忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ
J開幕に先駆けて行うゼロックススーパーカップは、鹿島対広島という、何とも違和感ありの組み合わせになった。

リーグ覇者対天皇杯覇者というカードが、鹿島が両方とも取っちゃったために、天皇杯準優勝の広島が繰り上がりとなったらしいが、それにしても違和感あり。

でも、見所もあり。

戦力が充実していた広島の降格は何ともいえない余韻を残したが、駒野らが抜けた代わりに久保らが入った広島が、どれだけJ1のトップクラスのチームを相手にやれるのか。

これに興味があった。


しかし、前半はなんとなく鹿島有利。

やっぱり鹿島と比べると、中盤の力は見劣りするのは仕方ない。

鹿島は小笠原がいるのが強い。

イタリアに行って、フィジカルの強靭さが目に付くようになった。

今日のゲームでアップになるシーンがあったが、肩から首にかけての筋肉の盛り上がりがすごい。

格闘家なみの筋肉。

あれだけ上体の筋肉を付けてたら、大柄な選手に対しても当たり負けしないだろう。

ポジションの絡みか、あまり抜くためのドリブルをしなくなったけど、重戦車ドリブルとかやるようになったら、すぐに日本代表の中核になりそうな気がする。

パスも正確だし、ボール狩りの能力も高いし、「鼻が利く」のがいい。

しかし、鹿島はすぐに奈落の底に落ちる。

気負っていた岩政が、まずは相手チームに対する示威行為的なファウルをやってイエローもらった後、今度はボールを持った相手GKにチャージをかけてボールを奪取しようとしてイエロー、前半早々に退場となった。

鹿島のサポーターもいきり立ったが、しかし、2枚目のイエローもらったプレーは、DFの岩政がやるべきではないプレー。

一枚イエローもらってる身で、やる必要のないプレーをした岩政が悪いと思った。

これで岩政はJ開幕戦も出られなくなるらしいから、鹿島にとってダメージは小さくない。

一人減って、いいハンディになって試合が面白くなったと思ったら、広島もバカなことをやる選手が出てきた。

イ・ハンジェが2枚目のイエローをもらって退場。

前半半ばにして両チームが退場者を出すという、波乱の展開になった。

イ・ハンジェはしかし、どうなんだろう。

2枚目のイエローもらったプレーはイエローかどうか微妙だとも思ったが、どうも反抗的な表情が目に付いた。

ちょっとこのままやってくのは厳しいかな、という印象。(何がというのは控えとく)

しかし、10対10になると、鹿島の優位が目立つようになった。

やっぱパス能力に秀で、トラップの能力に秀でた選手が多いチームは強い。

空いたスペースを使ったパス回しは、鹿島が上回った。

それとセンターバックの攻撃参加の差も大きかったように思う。

岩政の退場でCBに下がった青木が組み立てに参加する鹿島と3バックがほとんど上がらない広島。

数的優位が作れないから、広島は中盤までボールを上げるのすら苦心してたように見えた。

後半、幾分修正されたように思うけど、守備の崩壊でJ2降格の憂き目にあった広島だけに、そのあたりは抑え目にしようという意識統一があったのかもしれない。


前半は0-0で折り返したが、後半早々、試合が動く。

こぼれ球を拾った本山が、きれいなキックフェイントで相手DFをかわしてビューティフルゴール。

本山の技術の高さが生きたゴールだった。

そのすぐ後に野沢もゴール。

これで勝負あったと思った。


しかし、ドラマはここからだった。

ペトロヴィッチ監督は、すぐに久保を用意する。

まずまずのプレーを見せていた平繁に代わって久保投入。

前線はやや活性化した。

さらに新加入のユキッチも投入。

この監督の采配が冴えたのはこの場面。

ボランチの青山を下げてユキッチを入れるという勝負に出た。

さすがはオシム門下生と唸ったところ。

ひそかに思っていたことをやってくれたから、もううれしくなって、以後は広島寄りの見方になったぐらいだった。

久保とユキッチが入った広島は、前線が明らかに活性化した。

久保はトップフォームにはないものの、スペースへの飛び出しや、ありえない身体能力でボールに絡んだりして、徐々に鹿島のDFにプレッシャーかける。

ストヤノフも積極的に攻撃参加をやり出し、中盤での勢いを生み出す。

そして、驚きはユキッチ。

強靭なフィジカルで相手をなぎ倒しながら前へ進む力は凄い。

そして意外にうまいこと。

ユーゴの流れを汲むと考えたら納得はいくけど・・・。

言葉の問題のあるクロアチア人だから(セルボ=クロアティア語とかドイツ語とか、あるいはロシア語とかしゃべれる日本人選手がいるとは思えないので)、ストヤノフ同様、チームにフィットするまで時間がかかりそうな気がするけど、フィットしたら、広島はJ2でブッちぎりをやりそうな気さえする。

