忍者ブログ

福岡のいじめ自殺問題に端を発した学校でのいじめ問題は収まる気配を見せない。
今回のいじめ自殺問題、何が一番問題かというと、生徒を守る存在であるべき教師が、あろうことか、いじめを主導した点である。
教師が自ら率先して差別的発言を繰り返すなどしていじめを主導していたと聞くに及んでは、生徒は全く救われないだろう。

生徒間のいじめというのはこれまでもあったし、これからも大なり小なり続くだろうとは思う。
でも、教師の睨みがあるからこそ、学校が存続するのであって、このような教師が蔓延するようになったら、いや、もうすでに少なからず存在しているのかもしれないが、学校には子供を安心して行かせることができなくなるよ。



今の学校の問題。
密室であることに尽きると思う。
密室だからこそ、陰湿ないじめも起こり、学級崩壊のようなことも起こるのではないだろうか。

ではいっそ、オープンにしてしまえばよい。
保護者参観は今のところ、限られた参観日しかできないようだが、これを改めて、児童生徒の保護者であれば、いつでも参観できるようにしてしまえばよい。
学校の授業を閉鎖された環境で行うメリットはないと思う。
混乱を招くから、誰にでもオープンというわけにはさすがにいかないから、保護者だけに制限してオープンにして、いつでも教師以外の人の目があるようにすれば、いじめなどは減少するのではなかろうか。
それに、教師側も、親の目があったほうが、児童生徒がおとなしくなって授業がやりやすくなろうし。
親の目があると困るという教師は自分の授業に自信がない教師だろう。
自信があれば、別に誰が見ても恥ずかしくないと思うはずだからだ。
問題教師の排除にも役に立つと思う。


ついでに進学塾などにあるような、チューター制度を取り入れて、保護者の中から希望者をボランティアチューターとして登録してしまってはどうか。
授業の進行についていけない児童生徒は一定割合で出るのは仕方ないが、そんな児童生徒でも、ちょっとしたアドバイスでついていくことが出来るようにもなるだろう。 
その役割をチューターに求めればいいと思うのだ。

チューターには報酬を払ってもいいが、そうするとまた別の問題が出るので、とりあえずはボランティアでやってもらうのだ。 
その代わり拘束時間はなしにして、来れる時間帯だけいてもらえばいい。
教師側も授業が深化することができるから、メリットは大きいと思う。



学校の改革は、今の状況を見ている限り可及的速やかに必要だと思う。
改革の論議がよりよい方向に進むようになればいいと思う。





ブログランキング・にほんブログ村へ






PR
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      CERTAIN@BLOG TOPへ
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ CERTAIN@BLOG ] All Rights Reserved.
http://hiroshiat.blog.shinobi.jp/

COUNTER




忍者アナライズ
忍者ブログ | [PR]
ブログ内検索
スピリチュアルを開発する
占い・開運・風水・パワーストーン

前世療法のCD。
カウンセリングにいけない人や、カウンセリングが不安な人に。
前世療法 催眠療法 催眠暗示 ~魂は何処に行き 何処に還るのか?~

幽体離脱を促すヘミシンクプログラムの日本語版。
調和と平穏を促すヒーリングアイテムとしても。
ヘミシンク ゲートウェイ・エクスペリエンス 日本語版 全6巻セット

最新の7つの脳波同調テクニックを使った特殊な音ファイル、Brain Sound Questシリーズ。
尾底骨の第一チャクラを開発するようにチューニングされています。
チャクラの開発 ~Brain Sound Quest シリーズ3★ブレイン・マシンやヘミシンク手法の7倍の効果で脳波を誘導する
なかのひと
逆アクセスランキング
ブログパーツ