忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ
PK戦になった瞬間、負けるような気がした。

それでも川口の神通力に期待したが、川口ももう一歩止めきれない。

日本も5人までは何とか決めていたが、6人目の羽生でツキが落ちた。

止められた羽生はかわいそうだったが、PKに持ち込まれた段階で、日本の勝ち目は薄かったように思う。


この試合、遠藤も憲剛も、前へ行く意識は高かったように思う。

だからいいチャンスも作れていた。

だけどもう一歩。

山岸を入れてワントップにしても、中盤で優位を作りきれない。

横パスが多いのを韓国にも分析されて、再三危険なシーンを作る。

韓国は例によっての3トップだが、3人それぞれが強いから、なんとかシュートまでは持ちこめる。

日本のひ弱さとは対照的。

後半、ラッキーにも韓国のDFが退場になり、1人多くなった日本だが、相も変わらず後ろのほうでパスを回すか、横パスしか出せない。

結局、延長に持ちこまれ、延長でもボールは圧倒的に支配しながら、急所をえぐるプレーが全くでないから、韓国に余裕を持って守られる。

もう、延長後半になった時には、半ば諦めの気持ちでTV画面を見ていた。

どうしてファイトしないんだろう。

なんとしても日本には負けないという気迫に溢れる韓国選手に比べ、日本選手は・・・。

中盤でボールを持っても、横か後ろに回すばかり。

前に出すことがほとんどない。

それでは相手も崩れないと思う。

残り時間が厳しくなってくると一転してアーリークロスを連発。

でも、それって前半にやるべきでしょう。

なんか攻撃がチグハグな感が強い。

見てて面白くないというのが率直な印象。

審判の不安定なジャッジも試合を不安定にしてくれたし。

なんで日本とやった国の人間が次々と審判になるのか、AFCのマネージメントのいい加減さを強く感じる。

そのおかげでサウジ戦同様、この試合でも日本は不利なジャッジに泣かされた。

バランスを取ろうとしてか、韓国選手をイエローになるかどうか微妙なジャッジで退場させてくれたのはラッキーだったけど。

その後でさらに不安定になったのは頂けない。

アジアの審判では高いレベルの試合は裁けないのは明白なんだから、少なくとも準決勝以上はヨーロッパから審判を招聘することを真剣に検討すべきだと思う。

でも、そんなことを考えないのもアジアレベル。

だから地域全体として、ヨーロッパや南米になかなか追いつけない。


俊輔はこの試合、出ていなくてもよかったのではないかとさえ思った。

このチームでは、単なるプレーヤーでしかない。

きついプレッシャーがかかった所で仕事ができないというのはW杯で散々見せられたけど、やっぱこの試合でも良さが出てなかったように思う。

プレッシャーを嫌がって下がるから、前の人数が足りず、勢い、チームとして後ろや横のパスが多くなるのではなかろうか。

前目のプレーヤーなんだから、もう少し前でプレーしてほしかったし、セットプレーのキッカーとしてしか機能していないように感じた。

フィジカルの弱いプレーヤーだから、仕方ないといえばそれまでなんだけど。


オシムさんは、ユーゴの代表監督だった時にやったことを、このアジアカップでもやったのではないかとさえ勘ぐってしまう。

優雅なプレーヤーばかりを並べても機能しないということを喧しい人たちに知らしめるということを。


トップは高原というプレーヤーが使えるということがわかったし、中澤のいるバックも、闘莉王が戻ればさらに強くなる。

問題は中盤だと思う。

今の中盤の構成の限界をオシムさんも感じたであろうから、今後は、大きく変えてくるのではなかろうか。

少なくとも俊輔は、距離的な問題から呼ばれることは少なくなるだろうし。


今のようなチームしか作れないのなら、ジェフはもっと弱いチームであったはず。

毎年のようにいい選手を持っていかれながら、オシムさんの時のジェフは戦力を維持しつづけ、ナビスコカップで優勝し、リーグ戦でも上位につけていたということから考えれば、まだまだ引き出しはたくさんあることと思う。

なかなか長い時間指導することのできない代表チームゆえ、思うように指導できていないのだろう。

今回のアジアカップでやったメンバーを中核として、選手を入れ替えながら、チームを進化させていくことだろう。


でも、こんなにストレスのたまるチームは今回限りにしてほしいというのが、私の希望である。


PR
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
 んまぁ現実こんなもんよ
日本代表     韓国に     PK戦で       ヘ(・ω・ヘ)やられた(ノ・w・)ノ                         んだって韓国強いもん    ...
[シロクマのポチ袋 ] ×URL   2007/07/29(Sun) 10:25:48

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ Hiroshi@blog ] All Rights Reserved.
http://hiroshiat.blog.shinobi.jp/

COUNTER




忍者アナライズ
忍者ブログ | [PR]
ブログ内検索
スピリチュアルを開発する
占い・開運・風水・パワーストーン

前世療法のCD。
カウンセリングにいけない人や、カウンセリングが不安な人に。
前世療法 催眠療法 催眠暗示 ~魂は何処に行き 何処に還るのか?~

幽体離脱を促すヘミシンクプログラムの日本語版。
調和と平穏を促すヒーリングアイテムとしても。
ヘミシンク ゲートウェイ・エクスペリエンス 日本語版 全6巻セット

最新の7つの脳波同調テクニックを使った特殊な音ファイル、Brain Sound Questシリーズ。
尾底骨の第一チャクラを開発するようにチューニングされています。
チャクラの開発 ~Brain Sound Quest シリーズ3★ブレイン・マシンやヘミシンク手法の7倍の効果で脳波を誘導する
なかのひと
逆アクセスランキング
ブログパーツ