それでも2点のビハインドは重かったが、久保が(たぶん)微妙な判定でPKをもらうと、一気に流れは広島に傾いた。

後半も終了近くなったときに佐藤寿人がゴール。

ヘッドを泥臭く合せ、山なりの軌道を描いたボールが、キーパーの逆を衝いてゴール。

佐藤らしいゴールといえるけど、このチームにあえて残留した佐藤の思いを感じて泣けそうになった。

その後は攻め合いをやりながらもゴールは割れずにタイムアップ。

PK戦となった。

PK戦は審判が目立った。

最初に鹿島が一人PK失敗し、有利になった広島。

2人目の広島・ストヤノフが失敗させるが、GK曽ヶ端が動いたという理由でやり直し、きっちり決めてリードを守る。

そして3-3で迎えた広島5人目、佐藤寿人。

またも曽ヶ端に止められるが、これまた曽ヶ端が動いたということでやり直し。

やり直しをキッチリ決めて、広島優勝。

すっきり、とはいかなかったけど、広島の優勝には、大きな意味があると思う。

新戦力の久保とユキッチが使えることと、ペトロヴィッチ監督の采配の冴え。

中盤がやや弱い気がするけど、J2では圧倒的な強さを見せるかもしれない。

こうなると、何で落ちたかということにもなるが、代表や五輪、ワールドユースに重要な選手を取られることが頻繁にあって、リズムを崩したのが原因だと見てるから、比較的選手を取られにくいJ2(それでも五輪には選手を取られそうだけど)なら、チームのリズムは守れそうな気もする。

鹿島は、柳沢とファボンが抜けて伊野波が入ったぐらいで、昨年と選手の顔ぶれはほとんど代わらないだけに、あとはローテーションをどうするかということを含めて監督の手腕ということになるか。

