忍者ブログ

浦和、準決勝でミランと対戦へ セパハンに3-1で快勝=クラブW杯準々決勝詳細 (スポーツナビ)
浦和が3-1で快勝 準決でACミランと対戦=差替 (スポーツナビ)


相馬が何度もサイドを突破した。

ネネはセパハンの戦術を打破するカバーリングを見せた。

この二人で勝ったような試合だと感じた。


この試合、セパハンは両サイドに長身のプレーヤーを張らせ、サイドに基点を作って攻めるプランで挑んだ。

だが、試合開始早々に、このプランは破綻した。

上述の左サイドの二人が大活躍したからだ。

特に相馬は、この試合で浦和が終始見せたアグレッシブなスタイルをリードする働きを見せた。

何度もサイドを突破し、セパハンゴールを脅かす。

おかげで中盤の底に陣取った二人がずいぶん楽になっただろう。

ネネは完全に相手の9番、ハディ・ジャファリを抑えてた。

後半、俊足FWのカリミが投入されてからは、やや分が悪かったが、それでもすぐに順応し、相手FWを抑えきったのは見事だった。

ケータと阿部のボランチコンビは鋭い出足で何度もインターセプト。

特にケータの働きは出色。

永井のゴールまで、ずいぶん時間がかかったが、それでも浦和の優位が崩れることはなかった。

2点目のワシントンのゴールは素晴らしかった。

ネネといい、ワシントンといい、来期は浦和にいない可能性の高い二人が活躍するとは・・・。


Jリーグ終盤戦の失速は、やはり蓄積疲労だったのだろう。

この試合、浦和の出足の速さが光った。

常に相手より早く反応し、ボールを「手の内」に入れていたように思う。

セパハンがなすすべもなく敗れたのもむべなるかなと思われる。

セパハンは、戦術ミスが痛かった。

闘莉王が出た後、手薄になるサイドを、長身プレーヤーへのロングボールで破ろうという戦術だったのだろうが、それがうまく機能しなかった。

後半、カリミを投入してからいくらか活性化したが、既に流れは浦和のものだった。

でも、最初からカリミが出ていたとしても、この試合は浦和のものだったろう。

コンディションにかなり差が見られたように思う。

監督をはじめ、数人の選手がインフルエンザにかかったセパハンと、ポンテは離脱したが、休養十分の浦和。

勝敗はある程度決していたのだろう。

浦和は、ポンテの不在を逆手にとって、全員でサッカーをしていたのが勝利につながったように思う。

久々に見た強い浦和。

ACミランとの真剣勝負が楽しみになった。



PR
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      CERTAIN@BLOG TOPへ
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
 浦和レッズ セパハンを降しACミランとの準決勝へ
浦和レッズ セパハンを降しACミランとの準決勝へ
[アマデウスの錯乱? ] ×URL   2007/12/10(Mon) 23:22:32
 浦和快勝 次はミラン戦 動画あり
浦和、ミランと対戦へ セパハンを3-1で下す=クラブW杯準々決勝 サッカーのクラブ世界一を争う「TOYOTA プレゼンツ FIFA クラブワールドカップ ジャパン 2007」(以下、クラブW杯)は10日、愛知・豊田スタジアムで準々決勝第2戦を行い、アジア王者の浦和レッズ(日..
[zara's voice recorder ] ×URL   2007/12/10(Mon) 23:45:21
 CWCレッズ見参!2度あることは・・・
日本サッカーにとって歴史的な1戦。 ついに辿り着いた世界の舞台。 でも、月曜日の豊田スタジアム。 これは、TOYOTAの三菱に対する嫌がらせかと(笑)。 スタメン GK 都築 DF 闘莉王・坪井・ネネ MF 細貝・啓太・長谷部・阿部・相馬 FW 永井・ワシントン ベンチに伸二・山田 なんとか無失点に抑えて、誰かの一発に掛けるしかないような・・・(弱気)。 セパハンもナビドキア発熱?でカリミ温存、GKも控え。 監督もインフルエンザだとか・...
[O塚政晴と愉快な仲間達 ] ×URL   2007/12/11(Tue) 06:13:08
 クラブWカップはレッズ勝利でACミラン戦へ
クラブWカップの浦和レッズVSセパハンは浦和レッズ勝利して 決勝に進出を掛けて13日のACミラン戦だけど凄く楽しみだよ アジア王者の浦和レッズVSアジア2位にセパハン戦だったけど 3度目の対戦でレッズが3対1で勝利しACミラン戦に進んだね 試合は前半....
[スポーツ瓦版 ] ×URL   2007/12/11(Tue) 10:05:54
 浦和レッズがセパハンに快勝!さあ次はACミラン戦だ
遂に日本のクラブが世界に挑戦!FIFAクラブワールドカップの準々決勝・AFC王者の浦和レッズVSACL準優勝のセパハン(イラン)が、10日・豊田スタジアムで行われました。これが3度目の対戦となる両者、対戦成績は浦和の1勝1分けです。レッズはACL制覇後調子を落としていましたが、1週間以上試合が空いたことで、精神的と肉体的においてリフレッシュできたと思います。 この試合に勝てば準決勝でACミランと対戦。何としてでもミランへの挑戦権を獲得したいものです! この日の浦和レッズのスタメンはこちら。 GK 2...
[日刊魔胃蹴〜毎日書けるかな?〜 ] ×URL   2007/12/11(Tue) 13:55:52
 甦ったアジアチャンピオンの輝き!! 【サッカー クラブW杯準々決勝】
サッカーのクラブ世界一決定戦、FIFAクラブワールドカップジャパン2007の準々決勝浦和レッズ×セパハン(イラン)が10日、豊田スタジアムで行われ、アジア代表として出場した浦和が3-1でセパハンを下し準決勝に進出した。 勝った浦和レッズは13日の準決..
[不定期更新のスポーツニュース ] ×URL   2007/12/11(Tue) 23:59:36

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ CERTAIN@BLOG ] All Rights Reserved.
http://hiroshiat.blog.shinobi.jp/

COUNTER




忍者アナライズ
忍者ブログ | [PR]
ブログ内検索
スピリチュアルを開発する
占い・開運・風水・パワーストーン

前世療法のCD。
カウンセリングにいけない人や、カウンセリングが不安な人に。
前世療法 催眠療法 催眠暗示 ~魂は何処に行き 何処に還るのか?~

幽体離脱を促すヘミシンクプログラムの日本語版。
調和と平穏を促すヒーリングアイテムとしても。
ヘミシンク ゲートウェイ・エクスペリエンス 日本語版 全6巻セット

最新の7つの脳波同調テクニックを使った特殊な音ファイル、Brain Sound Questシリーズ。
尾底骨の第一チャクラを開発するようにチューニングされています。
チャクラの開発 ~Brain Sound Quest シリーズ3★ブレイン・マシンやヘミシンク手法の7倍の効果で脳波を誘導する
なかのひと
逆アクセスランキング
ブログパーツ