忍者ブログ

試合終了! 日本、2連敗でグループリーグ敗退(スポーツナビ)


前の米国戦よりはファイトした。

必死さは伝わってきた。

2点差から1点返した。

でも、そこまでで終わってしまった。

日本、グループリーグ敗退。


この試合、細貝、李、安田を投入し、システムは変わらないながら、選手の入れ替えにより活性化を図った日本。

選手の動きは立ち上がりからよかった。

日本はスロースターターという既成概念を覆す動きでナイジェリアを圧倒した。

前半途中からはナイジェリアがペースをつかむも、日本も組織的な守備で対抗し、試合は拮抗した。


前半30分過ぎ。

安田のクロスに谷口。

合わせるだけに終わったシュートがGKに阻まれた。

米国戦の森重のようなイージーなシュートではなかったが、このプレーがターニングポイントになったような気がする。


後半12分、ナイジェリアがゴール。

ペナルティエリア付近で芸術的にパスをつなぎ、シュートまで持ち込むプレーに、日本は対応できなかった。

ナイジェリアの選手たちが集まって喜ぶ姿は、日本に苦しめられたことを示していた。

日本にも、そのすぐあとにビッグチャンスが来たが、そこでも決めきれない。

そしてナイジェリアのカウンターからゴール。

数的優位を作られた末のゴールだから、攻めなければならなかった立場とはいえ、痛かった。

普通ならここで終わった試合。

でも、日本はここから意地を見せた。

豊田がオフサイド気味に抜け出してゴール。

イラン人の主審は若干日本寄りだったのに助けられたゴールとはいえ、すばらしいゴール。

これで一気に攻勢に出られるかと思った。

けれど、やはりもう一歩届かなかった。

豊田がいるのに、単純にハイボールを入れられない日本。

時間がないし、豊田は競り勝っていたのだから、単純にサイドからハイボールを入れてこぼれ球で勝負してもよかったように思う。

そうしたらもっとチャンスができてたんじゃなかろうか。

こねてチャンスができるのならそれもよいが、必ずしもそうでなかったように思う。

形にこだわる日本の弱点がこのあたりに出たように思う。

他の国なら、強いFWがいれば単純にそこに投げたと思うけど、それが出来ないというのが日本のメンタリティか。

戦国時代は世界最強の戦闘力を誇っていた日本人なのに。

そして3分のロスタイムも過ぎ、無情のタイムアップの笛。

日本、グループリーグ敗退。


残念だけど、仕方ない。

振り返れば、米国戦の敗戦がすべてだった。

ナイジェリア戦のパフォーマンスを米国戦で見せていたら、3-0ぐらいで米国に勝ってたと思うけど、最上のパフォーマンスを初戦に見せられなかった日本は、やはり敗れるべくして敗れたんだろう。


戦術的には、本田圭祐の右サイドがやはり疑問だった。

左足しか使えない選手がいきなり右サイドをやるのはやはり少々無理があったかと思う。

セルティックでの中村俊輔のように、左足でゴールに向かうクロスと左足で巻くシュートを期待しての起用だと思うけど、本田にタスクを消化する時間がなかったように思う。

パスはさすがにうまいけど、ゴールに直結するプレーが出なかったことで、本田のよさと怖さが出なかった。

米国戦よりはよかったし、シュートも少しは撃ったが、彼のポテンシャルからしたら物足りない。

左の香川の怖さが、右の本田にも欲しかった。


それと4-2-3-1、あるいは4-4-1-1の布陣なら、攻撃時、両翼はもっと高く張った方がいいのではなかったか。

ユーロのオランダのように。

パスの組み立てに参加するだけで、ゴールへの推進力がなかったように思う。

ワントップは決してディフェンシブなシステムでないと思うけど、日本ではディフェンシブな戦術と思われてしまってるのか、もう一つ、ゴールに向かうプレーがなかったことが、特に初戦の米国に勝てなかった原因、そしてナイジェリア戦であと1点が取れなかった原因の一つになってるような気がする。


日本はあまりにもサッカーの環境がよくなったので、逆に悪条件下での試合では力を出せない傾向がでてきてるようだ。

古くは(古くもない?)サンドニのフランス戦からだと思うけど、今回の五輪も悪条件下のピッチで悪戦苦闘してた。

ナイジェリアも米国もそれなりにサッカーをしていたのは、バッドコンディションでの試合も子供の頃から多く経験してるからなんだろうと思う。

サッカーの環境を整備することは非常に重要だけど、国際試合の会場はそんないいところばかりでもない。

こういうバッドコンディションにどう対応するか、どうサッカーをするかということも、サッカーの進化から考えると逆説的になっちゃうが、そろそろ、真剣に考えてもいいかと思う。



