忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ

めったに見ないテレビのバラエティを久々に見た。

勝間和代と香山リカの対決が目を引いたからだ。

香山リカの診察室にはいわゆる「勝間本」でガンバル病に侵されて、頑張りすぎた挙句に燃え尽きて、うつ病やら出社拒否やらを発症した患者が多数来るそうだ。

そのような患者を目にした経験から、いたずらに高い目標を掲げて煽る勝間和代に対して香山リカはよくは思ってなく、それが今回の対決となったようだ。

そのディベートを見て、勝間和代の化けの皮が剥がれたと見抜けるのは何人いるだろうか。

彼女はディベートのテクニックをいくつも使っていた。

香山リカが勝間の掲げる「女性が自立するのに必要な年収は600万円」を、何の根拠があって掲げるのかと攻撃すると、勝間は、「香山さんは600万円以上は軽くありますよね。」と切り返し、香山の問題にすり替えて攻撃の矛先をかわそうとする。

香山が人をいたずらに頑張らせるのはどうかと思うと言うと、勝間は私はそのようなことは決して言っていないと切り返す。

問題の矮小化と論点のすり替えを頻繁に使う勝間に、香山はついていけていなかったようで、そのテクニックを見抜くことができずに、まともに受け答えする香山はディベート慣れしていないのがよくわかった。

こうやって問題のすり替えを行うのはディベートのテクニックであり、さすがにコンサル会社で鍛えた勝間に、ディベートのスキルを持たない香山は敵わなかったようだ。

こういったテクニックに対しては、問題を再度提起しなおすとかして論点をずらさせないことが重要で、すり替えをやった側は逆にそれだけで旗色が悪くなる。

すり替えをやるということは、それをするだけの理由があるからね。

それと、勝間には香山の発言を途中で大声で遮るなどの振舞いが目立った。

竹中を見ているようであった。

これもディベートのテクニックだな。

田原とかいう「芸者」もよく使っているけど。

香山は、ディベートで勝間とやりあうというのはよした方がよかったかも知れない。

私のようにテクニックを見抜いて、その上で判定を下せる人間ばかりではないわけで、ディベートの場にいたギャラリーも両者の言動で振り回される様が目立っていて、素人目には勝敗はわかりにくかったかと思う。

