忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ
オランダは完全体じゃなかったにせよ、ファンデルファールトやロッベンがいたし。
そのオランダにドローなので、よかったのではないかと思う。

遠藤、香川はスーパーサブ決定?
遠藤は、このところの低調ぶりが嘘のように、気の利いたパスを連発していた。
年齢的にフルではもたないから先発だと低調なのか、尻に火がついたからなのか。
山口がよかっただけに、長谷部と遠藤のどちらかがサブに回るかもしれない。

香川はビルドアップのパスがどうにもならないのは、何とかならないのか。
軽いパスを出してカットされるシーンが目に付いた。
ゴール前ではなかなかのパフォーマンスだったが、はじかれたシュートの時は、好調ならワンフェイク入れてさらに侵入するぐらいしていたように思う。

大迫は非常によかった。
サイズのあるFWなので、一気にレギュラーになるかもしれない。

次のベルギー戦を見てみないとなんとも言えないが、とりあえず、ザック解任論に喧しかったマスコミの論調は全く当てにならないということがよくわかった試合だった。

PR
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ
コンフェデは、ブラジルの優勝で幕を閉じたようだ。
私は前半しか見てないけど。
ブラジルは、パウリーニョの存在が大きいように感じた。
セントラルとディフェンシブの間のような印象を受けたけど、パワフルなセンターがいるのがキモなんだろうと感じた。
ネイマールには、ロナウジーニョとか、他にも代えはいそう。
けど、パウリーニョの代えはいなさそうな気がする。
あのパワフルなプレー振りを見る限り。

日本も、ああいうパワフルで守備も攻撃もできるセンターがほしいな。
遠藤は、イタリア戦では少し持ち直したが、やはり年齢的に厳しいように思う。
長谷部と遠藤というペアがよくないのかもしれないが、細貝が入ってもそれほどいい印象もないので、センターは人材がなかなかいないということなのだろう。
思い切って今野ボランチとかするといいかもしれないが。

日本でも活躍したフッキは、今のブラジルのフォーメーションではやや窮屈そうな感じだ。
パスが器用なタイプでもないので、サイドに閉じ込められている印象が強い。
中に切れ込んでシュートを狙うときだけ活きているような感じだが、かといってバリバリの1トップができるかというと、そんな感じもしないので、窮屈でもサイドに置くしかないのかという気がする。

コンフェデは終わったが、出場国はこれからそれぞれの課題の消化に務め、来年の本番に備えるのだろう。
欠点が明らかになった日本は、これからどうするのだろう。


    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ
これからのサッカー選手には、格闘技の習得も必要だろう。

特に韓国戦に臨むサッカー選手には。

受け技や受身は当然として、相手を潰すテクニックも覚えた方がいいのではないかと思うね。

審判にわからないようにやれるテクとしては、

・走れなくなるポイントへの攻撃。
・スタミナを奪うポイントへの攻撃。
・選手生命を短くするポイントへの攻撃。

ぐらいはできるし、無罪でーす、とやれるテクなら、相手を再起不能にもできるだろう。

何人か代表クラスの選手を潰さないと、あの国の人々はラフプレーを止めないと思うね。

反日しかやることがないんだから。

古武術や拳法には、色々と殺し技があるので、得るものが多いと思うけれど。
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ
今朝のCL決勝はこの一言で済むような気がする。

バイエルン圧倒的有利の状況下、優勝まであと一歩のところで、歓喜を打ち砕くヘディング。

強烈なヘディング。

当たりの出なかったミュラーが交代間際に放ったヘディングも強烈だったが、ドログバのヘディングはキーパーのセーブを吹き飛ばしてのゴール。

さすがの一言。

ミュラーを下げ、専守防衛モードに入ったバイエルンには、同じく当たりの出なかったマリオ・ゴメスと、単独突破を繰り返す両ウィングしか居らず、トーレスを送り込んだチェルシーとの差は歴然。

オリッチの投入も、インパクトを与えられなかった。

そもそも、今期終了後にチームを離れる選手をベンチに入れるということ自体、どうかと思ったね。

数年前には輝きを放った選手と記憶しているけれど、今日の試合にはどうか。

単騎駆けを繰り返す両ウィングを見ていると、宇佐美の方がまだしも活躍できたような気がする。

両ウィングだけなら単発だが、中央に細かいドリブルのできる宇佐美を置くと、少し関係性が生まれて、ディフェンスの混乱を誘発した可能性があったように思った。

むなしい単騎駆けとムーブがなく、確率の低いセンターFWに頼り続けた監督の采配の限界を見たように思う。

チェルシーは逆に、ある程度プラン通りの戦いをしたんではなかったか。

ホームチームに対し、アウェーの戦い方の定石である専守防衛で、時節鋭いカウンターを、強力なセンターFWに依拠して押し進める。

得点は結果論の領域だが、あの強烈なヘディング、そして最後のキッカーとなったドラマを見るにつけ、ドログバという選手の強烈な存在感を改めて確認した気がする。

この試合では、監督の能力差は残酷なまでにピッチに投影されたように思う。

チェルシーがPK戦まで進むのは想定内、バイエルンがPK戦にまでもつれ込むのは想定外だったろう。

ドログバが5人目のキッカーとして登場した時に、それを確信した。

両チームとも、世界でもトップクラスのキーパーであったが、PKストップ数に差がついたのは、想定に入れているか否かというものが多少影響したのではないか。

戦術立案能力、戦力分析能力、いずれにおいても上回ったのはチェルシーで、戦力を冷静に分析して、現有戦力にふさわしい戦い方をしたチェルシーが、運を手繰り寄せて勝った試合だったように感じた。
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ

