忍者ブログ

今朝のCL決勝はこの一言で済むような気がする。

バイエルン圧倒的有利の状況下、優勝まであと一歩のところで、歓喜を打ち砕くヘディング。

強烈なヘディング。

当たりの出なかったミュラーが交代間際に放ったヘディングも強烈だったが、ドログバのヘディングはキーパーのセーブを吹き飛ばしてのゴール。

さすがの一言。

ミュラーを下げ、専守防衛モードに入ったバイエルンには、同じく当たりの出なかったマリオ・ゴメスと、単独突破を繰り返す両ウィングしか居らず、トーレスを送り込んだチェルシーとの差は歴然。

オリッチの投入も、インパクトを与えられなかった。

そもそも、今期終了後にチームを離れる選手をベンチに入れるということ自体、どうかと思ったね。

数年前には輝きを放った選手と記憶しているけれど、今日の試合にはどうか。

単騎駆けを繰り返す両ウィングを見ていると、宇佐美の方がまだしも活躍できたような気がする。

両ウィングだけなら単発だが、中央に細かいドリブルのできる宇佐美を置くと、少し関係性が生まれて、ディフェンスの混乱を誘発した可能性があったように思った。

むなしい単騎駆けとムーブがなく、確率の低いセンターFWに頼り続けた監督の采配の限界を見たように思う。

チェルシーは逆に、ある程度プラン通りの戦いをしたんではなかったか。

ホームチームに対し、アウェーの戦い方の定石である専守防衛で、時節鋭いカウンターを、強力なセンターFWに依拠して押し進める。

得点は結果論の領域だが、あの強烈なヘディング、そして最後のキッカーとなったドラマを見るにつけ、ドログバという選手の強烈な存在感を改めて確認した気がする。

この試合では、監督の能力差は残酷なまでにピッチに投影されたように思う。

チェルシーがPK戦まで進むのは想定内、バイエルンがPK戦にまでもつれ込むのは想定外だったろう。

ドログバが5人目のキッカーとして登場した時に、それを確信した。

両チームとも、世界でもトップクラスのキーパーであったが、PKストップ数に差がついたのは、想定に入れているか否かというものが多少影響したのではないか。

戦術立案能力、戦力分析能力、いずれにおいても上回ったのはチェルシーで、戦力を冷静に分析して、現有戦力にふさわしい戦い方をしたチェルシーが、運を手繰り寄せて勝った試合だったように感じた。
PR
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ Hiroshi@blog ] All Rights Reserved.
http://hiroshiat.blog.shinobi.jp/

COUNTER




忍者アナライズ
忍者ブログ | [PR]
ブログ内検索
スピリチュアルを開発する
占い・開運・風水・パワーストーン

前世療法のCD。
カウンセリングにいけない人や、カウンセリングが不安な人に。
前世療法 催眠療法 催眠暗示 ~魂は何処に行き 何処に還るのか?~

幽体離脱を促すヘミシンクプログラムの日本語版。
調和と平穏を促すヒーリングアイテムとしても。
ヘミシンク ゲートウェイ・エクスペリエンス 日本語版 全6巻セット

最新の7つの脳波同調テクニックを使った特殊な音ファイル、Brain Sound Questシリーズ。
尾底骨の第一チャクラを開発するようにチューニングされています。
チャクラの開発 ~Brain Sound Quest シリーズ3★ブレイン・マシンやヘミシンク手法の7倍の効果で脳波を誘導する
なかのひと
逆アクセスランキング
ブログパーツ