々と請け負ってきたのである。
(引用ここまで)

これほどわかりやすい絵柄もないと思うけど。

マスゴミは何でこれを報道せんのかね。

飼い主様から「待て」とか「伏せ」とか言われてんのかな。

とりあえず、三大新聞は取ってはいけないということやろね。

偏向報道しかしないんだから。


  

PR
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ

水素文明とか、さまざまなテクニックを弄して人を集めてるサイトがあるが、最近は化けの皮が剥がれつつあるようだ。

エリート層とか、似非エリート層とか、エリート層に盲目的憧れを持ってる人間たちとかを吸引するためにイロイロとテクを使ってるが、言ってることに深い知性がないのでどうしようもないかな。

エリート官僚程度の知性はあるので、それと同程度の連中は結構吸引されるかもね。


エネルギーについて言うと、地球が存在する限り、フリーエナジーが使えるというのが必然。

地上だけでもこれだけ膨大な質量を、一定の引力でもって中心へと引き寄せ続けるエネルギーが、副次的に利用できないと考える方がおかしいという気がする。

電波のような弱いエネルギーでも長距離で運用できるのに、地球を地球たらしめているエネルギーが、全く利用できないと考えるのには無理があるのではないか。

いかなるやり方かをもってすれば運用できると考える方が自然だと思う。

その取り出し方を見い出したのは(恐らく)ニコラ・テスラが嚆矢であろうと思うが、その考え方に迫るワンステップとして、彼の発明?になる交流電流がなぜあの周波数で運用されているかを考えてみると面白いかもしれない。

エネルギーの無線伝送もやったらしいが、その延長線上にフリーエネルギー(のひとつ)があるのだろうね。

日本のまともな研究機関が発想を柔軟に持ってやったら、意外と早く実用化の方法が見つかる気がするし。

所詮その程度のものを、自分たちの支配のために後生大事に秘匿してるわけだ。



人を支配し虐げることをよしとし、嘉する神がいるとして、その神がどのような存在であるかを考えてみるがいい。

そのような「神」に、自分の存在を託身できるのかな。

明日はわが身と思わないのかな。

自分の身の保証はどうやってなされ、それが永劫続くものかな。

よく考えればいいかと思う。


イギリス・フランスは一足早く海の底になるという記述を目にしたことがある。

なぜそこが指定されたか、そのときはわからなかったが、今はある程度わかる。

そうなったときには、審判は決してるだろうが。



  



    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ

泥沼自動車不況 軽も「高級車」も落ち込む(J-CASTニュース)

泥沼だそうで。(笑)

何でこんな状況になったのか、考えればわかるだろうが、考えるだけの余裕もないのかな。

原因がわかれば対策も取れる。

ま、がんばってやれば。

財界と政界と官界の、自称優秀な皆さんは。

といって、竹中みたいな低レベル(というより悪質)な解では困るんだけどね。


  

    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ
パックス・ロマーナ(ローマの平和)(Wikipedia)をもじってパックス・ブリタニカとか、パックス・アメリカーナとかと言うが、これはアングロサクソンの僭称じゃないかという気がする。

自分たちのオーソライゼーションのための詐術というか。

ローマ帝国と、大英帝国やアメリカ合衆国とは、その品性に大きな差異があるように思う。

自分たちの品性下劣さを糊塗するための方便として、パックス-を付けて自分たちをオーソライズする手法を生み出したんじゃないのかな。

こたびの経済危機で、アメリカもイギリスも沈むだろうし、それによっていろいろな「縛り」も解けるだろう。

彼らの所業を「歴史的に」評価する機会も出てくるのではないかという気がする。


  

    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ
かんぽの宿はどうなったの?

マスゴミどもは隠蔽に必死なようだが、私は忘れてないよ。

東京地検も、事件になるかどうかわからないのを触るより、コッチを触った方が確実にポイントになるだろうに。

飼い主に逆らうのが怖いのかな?

