忍者ブログ

イマイチ不満の残る内容だったペルー戦。

やっぱ俊輔はフィットしてないように感じた。

プレースキックの精度は非凡だし、2得点もそこから生まれたんだけど、流れの中ではイマイチだね。

まず、ポジショニングが中途半端だったから、右の加地が上がれない、中盤の底からも上がって行けない。

本人はというと、私は使う人、とばかりに、敵陣奥深くにいかないから、スペースが生まれない。

それに低い位置でボールを持つ分にはそんなに怖さはない。

スピードがないから突破ができないし、敵陣奥深くなら相手もファールを警戒してるから抜きやすいけど、センターライン近くではファールしてもへっちゃらだから簡単には抜けなくて、サイドチェンジぐらいしかできないからだ。

やっぱ、右ウィングのポジションか、ボランチの位置で配球するか、でしか使えないのかな。

途中からは左に左にと寄っていって、バランスを崩してるように見えた。

左からの突破はできたけど、右からの突破はなくなったし。

ホントなら、加地や啓太とのコンビで右サイドを崩すのが役割なんじゃなかろうか。

そう考えると、今後、俊輔をどこで使うのかというのが問題になりそうな気がするけど。

途中から左サイドに配転して、配球役をやらせると機能し出したのは、なんか、皮肉のように感じた。

セルティックでの攻撃性はどこにいったんだろう。

俊輔が下がって、羽生や家永、水野が入ってきてからは、まあ、相手が疲労してたというのもあるけど、バンバン突っかけて、飛び出してというのがあって、なかなか面白かった。


良かったのは、なんといっても巻のゴール。

努力するものは報われる、というのを地でいったよね。

相変わらずキツイチェイシングやってたし。

これで、心ない批判に晒されることも少なくなるんじゃなかろうか。

いいボールがきたら、ちゃんと点を取れるというのはわかったわけだから。

あと、高原のゴールも素晴らしかった。

左足トラップ、反転しながら右足でシュートなんてカッコ良過ぎ。

高原も結構チェイスやってたのは感心した。

ドリブルしてて、周りに味方が誰もいないと見ると、相手3人に突っかけていってファウルもらったプレーも見事だったし。

少なくとも、高原は日本代表のエースとしてオシムさんに認知されたんじゃなかろうか。


あと、ペルー代表、日本を舐めすぎ。

15人しかいないなんて絶対おかしいよ。

ギャラ半額カットぐらいしないと、これまでもそうだけど、これからも舐められ続けるよ、日本政府みたいに。

誰々を連れて来ないとギャラはこれだけ、とか、キッチリ契約しないといけないよね。

そういう契約事に強い人間が、協会内にいないんだろうね。

少し、スタッフを強化してほしいよね。

元サッカー選手の名誉職だけでは、組織は立ちいかないよ。


関連記事

スポーツナビ
「ボールと人が動くことを意識した」中村俊輔=サッカー日本代表(スポーツナビ) 

「チームの方向性はやっていて面白い」高原直泰=サッカー日本代表(スポーツナビ) 

「もっとスムーズにいきたい」遠藤保仁=サッカー日本代表(スポーツナビ) 

「セットプレーは日本の武器」鈴木啓太=サッカー日本代表(スポーツナビ) 

「出場できたことで自分はいっぱいいっぱい」矢野貴章=サッカー日本代表(スポーツナビ) 

「ボールが来ると確信して走った」駒野友一=サッカー日本代表(スポーツナビ) 

オシム秘蔵っ子が初ゴール 先制点を挙げた巻(共同通信社) 

日本、FKから2点=サッカー・日本代表-ペルー代表(時事通信) 

日本、ペルーに快勝=中村俊2アシスト、高原もゴール-サッカー国際親善試合(時事通信) 

欧州組2人がインパクト 進化は次の段階に(共同通信社) 

オシム日本、07年白星発進 ペルーに2-0(共同通信社) 

【評】中村俊のFKから2得点 日本-ペルー(共同通信社) 

★サッカー日本代表が勝つ 対ペルー代表(共同通信社) 


スポーツ報知
オシム日本、07年白星発進!ペルーに2―0


日刊スポーツ
オシムジャパンが2-0快勝/親善試合 




↓クリックお願いしますっ。
ブログランキング・にほんブログ村へ

HIROSHI@BLOG TOPへ

PR
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      CERTAIN@BLOG TOPへ
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ CERTAIN@BLOG ] All Rights Reserved.
http://hiroshiat.blog.shinobi.jp/

COUNTER




忍者アナライズ
忍者ブログ | [PR]
ブログ内検索
スピリチュアルを開発する
占い・開運・風水・パワーストーン

前世療法のCD。
カウンセリングにいけない人や、カウンセリングが不安な人に。
前世療法 催眠療法 催眠暗示 ~魂は何処に行き 何処に還るのか?~

幽体離脱を促すヘミシンクプログラムの日本語版。
調和と平穏を促すヒーリングアイテムとしても。
ヘミシンク ゲートウェイ・エクスペリエンス 日本語版 全6巻セット

最新の7つの脳波同調テクニックを使った特殊な音ファイル、Brain Sound Questシリーズ。
尾底骨の第一チャクラを開発するようにチューニングされています。
チャクラの開発 ~Brain Sound Quest シリーズ3★ブレイン・マシンやヘミシンク手法の7倍の効果で脳波を誘導する
なかのひと
逆アクセスランキング
ブログパーツ