忍者ブログ

現職の和歌山県知事の逮捕に続き、宮崎県知事も逮捕されそうな状況である。

談合に関与するような輩は当節(昔は必要があったとは思うけど、今の時代はするべきでない)、言語同断とは思う。

が、入札制度がある限り、談合は続くだろう。

そこで。



一般競争入札も、指名競争入札も止めて、オークションにしちゃったらどうか。

日本語で言ったらセリね。

不謹慎な、と言う輩はいるかもしれない。

でも、入札も似たようなもん。

一発勝負の入札の方が、談合は起きやすいと思う。

相手の状況がわからないから、真剣に落札しようと考えたら、どうしても探りを入れる必要が出てくる。

必然的に親密になった担当者たちが、そのうちに談合へなだれ込むというのを、誰が止められるの。

それよりは、相手の価格を見ながら自分はどこまで下げられるかを見ながら価格を提示できるオークションの方が、談合の機会は減ると思う。

もちろん、ゼロにはならない。

 

でも、システム的にはオークションの方が有利なのは、人間心理を考えれば、すぐにわかると思う。

オークションシステムをやるとしたら、オークション開催を告知した時点で設計金額を先に明示し、そこからどれだけ下げられるかというのを競ってもらうことになる。

参加業者は制限してもいいし、オープンにしてもいい。

ハンマープライス(これやるのは快感だろうね)となった以後、工事のチェックが問題になるが、これはこれで施工監理を別にオークションをやるか、あるいは随意契約として官民(当然、官側も入らなければ話にならない)で責任を持って監督に当るか。

もう一つは、行政の設計部門に、民間企業の設計担当者を複数、出向として受け入れて、一定期間設計業務にタッチしてもらう。

それにより、小規模自治体においては必ずしも十分とは言えない、行政側の積算能力は向上するし、民間側も複数出向とすることにより、恣意的な利益誘導は出来にくくなるだろう。

技術交流の場を行政に置くことになる効果もあろうかと思う。

 

どのみち、土木・建設・建築分野においては、官民の協力が欠かせない。

それなら、どのようにすることで公正に出来るかということを、前例に囚われないで考えることが必要だと思う。








HIROSHI@BLOGTOPへ

 

PR
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ Hiroshi@blog ] All Rights Reserved.
http://hiroshiat.blog.shinobi.jp/

COUNTER




忍者アナライズ
忍者ブログ | [PR]
ブログ内検索
スピリチュアルを開発する
占い・開運・風水・パワーストーン

前世療法のCD。
カウンセリングにいけない人や、カウンセリングが不安な人に。
前世療法 催眠療法 催眠暗示 ~魂は何処に行き 何処に還るのか?~

幽体離脱を促すヘミシンクプログラムの日本語版。
調和と平穏を促すヒーリングアイテムとしても。
ヘミシンク ゲートウェイ・エクスペリエンス 日本語版 全6巻セット

最新の7つの脳波同調テクニックを使った特殊な音ファイル、Brain Sound Questシリーズ。
尾底骨の第一チャクラを開発するようにチューニングされています。
チャクラの開発 ~Brain Sound Quest シリーズ3★ブレイン・マシンやヘミシンク手法の7倍の効果で脳波を誘導する
なかのひと
逆アクセスランキング
ブログパーツ