忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ
日本は豪州などとA組 W杯アジア最終予選=差替(スポーツナビ)

(引用ここから)

 【クアラルンプール27日共同】2010年に開催されるサッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会アジア最終予選の組み合わせ抽選が27日、クアラルンプールで行われ、4大会連続4度目の出場を目指す日本はオーストラリア、バーレーン、ウズベキスタン、カタールと同じA組に入った。
 B組は韓国、イラン、サウジアラビア、北朝鮮、アラブ首長国連邦で、日本にとっては比較的恵まれた組み分けとなった。
 9月6日の日本の初戦はアウェーで、3次予選で1勝1敗だったバーレーンと対戦。最大の強敵となるオーストラリアとは来年2月11日にホームで、6月17日の最終戦は敵地で当たる。
 最終予選は各組2位までが本大会出場権を獲得。各組3位チームで5位決定戦を行い、勝者がオセアニア1位とのプレーオフに回る。

(引用ここまで)


ということで、W杯最終予選は、強敵がオーストラリアだけというチョー楽なドローになった日本代表。

だけど、非常に危機感があるのはワタシダケー?(だいだひかるチックに)

戦術が後退してアジアレベルになった日本代表は、ガチで勝負しないとならんわけだ。

そうなると、どの国も(持久力は別として)身体能力は日本より上だから、結構キツイ戦いになるかもしれない。

他の国の立場になって考えると、ゴツイのが揃ってるオーストラリア代表はまず一位抜けするだろうと予想するだろう。

そうすると二位抜けを狙うことになる。

となると、日本を叩かないと上がれないと考えるわけだ。

組織力に優れてるけど身体能力は大したことはないからパワープレーや高速カウンターで潰せると考えるのじゃなかろうか。

ホームでは絶対に日本を叩こうと考えるだろう。

イキオイ、どのチームも日本に対しては必死の姿勢でくるようになるだろう。

3次予選でさえアップアップだったのに、かなーり心配だったりする。

岡田さんは俊輔を酷使して乗り越えようとするだろうけど。
PR
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:
 うん、そうともいうかも。
ウズベキスタンとか謎のチーム扱いですし、シャツキフといういいストライカーがいるんですね。

カタールはエメがいたりするし(国籍問題でガタガタやってましたけど)。

でも、フツーに考えたらやっぱり楽なドローですよ。

中東勢は輸入選手に頼る分、組織力に問題があるのはこれまで対戦してきてわかっていることですし、ウズベクは何度か対戦があったりしますし、アジアカップとかの戦績を見る限りはそんなに強いという印象はないですし、あそこも海外組が多いので、コンビネーションはどうかと思われます。(参考:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%A6%E3%82%BA%E3%83%99%E3%82%AD%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E4%BB%A3%E8%A1%A8)

ユーロ見てると自信がかなり揺らぎますけど、アジアレベルでは日本の組織力はトップだと思っています。

選手の個人能力はかなり見劣りしますけど、逆に組織力の面ではかなり上回ってて、90年代半ばから日本が勝てるようになってきたのは、この組織力をJリーグを中心に磨いてきたからだと思っています。

逆に、イランとか韓国と同じドローだったら、今の日本だったらかなりヤバイです。

これらのチームは組織力もあった上に、ベラボーな個人能力が来るので、今の日本は苦手なタイプなんじゃないでしょうか。

それを考えたら、完全に上目のチームがオーストラリアだけというのは、チョー楽といっていいドローなんじゃないかと思うんです。
管理人 URL 2008/06/28 09:15 *edit
 相手も強い。
いや、ウズベキスタンが強いですよ。あとカタールも南米の選手を連れてきて強くなっています。組織力も日本が一番というわけでもないですよ。ヘタしたらグループ最下位もあります。中村俊輔はどこの国にも通用するでしょうが。
WORLD CUP 2008/06/27 22:00 *edit
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
 W杯アジア最終予選の組み合わせ決定
いつもTBなど当BLOG(約3年半で1300記事を達成)が大変お世話になっております。今後とも当BLOG&別館BLOG&両BLOGからパウンドケーキなどメールで注文が出来るネット通販の方を誠に宜しくお願い申し上げます。
[スポーツ瓦版 ] ×URL   2008/06/27(Fri) 22:39:40

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ Hiroshi@blog ] All Rights Reserved.
http://hiroshiat.blog.shinobi.jp/

COUNTER




忍者アナライズ
忍者ブログ | [PR]
ブログ内検索
スピリチュアルを開発する
占い・開運・風水・パワーストーン

前世療法のCD。
カウンセリングにいけない人や、カウンセリングが不安な人に。
前世療法 催眠療法 催眠暗示 ~魂は何処に行き 何処に還るのか?~

幽体離脱を促すヘミシンクプログラムの日本語版。
調和と平穏を促すヒーリングアイテムとしても。
ヘミシンク ゲートウェイ・エクスペリエンス 日本語版 全6巻セット

最新の7つの脳波同調テクニックを使った特殊な音ファイル、Brain Sound Questシリーズ。
尾底骨の第一チャクラを開発するようにチューニングされています。
チャクラの開発 ~Brain Sound Quest シリーズ3★ブレイン・マシンやヘミシンク手法の7倍の効果で脳波を誘導する
なかのひと
逆アクセスランキング
ブログパーツ