忍者ブログ

どうなるかな~、今日で岡田さんも終わりになるかな~なんて期待?しながら見たオマーン戦。

岡田監督解任の期待?前半早々にもろくも崩れた。

遠藤のCKから中沢のボンバーヘッド炸裂。

点取った後の、中沢の鬼の形相が印象的だったし、点とって浮かれそうになった(かもしれない)選手たちに、強烈に活を入れたと思う。

開始からちょっと違うな、と思わせた日本代表だったけど、点を取ってさらにエンジンがかかった。

2点目は俊輔から前線に上がっていた闘莉王にフィード。

それをうまく落として、大久保がきれいに流し込んでゴール。

その後もゲームを完全に支配し、後半早々には、俊輔の3点目のゴール。

必殺の切り返しからの右足シュート。

このゴールが見てて一番痺れた。

4点、5点と取れそうな感じだったけど、後半半ばからはやっぱりペースダウンしてきて、テスト投入もあったりしてその後はゴールなし。

けれど、オマーンの反撃らしい反撃もなかったから、安心して見られた試合だった。


これまでのつまらない試合から一変、今日の日本代表はダイナミックだった。

ボールホルダーの近くで走る選手が出たことと、サイドチェンジがよく決まったことが、このダイナミズムを生み出していたように思う。

これまでの甲府スタイル?のサッカーでは、ちょこちょこショートをつないでいるうちにこう着状態に陥って、そうなるとなすすべなくバックパスで、たまーに決まるみたいな感じだったけど、今日の試合はサイドチェンジのパスがよく決まったから、詰まることが少なかった。

やっぱ遠藤が下がり目でいたことが大きいかな。

ケータは守備はいいけど、長いのがあんまり得意じゃなかったから。

俊輔もサイドチェンジをかなり意識してやってたみたいではあったし。

サイドチェンジで一気に局面を変えられるようになると、縦のパスが決まるようになる。

そして走りこんだときにパスを受けるスペースもできるようになる。

相手も守りにくくなるから、寄せも甘くなる。

そういった好循環ができていたように感じた。

後半半ば以降、サイドチェンジが見られなくなると、攻撃が詰まってきたように感じたし。

守備はこれまでの試合でもそんなに破綻はしてなかったけど、今回は前から守る意識ができて、中盤まででオマーンの攻撃を潰してた。

まあ、2点目以降、オマーンのほうは試合を投げてたから、なんともいえないところだけど。


問題はアウェー連戦なんだよね。

日本代表は昔から内弁慶の傾向が強いから。

オマーンもホームで必死になってくるだろうし、タイはホームだと強いし。

ホームのバーレーン戦は勝ちが計算できるとして、実際のところ、今日の3点差勝利で3次予選突破の可能性はかなり高くなったわけだけど。

この辺は岡田さんに更なる引き出しがあるかどうかによるのかな。


でも、今日の出来でも最終予選を突破できるかというと、かなり微妙な気がする。

本来の日本代表の実力なら、今日の勝利は順当というもの。

今までがあまりにも悪かったから。

ジーコやオシムのときは、アジアレベルなら勝って当たり前的な雰囲気があったけど、岡田さんになってからそんなのが一気になくなったような気がする。

マスコミが騒ぐから、どうにもそれに引きずられがちではあるが、プロリーグ発足以来15年、ヨーロッパにも複数の選手を供給している日本が、このレベルで“勝負”してどうするといいたい。

ドイツのときは最終予選でやっと“勝負”だったような気がするけど。

この分だと、最終予選が天下分け目になっちゃって、W杯がボーナスみたいになっちゃいそうな気がする。

個人的には他の人に監督をやってほしいが、勝ってるうちは更迭は無理だろうし。

このあたりの問題が悩ましくある。

PR
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      CERTAIN@BLOG TOPへ
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:
 無題さんに返信
私の見方と違う人の意見は参考になりますね。
けど、これまでの岡田JAPANと比べたら、やはりサイドチェンジに違いがでたと思いますけど。
これまでの試合のサイドチェンジはパスを何本もつないだ緩慢なヤツ。
これは何回やっても一緒なんです。
守備陣を立て直す時間ができるから。
今回の試合はパス一本というのが何回か見られたと記憶してます。
これをやられると守備はきつくなるんですよね。
これがホールホルダー近くでのフリーランと並び、オマーン守備陣に的を絞らせず、ショートパスがつなげるようになった大きな要因だったと見てます。
終盤になるとサイドチェンジがなくなってきましたけど、疲労の問題とかもあるし、香川のテスト投入もあったので、戦術の実行が希薄になったように感じました。
チームの熟成には、監督の引き出しがどれだけあるかというものが関わってくると思います。
その点で岡田さんには物足りなさを感じます。
基本的にカウンターサッカーの人という認識ですから。
大木さんのサッカーもよかったんですけど、カラーの違うものをどう融合し、昇華していくかが課題になると思います。
それができれば面白くなるんですけどね。

