忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ


勝ったー。

しかもこんな胸のすく勝ち方はないし。

前半立ち上がりからガツガツ来るスイス。

日本はかなり浮き足立っていた。

そしてFKでゴール。

あの左サイドバックの3番はうまかった。

彼が前半で引いたのは結果的には采配ミス。

後半、あれほど形勢が変わるとは思いも寄らなかったろうけど。

続いて闘莉王の不用意なハンドでPK。

完全に負けかと思われた。

だけど、前半途中からボールが回り始め、なんとか互角に戦え出した日本。

最初からタイトに攻めてきたスイスを見て、これはスタミナが持たないだろうと思い、日本は後半勝負と思ったが、前半に既にその萌芽があった。

そして後半、楽勝と思ったスイスは再三サイドから飛び出して、危険なプレーを見せていた左サイドバックの3番(マニャンというらしい)とボランチの1枚を下げて、テストモードに入ってきた。

日本は選手交代はなし。

勝負師オシムは勝負に入ったように見えた。

後半は開始から俄然、日本のペース。

闘莉王が再三の上がりを見せ、スイスディフェンスを混乱させる。

そして、松井のプレーからPK。

1点差となって、前半は退屈しのぎにウェーブをやったり、ブーイングかましたりしていた観衆も、歓声を上げ始めた。

そして巻。

相手DFに引っ張られながらも利き足の「頭」で同点ゴール。

相手キーパーは一歩も動けない完璧なヘッド。

さらに。

FKをヘッドで折り返そうとした巻が引っ張られてPK。

巻はこれで2点に絡んだことになる。

前半からよくチェイシングに走り回っていたし、この試合の隠れた?ヒーローだと思う。

巻をくさしていた連中も、今後はやかましい口を、少しは慎むだろう。

相手DFのベーラミは、3失点に絡んだことになる。

中心選手だと思われるだけに、けっこーダメージになったのではなかろうか。

後半は再三上がり、ペナルティエリアで倒れこんだりして、挽回に必死だったけど。

俊輔のPKは、見ててちょっと不安だった。

けどキレイに入って逆転。

そして巻OUT矢野INした直後に相手CK。

代わったばかりの選手に決められて同点。

日本、スイスともに選手交代があって、マークが混乱したところを突かれてしまった。

しかし、同点になってもペースは日本。

そしてロスタイム。

矢野が決勝ゴールを叩きこんだ。

巻に代わって出た後、必死のプレーを続けていただけに、うれしいゴールだったと思う。

ゴールのあと、ほどなくしてタイムアップ。

日本は乱打戦を制しての勝利。

しかも、強豪スイスを下しての勝利だけに価値がある。

スイスのベンチが効いていた選手を下げたのにも助けられたのはあるけど、スイスベンチはその采配を悔やむことしきりだったろう。

これほどまでに日本が粘るとは思いもしなかったろうから。

オシムJAPANがこれほど点を取ったのも、あまり記憶にない。

得点力不足をあげつらっていた連中もこれで黙るかな。

PK2本といっても、勝負しにいってのPKだから、胸張っていいし。


でも課題もたくさん見えた。

日本はエンジンがかかるのが遅い。

オーストリア戦でも、立ち上がりに攻めこまれていたし、この試合でもやられて、浮き足立ったところを2失点。

このあたりを修正しないと、強豪国と戦えないということだろうか。

プレッシャーのかかるところでしっかりプレーできる選手が少ないのも課題。

相手が寄ってくると、とたんにプレーが不正確になって、ミスパスやバックパス、無駄なロングボールが多くなる。

相手が走れなくなってきた後半になると、日本選手は結構自由にプレーできていたから、一層、前半のプレーが問題となる。

こういう時にどうするか、サポートの選手の動き方を含めてやっていかないと。

ケータはディフェンスではいいけど、攻撃面ではかなり物足りない。

彼がもっとうまくパスを散らせていたら、前半からもっと楽に戦えていたはず。

ま、彼だけの問題でなく、周りの選手のポジショニングにも問題が多かったように思うから一概には責められないけど。


前半途中ぐらいまでのスイスは、日本のやりたいサッカーをやっていたように思う。

前線から厳しいチェックでボールを出させなくし、苦し紛れのパスをインターセプトして攻め込む。