消化試合になってしまったけど、あと1戦残ってる。

金メダルを争おうかというオランダ相手に勝つのは難しいかもしれないけど、有終の美を飾って欲しいと思う。



PR
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
 北京五輪2戦ナイジェリアに負けて予選敗退
北京オリンピック2戦の日本VSナイジェリアは2対1で負けて 日本は予選リーグ2戦で2敗となって予選で敗退が確定だね 試合は後半にナイジェリアが2点を取り日本1点を返すしたけど 日本が2対1でナイジェリアに負けてヤッパ予選で敗退したね 試合はBS1で見....
[スポーツ瓦版 ] ×URL   2008/08/10(Sun) 22:15:48
 反町ジャパン「心」だけじゃ勝てず連敗
負けたら終わりどころか、1点も取れないで終わる可能性もある反町ジャパン。 2連勝を願いつつも、現実的には・・・。 今日は李忠成・細貝・安田がスタメン。 1人2人ならまだしも3人替えるってのは、ここに来て、まだ試行錯誤してる反町ジャパン。 ボッコボコのピッチとなった天津でキックオフ。 開始直後、ナイジェリア選手が倒れてるのに香川がシュート撃ってから、日本がチャンスになる度に大きなブーイング。 うるせーなー審判が流してんだからいーんだよ。 前...
[O塚政晴と愉快な仲間達 ] ×URL   2008/08/10(Sun) 22:53:28
 [北京五輪3日目]反町JAPAN、予選突破の夢消える
北京オリンピック第3日目では、サッカー男子予選リーグ第2戦や男女競泳の準決勝な...
[オレメデア ] ×URL   2008/08/11(Mon) 00:04:37
 夢破れたナイジェリア戦
 北京五輪サッカーのグループリーグ第2戦で日本はナイジェリアに1−2で敗れ、オランダ戦を残して8強進出の望みが消えた。  日本は攻撃の意識が高くほぼ2バック状態で果敢にナイジェリアの両サイドスペースにパスを回し、内田、安田らが起点を作って攻め上がる。しばらくは均衡したゲーム展開だったが、時間が経つにつれてナイジェリアペースに。前半30分には、右サイドを突破され、オデムウィンギに得点をきめられそうになる決定的な場面を作られたが、オデムウィンギのシュートミスで難を逃れた。日本もその直後に左サイドの...
[KILOMAGAZINE ] ×URL   2008/08/11(Mon) 16:11:03
 雨と共に消えた決勝トーナメント行きのチケット 【男子サッカー 北京五輪1次リーグ】
北京五輪男子サッカーの1次リーグ第2戦が10日行われ、B組の日本はナイジェリアに1-2で敗れ最終戦を待たずに予選敗退が決まった。 負ければその時点で予選敗退が決まる日本は前半を0-0で凌いだが、後半2点を先制され、1点を返したものの結局追いつく事が出来な..
[不定期更新のスポーツニュース ] ×URL   2008/08/11(Mon) 23:54:57

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ Hiroshi@blog ] All Rights Reserved.
http://hiroshiat.blog.shinobi.jp/

COUNTER




忍者アナライズ
忍者ブログ | [PR]
ブログ内検索
スピリチュアルを開発する
占い・開運・風水・パワーストーン

前世療法のCD。
カウンセリングにいけない人や、カウンセリングが不安な人に。
前世療法 催眠療法 催眠暗示 ~魂は何処に行き 何処に還るのか?~

幽体離脱を促すヘミシンクプログラムの日本語版。
調和と平穏を促すヒーリングアイテムとしても。
ヘミシンク ゲートウェイ・エクスペリエンス 日本語版 全6巻セット

最新の7つの脳波同調テクニックを使った特殊な音ファイル、Brain Sound Questシリーズ。
尾底骨の第一チャクラを開発するようにチューニングされています。
チャクラの開発 ~Brain Sound Quest シリーズ3★ブレイン・マシンやヘミシンク手法の7倍の効果で脳波を誘導する
なかのひと
逆アクセスランキング
ブログパーツ