忍者ブログ

バーレーンに敗れる 日本はグループ2位に後退(スポーツナビ)

夜中にひどい試合を見せてくれたもんだ。(笑)

でも、選手は責めたくないね。

慣れないボール、上がらないコンディション、日本とあまりにも違う環境の中で、与えられた戦術を必死に消化していたんだから。

ま、失点のシーンはパンチングでキッチリ弾くべきところを中途半端にいって相手にボールが行ってしまったミスとハンドのアピールに気をとられてクロスを阻止できなかったミスが重なったから、そこは選手を責めるところではあるけど。

問題は監督。

なんというつまらん戦術を取ろうとする?

ホーリコミサッカーなんて、もう10年も前に日本では絶滅したと思ってたけど、日本代表で復活するとは思ってもいなかった。

ピッチが悪かったから、ホーリコミたくなるというのはわかるけどね、ペースダウンさせて自陣で持つという時間帯も必要だったと思うけど。

それをやろうにも、急造3-5-2ではディフェンスラインと中盤、ウィングとの連携がうまくいかなかったように見えた。

DFの本職が中沢だけという3バックも激しく疑問。

岩政とか、五輪世代なら青山とか水本(今回は怪我したけど)とかDFでもきちんとやれる選手がいるのに、何でボランチのコンバートにこだわるかわからない。

阿部は良くやってくれるけど、去年のアジアカップでボロボロに振り切られてゴールされたり、1対1では不安だし、今野だって上背があるほうでないし、スピードもそんなにはないから、今日の試合は苦労してた。

阿部も今野も基本的にはスペースを埋めて、DFの前でアタックするタイプの選手だと思うけど。

高さのある岩政とか青山が入っていたら、もっと楽に守れたような気がする。


日本代表は中盤4人必要なような気がする。

そうでないとボールを回しきれない。

今回の試合がホーリコミになったけっこう大きな理由がこれじゃないかという気がする。

ボランチとDFでのボールのやりとりがすごくヘタだった。

だからDFは蹴飛ばすしかなかったように見えた。

最初はリスクヘッジで蹴飛ばしていたけど、落ち着かせるべき試合中盤では、パスコースがなかったから蹴飛ばしているように見えたシーンが多かった。

ウィングは上がりっぱなしでなくて、ボランチの横あたりに構える選択もあったんだろうけど、そんなシーンはあまりなかったようにも思えるし。

こういう試合ではロングでサイドチェンジする必要があるんだろうけど、そういうキックができる選手がいないのも致命的かな。

パス3、4本でサイドチェンジしても、時間がかかるから相手が守りきれちゃう。

基本的な戦術の再構築から始めないと、まあ、2位以上が突破できる3次予選はオッケーだろうけど、最終予選が突破できない可能性がけっこうあると思う。

一番いいのはオシムさんにトレーニングと戦術構築をやってもらうことだろうか。

岡田さんでは今回のような試合しか演出できないし、大木さんのショートパスサッカーは、不意を衝く飛び出しとかの動きが少ないから、攻め切れない。

相手守備陣を崩すには、意表をつく動きをする選手が必要なのに、それをやる選手がいなくって、決められたポジションで止まっている選手が多いように見えるから、今のサッカーでは韓国はおろか、北朝鮮にさえ負けるような気がする。

東アジア選手権は中国以外はフルメンバーではなかったんだから。


FWも、巻は悪くはないんだが、今回の試合は田代のほうがコンディション、パフォーマンスともに良くなかったか?

肋骨骨折が完治していない巻に、屈強なDFとやり合えというのはちょっとかわいそうだったように思う。

東アジアでも良いパフォーマンスを見せていた田代を信頼するという選択肢はなかったものかね。

それと、玉田を出すタイミングも非常に悪かったように思う。

パフォーマンスの悪かった山瀬を早めにあきらめて玉田を入れ、大久保を下げてボール拾いと散らしとパス出しと1.5列目からのシューターに使ったほうが良かったように思うけど。

玉田をわざわざ呼んだ意味がなかった。

少なくとも、玉田が出ればバーレーンは過去の悪夢のような記憶から、玉田にかなり意識が向いてほかの選手が楽になったような気がする。

フランスW杯のカズ落選のときもそうだけど、この監督は心理効果というものをまったく考慮しない。

あの時もカズを使っていれば、名前のあるカズに意識とマークが集中して中田とかがもっと楽にプレーできたはずなのに。

ジーコは選手として百戦錬磨だったからその辺はキッチリわかっていたし、オシムさんも選手の心理を読み、相手の心理を読んだ上で戦術を立てていたように見受けられるけど、岡田さんはそのあたりがまったくダメダメ。