このチームに贈らなくてどうするのかと言いたいね。

過去の受賞者と比べて、このチームのメンバーが成し遂げたことが劣るとは到底思われない。

国民栄誉賞にふさわしいと思うが。

ただし、贈るなら、メンバーだけでなく、監督、コーチ、裏方も含めたチーム全員にしてほしい。

チームが一丸となって戦ったからこそのW杯優勝なのだから。

受賞者リストに「なでしこジャパン」と載るのも、いいのではないかと思う。
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ

奇跡のような優勝だった。

試合内容は、イングランド戦と同じくらい悪かったように見えた。

前半は特に、ゴールを割られてもおかしくない局面が何度もあった。

神様が微笑んだとしか思えなかった。

リードされるたびに、終わった、と思いながら、それでもテレビの前に座り続けた。

宮間のゴール。

ゴール前にあまり顔を出さない彼女が、なぜかあの場所にいた。

「ごっつぁん」のように見えるが、左足の高難度のキックは、両足が使える彼女でなければ、ゴールにねじ込むのが難しかったかもしれない。

沢のゴール。

「スーパーゴール」という以外の表現が思いつかない、恐ろしく難度の高いキックで、アメリカの選手の体をかすめて入ったゴール。

彼女の単独得点王と、MVPを決定付けたスーパーゴール。

PK戦の前に円陣を組んだ日本チームの、誰もが見せた笑顔が印象的だった。

PKは運任せ、けれど、メンタルがかなりのウェイトを占めるゲーム。

PK戦前にリラックスできた日本チームは、既に勝利を引き寄せていたのかもしれない。

アメリカの一本目を海堀が止めたのは大きかった。

アメリカのGKソロは非常にいいGKだったが、日本のGKも侮れないところを見せた。

宮間のPKは遠藤のコロコロPKのようなPKだった。

さらにプレッシャーがかかったアメリカが2本目を外したのは必然だったかもしれない。

海堀はさらに3人目も止めた。

男子のアジア杯ヨルダン戦の川口を彷彿とさせる、神がかったようなプレーだった。

坂口のPKがGKソロの手を弾いてゴールに決まり、これで事実上、PK戦の帰趨は決まった。

ワンバックがきっちり決めた後、そのワンバックを抑えていた熊谷がゴールに決め、日本の優勝が決まった。


日本の優勝は、昨年の男子南アW杯のスペインの優勝に続くものだろう。

体格に恵まれなくても、パスを中心に、多様な個性を持つ選手たちが、実力を十分に発揮できれば個人能力に優れたチームにも勝てるということを示したのだ。

サッカーの潮流はこれから変化していくだろう。


なでしこが優勝してくれて、本当によかった。

日本人に、勇気と希望を与えてくれた。

華奢で小柄な選手たちが成し遂げた偉業に、心からの拍手を贈りたい。

そして、感動をありがとう。
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ

今年のCL決勝は例年になく面白かったように思う。

やはりバルサは決勝の場が良く似合う。

あの大舞台で、あれだけ素晴らしいサッカーができるということには、驚くばかりだ。

特にシャビのボール捌きは、ため息交じりに見ていた。

バルサのポゼッションを支えているのは、彼のボールコントロールと「眼」に負うところ大であるように思った。

相手が突っ込んできても、足先でひょいと、絶妙のところにボールを置いて時間と空間を確保し、さらに意表をつく方向にボールを動かして見せる。

マンUも相当にプレスをかけていたのだろうが、そう思わせないほどの華麗なプレー。

日本人と大して変わらない体格の彼が見せるプレーに、ただただ感嘆するばかりだった。

勝ち越しゴールを上げたメッシの咆哮も印象的だった。

あれほど派手に喜んだメッシは見たことない。

格別の思いがあったんだろうな。

この日のメッシはあまりボールが足についていないように見えたが、それでも、時間の経過とともにいつものプレーを見せるようになっていたのはさすがだと思った。

この人も日本人とあまり体格が変わらない。

ただし、筋肉量は相当あるように思えた。

密集地帯でもコントロールを失わないのは、体の強靭さに負うところもあると思う。


早朝の極上の試合。

見終えた後も、しばらくは興奮が収まらなかった。
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ
岡田日本またしてもスコアレスドロー…東アジア選手権(スポーツ報知)