実際には、あれだけテクニックを使わなければならなかったという点で、ディベートにおいてはさることながら、その主張においては、勝間の旗色は悪かったと思うけどね。


ディベートで、勝間はひとつだけいいことを言った。

社会的なセーフティネットとして、ベーシックな収入があればいいと思うというニュアンスのことを言った。

堀江なども提唱しているベーシックインカムのことだろう。

私もそれには賛成だ。

ただし、私は彼らとは財源の想定が違うけれど。

ベーシックインカムを創設する代わりに消費税が30%になるようでは意味がない。

所得税の累進強化で財源は填補するべきで、彼らの想定している財源では、日本の経済は上向かないだろう。

累進強化だけで足りなければ丹羽教授の理論を使えばよい。

ネットを見れば、いくらでも書かれているかと思うけれど。

この辺りが本質的な思考力の差なのだと思う。



世の中には「カツマー」とかいう連中がいるそうだ。

マスコミに持ち上げられ、出す本は皆ベストセラー。

シングルマザーになっても颯爽と生きている姿に、30代派遣社員年収200万円の婚活女たちがあこがれるのもわかるような気はする。

考えることが苦手な連中が、電波芸者に乗せられて踊り、踊り疲れてクリニックに駆け込むという図式があるのだろうかね。


前に記事で触れたが、勝間和代のプレゼンテーションは優れていると思う。

ディベート力も、今日のテレビで見せたようになかなかのものがあるのだろう。

けれど、彼女の強みはプレゼンだけであって、思考力、提案力といったところはどうかというのが印象として根強くある。

彼女の発言は何度かテレビで見たが、眉を顰めるものばかりだったと記憶している。

考え方がいかにも一時のアメリカ的で古臭いのだ。

アメリカ人を知らない連中には新鮮かもしれないけれど。

アメリカ人は確かに勝間みたいな考え方をする。

頑張って頑張って、自分を押し通して押し通して、対立する相手は何としても蹴落とす、みたいなスタイルは、成功を志向するアメリカ人のステロタイプそのものに見える。

けれど、そのようなアメリカ人の少なからぬ数は、かかりつけの精神科医を持ち、定期的にカウンセリングを受けるのだそうだ。

だから彼女の口説の共鳴者たるカツマーが香山のクリニックに駆け込むのも当然の帰結とも言える。

勝間は当然、そのようなことは言わないから、彼女の本を買って読んで真に受けて頑張って頑張って頑張りぬこうとする人間はいい面の皮ということになる。


基本的にマスコミに持ち上げられる人間には類型がある。

アメリカの会社で出世したとか、アメリカの大学に学んだとか、アメリカで箔付けしたとか。

「仕分け」するのも容易だ。

中身のなさ、思考力の低さもこういう連中に共通する要素だと個人的に思う。

確かに彼ら彼女らの口説は、素人には一見、素晴らしく聞こえるだろう。

立て板に水の流れるごとく、理路整然たる口説は、聞いているだけで、あるいは読んでいるだけで、自分が賢くなったように感じるかもしれない。

けれど、本当に彼ら彼女らの口説が正しいのなら、世の中はもっと良くなっていないとならないと思うがどうか。

アメリカの現状はどうか。

アメリカには彼ら彼女らのレベルが星の数ほどいるだろう。

「金融村」には、男女とも、あれよりももっとパワフルな連中が掃いて捨てるほどいるだろう。

けれど、アメリカはもはや経済的に死に体となり、メルトダウンを待つばかりだ。

日本の現状はどうか。

竹中のような人物が大臣にまでなったが、それで世の中はよくなったのか。

派遣村は今年も開設されたが、勝間はその現状をどう見るのか。

派遣村に行くような人は、努力しないからそうなる、と簡単に切り捨てるのだろうか。




あのような連中は、自分に都合のいい口説を流すだけのこと。

そこには自分の日銭を稼ぐ真摯さはあっても、読者や聴衆に対する真摯さはない。

オポチュニストの本質を見抜くことができなければ、振り回されて疲弊するだけであると個人的には思う。

PR
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ

チョーキケンなブログツール。

触るとキケンです。

斬られます。

○○に遭います。

    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ

「赤坂のみんな、やったよ!!」TBS安住紳一郎が25年ぶり他局アナとして『いいとも!』生出演(Yahoo!JAPAN)

今日の「いいとも」は久々に見た。

これは見ないとね。

当たり外れのあるテレフォンショッキングだけど、今日のは文句なしに面白かった。

安住アナが珍しく硬くなってたのは笑った。

他局アナが出るというだけでもニュースだけど、安住アナが出るというので、話題性は倍増したように思う。

すごい視聴率が出たかも。

    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ

昨日、「チューボーですよ!」にマジシャンのセロが出てた。

かねて超能力との噂がある、セロのマジックを見るチャーンス!と思って見てた。

マジックは一発だけ。

でも、強烈なのをやってくれた。

小林アナの手のひらの上でグゼグゼに混ぜ込んだ塩と胡椒を分離するというマジック。

堺巨匠の手を重ね、さらに上からセロの手がアプローチ。

小林アナの手のひらにはきれいに分けられた塩。

そして、セロの手のひらには胡椒。

あれはタネはないね。

超能力だと思う。

その傍証を、堺巨匠が言ってた。

「なんかビリビリ来る。」

これがパワーアプローチだと思うね。

かなりのレベルのサイキッカーなんだろう。

そしてあの目。

深いね。

どこから来た人なんだろうか。

ああいうのを見せることによって、意識のリミットを外させる役割があるなんてことを読んだ覚えがあるが、昨日の放送では何人がメッセージを受け取っただろうか。

    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ

この間、久々にVVV6を見てたら、V6岡田准一の昔の映像が出てた。

ふーん。

ずいぶん印象が変わったのね。

今27、8で、昔の映像が19。

ずいぶん色男になったような印象がある。

ふーん。

ずいぶん印象が変わったのね・・・。

ジャニーズ随一の色男もアレかな。

芸能界は多いけど・・・。


    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ

ビートたけし「ごきブラ」乱入!関西ローカルは4年ぶり(スポニチANNEX)