おかげで日本代表から怖さが消えたように感じる。


早目にこの監督をあきらめて、更迭するなり抑えをかけるなりしないと、とんでもないことになりそうな気がする。

W杯に行けないと日本のサッカーがどうなるか、ということを、協会は真剣に考えるべき。

川淵さんの好みや派閥で監督を決めるべきではないよ。




PR
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      CERTAIN@BLOG TOPへ
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
 ワールドカップアジア3次予選 速報
ワールドカップアジア3次予選 3月26日速報 グループ1 中国 0-0 オーストラリア 中国、PKのチャンスを活かせず。 カタール 2-0 イラク (試合終了) グループ2 タイ 0-1 オマーン (終了) バーレーン 1-0 日本 (終了) グループ3 トルクメニスタ..
[サッカーは世界の言葉 ] ×URL   2008/03/27(Thu) 11:46:06
 3次予選で負けるとは・・・バーレーン戦
アウェイでのイスラムの変な応援をかき消すくらい声のデカイ松木安太郎が頼もしく(?)感じるバーレーン戦。 でも日本は深夜なんだから、いきなり大きい声を出すなよなー。 結局、俊輔も稲本も高原も不在で、玉田もベンチの岡田ジャパン。 2トップに大久保と巻(なぜ田代を使わず巻?)。 トップ下に山瀬で、左に安田という布陣。 高い位置でボールを奪えたり、ファウルでFKをもらえたりしたけど、全然生かせなかった前半。 もうちょっとクロスの精度を上げて、シュートで終わ...
[O塚政晴と愉快な仲間達 ] ×URL   2008/03/27(Thu) 12:47:21
 バーレーン戦
いつも通り前半しか見てないです・ω・`   後半は5分くらいまで見た・ω・`   てかバーレーン強くなったなぁ・・・(・ω・`)ぃゃ、日本が弱くなったのか(`・ω・´)       なんか単調っていうか・・   相手に190代の選手...
[シロクマのポチ袋 ] ×URL   2008/03/27(Thu) 12:48:20
 [アジア3次予選]予想通りにタフな試合、相手ペースに呑まれる
雪の初戦で点差はしっかりつけた日本のアジア3次予選の第2戦。試合開始時に30度を超えているというバーレーンでの試合は恐らくこのグループの中では最もやりにくい相手。前回予選でのファインオウンゴールも記憶に新しい戦いは、ともかくどんな形でも勝ち点3を取れた...
[BBRの雑記帳 ] ×URL   2008/03/27(Thu) 21:26:29
 岡田ジャパンよ、奮起せよ!! 【サッカー W杯アジア3次予選】
サッカーの2010年W杯アジア3次予選が各地で行われ、グループ2の日本はアウエーでバーレーンと対戦し、1-0で敗れ首位から陥落し、勝ったバーレーンがグループ2の首位に躍り出た。 この他、オマーンがタイに1-0で勝ち、勝ち点で日本と並んだ。 日本は6..
[不定期更新のスポーツニュース ] ×URL   2008/03/27(Thu) 23:34:57
 サッカー日本代表、バーレーンに敗れる
確かに松木さんの言うように、あれはハンドである、 でもここはアウエー、想定しなければならない事態でもある。 それにしても「中東の笛」もなく、「結構公平なジャッジやなー」 と思っていたら、そこで吹きますか〜? 相手が引きまくって、日本も点が入りそうになかったが その分、「負ける相手ではない、以前もそうだったし」 とスコアレス・ドローを半分覚悟しながらダラダラ見ていた分 ちょっとショックかも。 幸い、次のオマーン戦は6月と幾分の時間がある。 ここは急遽チームを立て直さなければならない。 次々と怪我人がで...
[しっとう?岩田亜矢那 ] ×URL   2008/03/27(Thu) 23:57:10
 完敗
南アフリカWCアジア3次予選 バーレーン1−0日本 非常に大事な戦いで勝点を得る事ができなかった。 内容的には圧倒されてましたし、完敗といえる結果じゃないかと。 でもまだ4試合あるし、上位2チームに入れば最終予選行ける。 苦しい4連戦に向けて修正していきましょう。 決勝点をアシストしたクロス。 解説も声高にハンドを叫んでたけど、審判気付かなかったみたいやね。 でもあれは防げなかった事を反省しないといけんやろう。 サイドに出されたパス、簡単に上げられたクロス、川口の飛び出しの不味さ、それに伴ったカバー不...
[FSS 〜Fukuoka Sports Stadium〜 ] ×URL   2008/03/28(Fri) 01:35:27
 W杯アジア3次予選で巴林に完敗
W杯アジア3次予選2戦であるバーレーン戦がアウェーで行われ 日本が1対0でバーレーンに完敗で1勝1敗の3勝点のままだ 試合の方は前半にバーレーンに圧され気味で展開されていたけど 後半も日本はバーレーンに劣勢の状態でミスから失点し負けた 前半は眠いの我....
[スポーツ瓦版 ] ×URL   2008/03/28(Fri) 09:40:54
 2010年W杯南アフリカ大会アジア3次予選 日本VSバーレーン
2010年FIFAワールドカップ・アジア地区3次予選、初戦はタイに勝利して幸先よくスタートしたサッカー日本代表。第2戦はバーレーンとアウェーで対戦します。 スタメンはこちら GK 川口能活(cap) DF 中澤佑二     駒野友一    安田理大 MF 中村憲剛    鈴木啓太    阿部勇樹    山瀬功治    今野泰幸 FW 巻誠一郎    大久保嘉人 内田篤人と遠藤保仁がスタメンから外れ、高原が欠場となったFWには巻と大久保の2トップとなりました。シス...
[日刊魔胃蹴 ] ×URL   2008/03/28(Fri) 12:32:21

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ CERTAIN@BLOG ] All Rights Reserved.
http://hiroshiat.blog.shinobi.jp/

COUNTER




忍者アナライズ
忍者ブログ | [PR]
ブログ内検索
スピリチュアルを開発する
占い・開運・風水・パワーストーン

前世療法のCD。
カウンセリングにいけない人や、カウンセリングが不安な人に。
前世療法 催眠療法 催眠暗示 ~魂は何処に行き 何処に還るのか?~

幽体離脱を促すヘミシンクプログラムの日本語版。
調和と平穏を促すヒーリングアイテムとしても。
ヘミシンク ゲートウェイ・エクスペリエンス 日本語版 全6巻セット

最新の7つの脳波同調テクニックを使った特殊な音ファイル、Brain Sound Questシリーズ。
尾底骨の第一チャクラを開発するようにチューニングされています。
チャクラの開発 ~Brain Sound Quest シリーズ3★ブレイン・マシンやヘミシンク手法の7倍の効果で脳波を誘導する
なかのひと
逆アクセスランキング
ブログパーツ