PKが決まった方が、かえって良かったかもしれない。

監督更迭の理由ができたから。

まだ時間はある。

半年、と思っていたら、既に4ヶ月ほどか。

一流の監督なら、ギリギリの時間だろうか。

閑古鳥のスタジアム。

代わり映えのしないメンバー。

戦術が見えないピッチ。

小兵FWだけを使うなら、もっとボールを動かすべきだと思うけど、なにやらサイドチェンジを禁止してるとか・・・。

マジなら、センスを疑うし。

試合終了後、スタジアムに響いたブーイングは、協会首脳の心には響いていないのかもしれない。

今度のW杯は、夜更かしするだけの価値がないものになりそうな気がする。
(ドイツのようなパターンもあるかもしれないけど・・・。)


P.S.
半年と思っていたが、よくよく考えたら4ヶ月ほどだった・・・。
記事は一部書き直したが、しかし、監督更迭は難しいかもしれない。
このまま行けば、ドイツ以上の大惨敗劇をみさせらることになりそうだが・・・。
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ

日本はオランダ、カメルーン、デンマークと同組=W杯抽選会(スポーツナビ)

ベスト4目指して頑張ってね、監督さん。(棒読み)

どう見たって終了。

カメルーンにもしかしたら勝てるかもしれないぐらい?

オシムさんがずっと監督をやっていたら、2位抜けできるかどうかというぐらいにはなっていただろうけど、今の監督さんではね。


スパーリングパートナー相手の大勝とか、逆に本気の相手にボロ負けのコメントを見る限り、眼力があるとは思えない。

こんなコメントを言っているようでは絶望的。

どこをどう捉えたら、こんなコメントができるのか。

岡田監督「悪くない」日本はオランダ、デンマーク、カメルーンと同組…南アW杯(スポーツ報知)


サッカー協会が大英断をしない限り、グループリーグ抜けは絶望だろう。

オシムさん総監督、ピクシーか広島のペトロヴィッチ監督という布陣だったら、年明けスタートでも何とか戦えるかもしれないけど。


今の監督でやるのなら、俊輔を切れるかどうかだろう。

メンバーから外さなくても、サブに回せるかどうか。

ドイツは誰で負けたのか。

なぜ負けたのか。

スピリチュアルな視点から見たら明らかなんだけどな。



後は小野が調子を上げてきているが、ベテランの嫌いな監督さんの眼中には入っていないかな。

3大会連続出場の経験は得難いと思うが。

それと好調時の能力。

秘めた才能は、依然として日本最高だと思うけどね。


アジアのほかの国を見ると、韓国はいいグループに入ったと思う。

勝ち抜けのチャンスもあるだろう。

オーストラリアは実力で突破できそうな感じだし。

残り一カ国は・・・華麗に散ってください。(笑)



日本サッカーに激震が走ることを期待しながら、7ヶ月を過ごすことになろうとは・・・。

    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ

岡田JAPAN大逆転!5分で3発(スポーツナビ)

スコアだけ見たら、設定条件抜きで見たら、かなり興奮の試合だったけど、つい3日前にW杯を決めるタフなゲームをアフリカでやったチームがヨーロッパにやってきて日本と互角。

こういう絵を見たら、結果は無視。となる。

このゲームで明らかになったのは、岡田プランが崩壊した事じゃないのかな。

センターバックは中澤と闘莉王が絶対だったが、中澤の衰え、あるいは加齢に伴う疲労は隠せない。

W杯本番もスケジュールはタイトだが、確実に年を取る中澤一枚で大丈夫かな。

岩政を使わなかった、あるいは他の選手をこれまで試さなかったのは、岡田さんの怠慢だろう。

俊輔が交代してからチームが活性化して加点。

オランダ戦では比較的良かった俊輔も、この試合はもうひとつ。

この人も30オーバー。

本田も良くなかったが、この試合によって少し混沌としてきたんじゃないの?

稲本が逆転弾を叩き込んだのは、評価外かな?

この選手をどう使うかで岡田さんの評価が決まるかもね。


あと9ヶ月。

岡田さんはどうすんだろう。
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ Hiroshi@blog ] All Rights Reserved.
http://hiroshiat.blog.shinobi.jp/

COUNTER




忍者アナライズ
忍者ブログ | [PR]
ブログ内検索
スピリチュアルを開発する
占い・開運・風水・パワーストーン

前世療法のCD。
カウンセリングにいけない人や、カウンセリングが不安な人に。
前世療法 催眠療法 催眠暗示 ~魂は何処に行き 何処に還るのか?~

幽体離脱を促すヘミシンクプログラムの日本語版。
調和と平穏を促すヒーリングアイテムとしても。
ヘミシンク ゲートウェイ・エクスペリエンス 日本語版 全6巻セット

最新の7つの脳波同調テクニックを使った特殊な音ファイル、Brain Sound Questシリーズ。
尾底骨の第一チャクラを開発するようにチューニングされています。
チャクラの開発 ~Brain Sound Quest シリーズ3★ブレイン・マシンやヘミシンク手法の7倍の効果で脳波を誘導する
なかのひと
逆アクセスランキング
ブログパーツ