どこかが東京地検にデモとかやればいいと思う。

それか、FAX攻撃とか。

誰が本当の飼い主なのか、彼らの給料はどこから出てて、彼らの権力は誰が持たせてるのか、よくわからせた方がいいんじゃなかろうかと思う。

ダメ犬は叩いてわからせないと。


  

    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ

ガソリン自動車がいよいよ退潮傾向を示してきてて、代わりに注目を浴びているのが電気自動車。

三菱自動車が、一応実用的に使える電気自動車、i-MiEVを出すし、中国では、かつてのGM EV-1 の技術を流用?した高性能電気自動車も発表されているそうな。

三菱の電気自動車『i MiEV』、試乗レポート〈wired vision)

三菱 i MiEV(MR)【短評】〈Web CG)

中国の新型電気自動車、「日米自動車メーカーを超えた」(searchina news)

電気自動車のアキレス腱はバッテリーだったのだが、ノートパソコンやケータイの進化を見ていたらわかるように、バッテリーはこのところ急速に進化して、それとともに電気自動車の航続距離を中心とした実用性能が実用的なレベルになってきたということがある。

けれど、依然としてバッテリーと充電というのはアキレスなわけで、i-MiEVだと100kmちょい、チャイナメードの電気自動車なら400kmというが、これは発表がチャイナクオリティだから、出てみないとわからない。

いずれも、今度は充電をどうするかというところになると沈黙せざるを得なくなる。

ガソリンだったらガソリン注ぎこんだらいくらでも走るけど、電気自動車の充電は何時間というレベル。

だから、i-MiEVは買い物グルマぐらいにしかならない。

けど、急速充電なら80%を30分とかいってるから、これをもう少し短くできたら、実用上、さしたる支障はなくなるかもしれない。

それでも、出先で出力低下した電気自動車の充電はどうするかという問題は残る。

ここで思うのだが、ガソリンスタンドに電気スタンド機能を付与したら、意外と簡単に電気自動車のインフラはできるのかなという気がする。

ガソリンスタンドでコンセントに差して、などと言ってるとスパークを考えたら危なくて仕方ないが、イマドキは、ケータイの充電器などと違って、誘導電流を利用した非接触型充電というものがある。

80%を30分は厳しいが、60%を10分とかなら、時間と容量の面からは許容できそうな気がする。

ガソリンと違って電気を売っても数十円にもならないかもしれないが、待ち時間を利用した商売である程度カバーできるのではないかという気もする。

こういうのは政府が号令かけないと動くものではないので、アメリカみたいに民間企業に鼻面引きずりまわされないでしっかりやってほしいという気がする。



電気自動車時代になったら、今の自動車メーカーはいずれもなくなるかもしれない。

電気自動車になると、バックヤードビルダーに毛の生えたような零細企業でも、高性能な車を作れる可能性があるので、これまでの石油自動車で培ってきた技術は、ゼロとは言わないにしても、優位性は随分失われる。

それだけに既存の自動車メーカーの抵抗も著しいとは思うけど、所詮、石油は有限な資源ではあるし、特定企業や国家の思惑で著しく上下動するものであるということはこの一年ほどに痛いほど思い知っているので、これまでどおり石油に依拠した文明を発展させていくのは難しいというのは、多くの人の共通認識になっているだろう。

ガソリン自動車メーカーが自分たちの技術優位性を維持しようと思うのなら、水エンジンを真剣に考えるぐらいしかないだろう。

これなら、ガソリンエンジンの燃焼技術がある程度承継でき、彼らの存在価値は維持されるだろうし。

そしてそれはフリーエナジー時代を拓くブレークスルーとなる。

トヨタはできないだろうけど、どこかがやったら普及は早いかもしれない。

作って世に出した者は、莫大な利益を約束されるのだから。


水が燃料のエンジン〈ZOOL BOX)

水で走るエンジン〈面白い話の特集〉


  
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ

誰だってもらえるものは嬉しい 定額給付金の国民への「還元」を妨げる愚(DIAMOND ONLINE)

この人の経歴見ると、NYタイムズ誌の記者やって、議員秘書やって、とある。

この辺が妙に引っかかるのはなぜでしょう?(笑)

お疲れだことで。

チーム○コーがあまりにバレバレで叩かれまくってるから、こういうのまで引っ張り出してきたのかね。

まあ、お陰でよくわかっていいけど。

給付金なんて、カルトの集金手段じゃん。

税として集めたものを広く薄くばら撒いて、何の意味があるのかよく考えろというに。

そんなこともわからない時点で低レベル。

地域振興券とかいう先例を知らんか忘れたのだろうね。

おろかな意見を言う前に取材しろと言いたい。

私の中ではこの男も「御用」認定だな。


  