彼の手腕は実証済みだけに、ACLを睨んでうまく選手を回せれば、今期も優勝争いに絡みそうな感じがする。


この試合、一番目立ったのは審判だった。

3度のPKやり直しは必ずしも主審だけの問題ではないけど、ゲーム中も笛に安定感がなくて、判断基準も一定でないように感じた。

鹿島の選手がエキサイトし、鹿島のサポーターがエキサイトしたのもわかるような気がする。

たまたま点に絡むシーンで鹿島に不利な判定が続いたから目立ったように見えるが、広島の選手へのファウルや警告も、かなり不安定だったように見えた。

このあたり、笛の国際基準とJリーグ基準の差の問題も含め、今後、Jリーグが本腰を入れて取り組んでいかないといけない問題だと思う。

まだ、日本のサッカー文化は成熟したとはいえないと思う。

それを定着させ、成熟させるのに、Jリーグは大きな役割を果たしているわけだし、ゲームをコントロールする審判の質は、リーグの盛衰に大きく関与する問題だとも思うから。
PR
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
 ゼロックス杯は広島がPK勝利で制覇
ゼロックススーパーカップ鹿島VS広島で天皇杯と同カードだけど 広島が2対2からPK4対3で勝利してゼロックスを制覇したね 試合は前半から両チーム1人の退場者を出して0対0で終了して 後半に鹿島が2点を取って広島が2点を取り返し2対2で終了して PKで勝....
[スポーツ瓦版 ] ×URL   2008/03/02(Sun) 07:33:46
 シーズンの幕開け!
いよいよ2008年のシーズンがスタートですね。 2008ゼロックススーパーカップ サンフレッチェ広島 2(PK4-3)2 鹿島アントラーズ Jリーグの2008年シーズンの到来を告げるスーパー杯。今年はJ1×J2という珍しい対戦になりました。鹿島の横縞のユニも珍しいですが(笑)。 試合は前半のうちに両チーム一人ずつ退場者を出すという荒れた展開。イエロー1枚もらってるのに岩政の相手GKに対してのプレーは不用意としか言いようがありません。これといった見せ...
[雲の上からHello! ] ×URL   2008/03/02(Sun) 11:42:17
 コッパ・ゼロックス。
その男「家本政明」曖昧につき。。。 リーグが自信を持って送り出すスペシャルなレフリー。 しかし、彼が笛を吹くとタダでは終わらない。コトが多い。 本日は前半で退場者2人に、PK戦含めてPKのやり直し3回。おそろしや〜 研修の効果はもはや切れた。クスリを飲....
[キングのオキラク蹴球記 ] ×URL   2008/03/02(Sun) 12:30:32
 KYなのは誰?ゼロックスS杯
残念ながら試合は観れませんでした。 そもそも今年のゼロックスS杯をやる意義がよくわかりません。 J1優勝チームとJ2降格チームとの対戦で、天皇杯決勝の再戦。 で、予想通り結果は・・・ん?あれ? 鹿島 2(3PK4)2 広島 窮鼠猫を噛む(というか矢で鹿を狩る?)みたいな事でしょうか? しかも広島が2点追い付いてる(え?ドラゴン久保が広島?)。 ってか、前半に退場者1人ずつ・・・主審・家本かーっ! で、日テレの放送枠に入ったの? な...
[O塚政晴と愉快な仲間達 ] ×URL   2008/03/02(Sun) 12:35:48
 大荒れ
第15回ゼロックススーパーカップ アントラーズ2−2サンフレッチェ(PK3−4) サンフレッチェ初優勝おめでとう! 2008年のJリーグ開幕を占うこの試合。 両チーム併せてカードが11枚乱れ飛ぶ事に。 その結果岩政が前半12分に、李が前半38分にイエロー2枚で退場。 更にはPK判定への抗議で大岩にレッド。 アントラーズサポーター乱入という騒ぎにまで発展してしまった。 そもそもこの試合を裁いた家本主審。 カードを出す事で有名ですよね。 アビスパもそのせいで泣いた事があります。 笛自体に問題なくても、不要...
[FSS 〜Fukuoka Sports Stadium〜 ] ×URL   2008/03/02(Sun) 20:37:59
 ゼロックスSC J2のサンフレッチェが初優勝
J2のチームが Jリーグ優勝チームと天皇杯優勝チームによる最終決戦 ゼロックス・スーパーカップを制するのは快挙である。 これには、素直の賞賛を贈りたい。 とは言え、それ以前にゼロックスSCがなんでこの両チームでの決戦やねん とつっこみたくなるカードである。 確かに制度上は、最後脅威の追い込みでJリーグを制したアントラーズが その勢いで天皇杯まで優勝してしまったので、 その相手は天皇杯準優勝のサンフレッチェである。 しかし、この場所に ACL覇者であり、世界3位のクラブチームであるレッズも、 ナビスコ杯...
[しっとう?岩田亜矢那 ] ×URL   2008/03/02(Sun) 22:26:45
 最後まで大荒れのゼロックススーパーカップ 広島が鹿島にリベンジ!
2008年のJリーグの行方を占う一戦、ゼロックススーパーカップが国立競技場で行われました。今年はJリーグと天皇杯の2冠を制した鹿島アントラーズと天皇杯準優勝チームで今季はJ2のサンフレッチェ広島の対戦です。大会史上初となるJ1VSJ2対決は、最後まで大荒れの展開となりました。 前半12分に鹿島DF・岩政大樹がこの日2枚目の警告で退場処分となります。広島は28分に森崎浩司がミドルシュートを放ちましたが、GKにキャッチされ無得点。34分、鹿島は立て続けに決定的な場面を迎えます。田代有三と野沢拓也がシュート...
[日刊魔胃蹴 ] ×URL   2008/03/02(Sun) 22:32:54
 コッパ・ゼロックス。
その男「家本政明」曖昧につき。。。 リーグが自信を持って送り出すスペシャルなレフリー。 しかし、彼が笛を吹くとタダでは終わらない。コトが多い。 本日は前半で退場者2人に、PK戦含めてPKのやり直し3回。おそろしや〜 研修の効果はもはや切れた。クスリを飲....
[キングのオキラク蹴球記 ] ×URL   2008/03/03(Mon) 13:15:10

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ Hiroshi@blog ] All Rights Reserved.
http://hiroshiat.blog.shinobi.jp/

COUNTER




忍者アナライズ
忍者ブログ | [PR]
ブログ内検索
スピリチュアルを開発する
占い・開運・風水・パワーストーン

前世療法のCD。
カウンセリングにいけない人や、カウンセリングが不安な人に。
前世療法 催眠療法 催眠暗示 ~魂は何処に行き 何処に還るのか?~

幽体離脱を促すヘミシンクプログラムの日本語版。
調和と平穏を促すヒーリングアイテムとしても。
ヘミシンク ゲートウェイ・エクスペリエンス 日本語版 全6巻セット

最新の7つの脳波同調テクニックを使った特殊な音ファイル、Brain Sound Questシリーズ。
尾底骨の第一チャクラを開発するようにチューニングされています。
チャクラの開発 ~Brain Sound Quest シリーズ3★ブレイン・マシンやヘミシンク手法の7倍の効果で脳波を誘導する
なかのひと
逆アクセスランキング
ブログパーツ