攻める時は全ての選手が考えて動き、ボールホルダーをサポートする。

スイスが強豪国だといわれるのがよくわかった。

あの3番が後半もいたら、ひょっとしたら勝利はなかったかもしれない。

後半頭からの交代で格落ちしたことと、スタミナ切れがなかったら、スイスの勝利は動かなかっただろう。

考えてみると、スイスも3得点は全てセットプレー。

シュートも危険なものはなかったように思う。

ということは、日本のディフェンスはよくやっていたということか。

それと同時に、セットプレーがいかに大事かということを再確認させてくれたと思う。

流れの中でのゴールも、セットプレーでのゴールも、1点には違いないのだから。


あと、TV中継の試合後のインタビュアーは最悪。

アタマが悪過ぎて、選手や監督から有効なコメントを引き出せなかった。

俊輔に「ナイスゴール。」とやって、「PKじゃないすか。」と逆に突っ込まれていたのはかなり笑えた。

オシムさんには呆れられてたし。

TBSには、キチンと日本語で話すことができて、キチンとモノゴトを考えることのできる、まともなインタビュアーを配してもらいたかった。



PR
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
 スイスに逆転勝利で微妙な優勝
3大陸Tの日本ースイスは4対3で逆転勝利し微妙な優勝だ 試合は前半に2失点し後半に1失点で4点を取り逆転勝利で 中村PK2点でFWの巻&矢野2点で勝利したのはデカイが 3失点は取られ方が悪いし優勝だがチリとしてないし微妙だ 試合はビデオし朝から途中で....
[スポーツ瓦版 ] ×URL   2007/09/12(Wed) 19:56:46
 日本VSスイス
オシムジャパンのヨーロッパ遠征2試合目はスイスと対戦。オシム監督が「過去最強の相手」と語るようにドイツワールドカップベスト16の強豪を相手にどんな試合を見せるのか? 今日のスターティングラインナップはこちら 1 川口能活(cap) 3 駒野友一 4 田中マルクス闘莉王 21 加地亮 22 中澤佑二 7 遠藤保仁 10 中村俊輔 13 鈴木啓太 16 松井大輔 17 稲本潤一 12 巻誠一郎 スイスボールで始まった前半、10分にFKをマニンが直接決めて先制。...
[日刊魔胃蹴〜毎日書けるかな?〜 ] ×URL   2007/09/13(Thu) 00:51:15
 海外初タイトル
三大陸間トーナメントは最終日。 日本はスイスとの壮絶な打ち合いを制し、4−3で勝利! この結果海外初タイトル奪取に成功した。 前半だけで2点のビハインドを負った日本。 今までの日本ならばこのまま負けてた事でしょう。 しかし今日の日本は違った。 前半とは全く違う日本。 スイスの油断?それともハーフタイムに何か言われた? まずは期待の松井がエリア内で倒されPKゲット! これを俊輔がしっかりと決めて1点を返す。 すると今度はFKからその俊輔のクロスに巻が合わせ同点に追い付く!! 更には巻がエリア内で競った際...
[FSS 〜Fukuoka Sports Stadium〜 ] ×URL   2007/09/14(Fri) 23:40:56

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ Hiroshi@blog ] All Rights Reserved.
http://hiroshiat.blog.shinobi.jp/

COUNTER




忍者アナライズ
忍者ブログ | [PR]
ブログ内検索
スピリチュアルを開発する
占い・開運・風水・パワーストーン

前世療法のCD。
カウンセリングにいけない人や、カウンセリングが不安な人に。
前世療法 催眠療法 催眠暗示 ~魂は何処に行き 何処に還るのか?~

幽体離脱を促すヘミシンクプログラムの日本語版。
調和と平穏を促すヒーリングアイテムとしても。
ヘミシンク ゲートウェイ・エクスペリエンス 日本語版 全6巻セット

最新の7つの脳波同調テクニックを使った特殊な音ファイル、Brain Sound Questシリーズ。
尾底骨の第一チャクラを開発するようにチューニングされています。
チャクラの開発 ~Brain Sound Quest シリーズ3★ブレイン・マシンやヘミシンク手法の7倍の効果で脳波を誘導する
なかのひと
逆アクセスランキング
ブログパーツ