    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ

ブログにいっちょアクセス解析を仕込んだ。

アクセス元のわかるやつ。

ほとんどがお家からかと思いきや、さにあらず。

企業とか大学とかからが多いみたいでビックリ。

みんなヒマなんかね。

東大はじめ旧帝大があったり、メジャーな企業からのアクセスがあったり。

官庁からのアクセスがあったのには笑った。

そこに絡むことで、アタクシが主張したことに近いような記事が載ってたりして、それは重畳とは思ったが。

メディア関連企業もけっこう見てるのね。

この辺は、ザッピングとか、情報の走査としてだろうけど。


あと、どう見ても記事に関連しなさそうな名前のカイシャからのアクセスがあるのは、どう見てもサボりなんだろうね。

    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ
経済情報(減産でも在庫が急増:自動車向け資材)(NEVADA)


金融危機情報(三菱商事の大リストラと商社の激変)(NEVADA)


派遣村に集まってきた人たちを叩く連中の神経がわからないが、そういう連中もわが身になってみれば、身に沁みるだろう。

「明日はわが身」という言葉を知ってたら、ひどいことなんて言えないはずだけどね。

朝鮮人かね、そういう心無いこと言ってるのは。

タチ悪い在日はホントにタチ悪いからね。

そういうのには、こういう対応があるらしいが。

朝鮮/韓国兵指導マニュアル(Ubiquitous World)


旧日本陸軍の朝鮮兵に対する注意書き、米軍による韓国兵の扱いマニュアル ・・(Yahoo!JAPAN知恵袋)


いい人も多いんだけどね・・・。



経営者連中や御用学者に御用評論家たちは、今年後半には持ち直すなんて根拠のないアドバルーン揚げてるのもいるが、FRBが刷りまくったドルの裏打ち、つまり信用保証のこと考えるだけでも、そんなのゴミ発言というのがわかるけど。

飼い慣らされて、発言を与えられるのに慣れて、自分のアタマで考えることができないんだろう。


フツーに考えたら、来月くらいから正社員切りの動きが本格化してきてもおかしくない。

春ぐらいと思っていたけど、オバマとイスラエル、印パ次第で変わるだろうが。



モノが売れなきゃ、入ってくるゼニがないわけだから、経費を切るしかなくて、まず派遣で次に正社員というのは、経営者連中が考えてることだろう。

経営者自身のリストラや減給は考えてないんじゃないの。

ビッグ3の先例を見る限り。

その段階になったら潰してトンズラじゃない?

そうなったときの批判者たちや御用学者や御用評論家たちの顔が見たいよね。

派遣切りに対する対応というのは、プレイベントと考えることも出来るんじゃないのかな。

どういう対応をするかによって日本の未来が変わると思うが、その意味ではまだ少し救いがあるのかもしれない。


    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ

広島労働局長、派遣法改正で謝罪 連合集会で「申し訳ない」(47NEWS)


バカの多い官僚の中にも、良心的な人物はいるということを再確認できるニュース。

この人は、職位と顔つきから見てキャリアだろう。(就任あいさつ(PDF)

こういう発言ができる人物が上がっていくのが本来の組織のあり方なのだろうが、どうなるのかな。

官僚が良心を持って行動すれば、日本の破壊は避けられようものだが。


  
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ Hiroshi@blog ] All Rights Reserved.
http://hiroshiat.blog.shinobi.jp/

COUNTER




忍者アナライズ
忍者ブログ | [PR]
ブログ内検索
スピリチュアルを開発する
占い・開運・風水・パワーストーン

前世療法のCD。
カウンセリングにいけない人や、カウンセリングが不安な人に。
前世療法 催眠療法 催眠暗示 ~魂は何処に行き 何処に還るのか?~

幽体離脱を促すヘミシンクプログラムの日本語版。
調和と平穏を促すヒーリングアイテムとしても。
ヘミシンク ゲートウェイ・エクスペリエンス 日本語版 全6巻セット

最新の7つの脳波同調テクニックを使った特殊な音ファイル、Brain Sound Questシリーズ。
尾底骨の第一チャクラを開発するようにチューニングされています。
チャクラの開発 ~Brain Sound Quest シリーズ3★ブレイン・マシンやヘミシンク手法の7倍の効果で脳波を誘導する
なかのひと
逆アクセスランキング
ブログパーツ