関西ローカルとはいえ、人気番組。

モナ古巣の朝日放送。

しかも深夜枠。

モナ復帰の条件は揃いすぎ。

逆お持ち帰りにオモチャのチャチャチャで完全にヨゴレタレントとなったモナが復帰するには、かなーり都合のいい番組であることは確か。

下ネタも結構飛び出すから、「ロンハー」とかで実績のあるモナには、それも好都合だったりする。

今の女子アナも3年ぐらいやってんのかな。

そろそろ交代期に近づいてることもあるし、10月からモナに代わることも十分ありそう。

ヨゴレがニュース読むとなったら叩かれないでは済まんけど、ヨゴレがヨゴレをウリにバラエティ出る分にはいいんじゃなかろうかと個人的には思う。


しかし、ビートたけしはすごいね。

もし、モナ押し込みのための仁義切りだったら、すごい男気だよね。

関西ローカルに出るにしても、ゴールデンのバラエティでも、ビートたけしぐらいの大物になるとギャラの面でもスケジュール面でもブッキングは難しいのに、深夜枠のバラエティに平気で出るんだから。

ギャラもスケジュールも相当に都合をつけないと実現しないはずのブッキングであることにどれだけの人が気付いてるだろうか。

サキヨミでずいぶん迷惑かけたフジの「27時間テレビ」にノーギャラで出たときもそうだが、ビートたけしという人は仁義の切り方がきれいだよね。

人を感服させる人間というのは、清涼感と清潔感があるが、この人にもそれを感じる。

番組も、冒頭こそぎこちなさを感じてたけど、ビートたけしがしゃべりだすと一気に盛り上がった。

他のタレントが萎縮する中、巧みに話をつなぐ太平サブローの仕切りもうまかったけど、失敗談とかを平気でしゃべって場を和ませるビートたけしもうまかったね。

番組終盤でビートたけしが「お笑いが一番難しい」といったのは本音だろう。

そして、ビートたけしの人間性や考え方に触れるエピソードを聞けたのは興味深かった。


10月の「ごきブラ」がどうなるか、ちょっと楽しみだったりする。

    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ

24時間テレビ自体は金属疲労気味。

もう見る気もしない。

感動の押し売りは要らんから。

似たような論調をアッチコッチで見かけるけど、制作費やタレントギャラと寄付金と、どっちが多いんだろうか。


去年のマラソンランナーは欽ちゃんで、今年のマラソンランナーはエド・はるみ。

もはや、マラソン頼りというのが出てるような気がする。

結局、マラソンの最初と最後だけ見た。

エド・はるみってのはやっぱりいいオンナだね。

ああいう品のいいオンナというのをとんと見なくなったから、余計にそう思う。

最初と最後のコメントも良かった。

今夜の特番は絶対見る(と思う)。

でも、グー!はよくても最後のクォー!はちょっとね・・・。

アレをやめて何かもっといいのに変えればもう少し続きそうな気もするが、いずれにしてもTV局様使いまわしタレントとしての寿命は来てるようなので、今後はお笑いとしての露出は減って、徐々に女優業にシフトしていきそうな気がする。

ギャグもできる熟女女優なら、結構持続的な需要がありそうな気がするけどね。

そうなると、彼女の品の良さと美貌も生きてくるわけだ。

今はお笑いとしてのメークをしてるように思うが、女優としてのメークをするようになると、美貌はまだ上がると見てる。

TV局に敏いのがいたら、そのあたりに目をつけてると思うが。
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ

青木アナ騒動に続いてTBS社長も不倫報道(livedoor)


ついこの間、不倫騒動で辞めるだの辞めんだの言ってたアナがいる局で、今度はトップが不倫騒動だそうで。

マタのユルイの入れてるだけあって、下半身に寛容なのが社風か?