まあ、今後に期待というところではありますけど。
管理人 URL 2008/06/03 09:31 *edit
 無題
今日は試合を通して(流れが良かった時間帯も含めて)サイドチェンジは少なかったように思います。書かれているようにショートパスをつないで突破するという辺りに強く拘っているように見受けました。終盤、俊輔が逆サイドで手を振ってボールを要求していましたが、誰も出す気が無かったところを見ると今日はサイドチェンジで逃げずにショートパスで同サイドを崩しきる攻め方を実戦で試す事が全体の認識だったのだろうと思います。(俊輔は別だったようですが、、、)

チームでの動きを試すチャンスは後3試合ありますので最終予選では良いチームになっていると思います。最終予選では色々試すのは難しいと思いますが、世界に向けたチーム作りの時間は未だ十分ありますので期待して応援しましょう。
iop 2008/06/03 02:59 *edit
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
 ネット通販スタート&6月の初戦オマーンに快勝
いつもTBなど当BOLGお世話になってます。当BOLG本館&別館では作業所で作ってる美味の御菓子をネット通販スタートしまして注文&知名度が低いので周りの方への口コミなど宣伝して頂けると嬉しいです。
[スポーツ瓦版 ] ×URL   2008/06/03(Tue) 10:07:30
 虚を突くプレー&鬼の形相でくせ者を粉砕!! 【サッカー W杯アジア3次予選】
サッカーの2010年南アフリカW杯アジア3次予選が2日、各地で行われた。 グループ2の日本はホーム(日産スタジアム)でオマーンと対戦し、DF中澤のヘッド等で3-0と相手を圧倒し、勝利を収めた。またバンコクで行われたバーレーンとタイの試合は、3-2でバー..
[不定期更新のスポーツニュース ] ×URL   2008/06/03(Tue) 23:10:25
 解任説をぶっ飛ばす
ワールドカップアジア3次予選VSオマーン 日本3−0オマーン 勝てなかったら指揮官更迭も噂されたこの試合。 1点勝負になりそうな気配もあったが、蓋を開けてみたら3点差の快勝! セットプレーだけでなく、流れの中からも得点できたしまずまずの出来じゃなかろうか。 中澤。闘莉王の高さは頼りになるね。 先制点もCKでこの2人の高さは群を抜いてた。 闘莉王に気を取られて、中澤の入るスペースが作れたのも良かった。 2点目も闘莉王の高さを巧く利用したね。 俊輔のロングボールに闘莉王がGKと1対1になるも、右後ろへ落...
[FSS 〜Fukuoka Sports Stadium〜 ] ×URL   2008/06/04(Wed) 00:03:00

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ CERTAIN@BLOG ] All Rights Reserved.
http://hiroshiat.blog.shinobi.jp/

COUNTER




忍者アナライズ
忍者ブログ | [PR]
ブログ内検索
スピリチュアルを開発する
占い・開運・風水・パワーストーン

前世療法のCD。
カウンセリングにいけない人や、カウンセリングが不安な人に。
前世療法 催眠療法 催眠暗示 ~魂は何処に行き 何処に還るのか?~

幽体離脱を促すヘミシンクプログラムの日本語版。
調和と平穏を促すヒーリングアイテムとしても。
ヘミシンク ゲートウェイ・エクスペリエンス 日本語版 全6巻セット

最新の7つの脳波同調テクニックを使った特殊な音ファイル、Brain Sound Questシリーズ。
尾底骨の第一チャクラを開発するようにチューニングされています。
チャクラの開発 ~Brain Sound Quest シリーズ3★ブレイン・マシンやヘミシンク手法の7倍の効果で脳波を誘導する
なかのひと
逆アクセスランキング
ブログパーツ