TV局なんてのは露出してナンボ、というところがあるから、露出だったらなんでも平気なんでしょ。

モナの時は結構辛らつなこと言ったりしてたらしいから、今度はどうコメントするのか見ものだったりする。

しかし、マスメディアってホントにレベルが下がった。

知性のある人材が払底してるというか。

こんなことばっかやってると、ネットとの競争に負けるんじゃないの。


マイブログの関連記事

フジの不倫穴はどうなるのかな。
マタのユルイ「女芸人」がマタやってくれました。
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ
不倫疑惑の渡辺アナ謝罪も「やめろ」(スポニチANNEX)



モナ問題で、昔ならオモテに出もしなかったこの種の問題が、今は大問題になるということをあんまり自覚してなかったような賢くないアナ。

一浪して成蹊で、しかも一留、さらに就職浪人してフジなんて経歴だというから驚き。

どんなコネ使ったんだろうと考えてしまう。

まあ、顔はいいから、面食いな私としてはそんなに嫌いではない。

バラエティ向けの素材としてみたら、まあまあではないかと思ってみてたぐらいのもん。

この人が不倫やってもあーそー、ぐらいの印象しかないが、一方でフリーのモナは現場追放、局アナのこの人はイケシャーシャーと番組に出続けというのは、あまりにもバランスが悪くないかと思う。

片やオモチャのチャチャチャ、片や雌豹のポーズ、というのも、結構話題性はあると思うんだけどね。

変態記事垂れ流し機関のグループが続報を流しているというのも、絵的に面白かったりする。

所詮、共食い叩き合いの世界ということか。


  
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ
山本モナまた不倫騒動!「サキヨミ」降板も…二岡とラブホデート

ここまでアホだと楽しくなってくるね、この人。

よりによって本人が熱望していたキャスター復帰第一回生放送終了の夜にヤッちゃったという・・・。

ビョーキかな。

まあ、はたで見ている分には面白いけど。

サッカー界のキングともやったとかやらんとか言ってるらしいが、この人、キャスターより「ロンドンハーツ」で女芸人とけなし合戦やってるのが一番シックリきたりする。

少なくとも、この人がニュース読んでも軽すぎてダメだな。

キャスターよりも、女芸人の方がよく似合うと思うし、その方がユルさが生きると思う。

ゴシップ振りまきまくりなら、露悪型の番組なら引っ張りだこだし。

過去記事
http://hiroshiat.blog.shinobi.jp/Entry/40/



7.11追記

この件、さらに大きなネタになりそう。

モナ宿泊のラブホ「何度か見たことある」(日刊スポーツ)

こんな記事まで出ちゃうと、女芸人としても難しいかもしれない。

A○女優か、風○で働くしかなかったりして。

アタマは悪くないはずなのに、マタのユルさで将来をダメにするなんて、ちょっと悲しいけどね。

    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ Hiroshi@blog ] All Rights Reserved.
http://hiroshiat.blog.shinobi.jp/

COUNTER




忍者アナライズ
忍者ブログ | [PR]
ブログ内検索
スピリチュアルを開発する
占い・開運・風水・パワーストーン

前世療法のCD。
カウンセリングにいけない人や、カウンセリングが不安な人に。
前世療法 催眠療法 催眠暗示 ~魂は何処に行き 何処に還るのか?~

幽体離脱を促すヘミシンクプログラムの日本語版。
調和と平穏を促すヒーリングアイテムとしても。
ヘミシンク ゲートウェイ・エクスペリエンス 日本語版 全6巻セット

最新の7つの脳波同調テクニックを使った特殊な音ファイル、Brain Sound Questシリーズ。
尾底骨の第一チャクラを開発するようにチューニングされています。
チャクラの開発 ~Brain Sound Quest シリーズ3★ブレイン・マシンやヘミシンク手法の7倍の効果で脳波を誘導する
なかのひと
逆アクセスランキング
ブログパーツ