忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ
【評】日本は勝ち越せず 日本-韓国評(スポーツナビ)

何とも感想に乏しい試合というのが印象。

日本は攻撃に見るべきものがなかった。

センターバック2人で2トップを見るほど攻めながら、ぜんぜん攻めた感じがしないのはなぜだろう。

人数をかけても、動きがないから崩せないのかと思う。

ボールホルダーの前や後ろにに人はいても、横や斜めに人がいないから、もうひとつキレのあるパスが出ないような気がする。

それとボールの受け手が動かない。

ボールホルダーが止まってしまったときは、ボールの受け手が動かないと相手の守備陣を崩すのは難しいと思うけど、それがなかったように見える。

ドリブルで攻め入ろうという意識が出てきたのは進歩だけど、もうひとつの積み上げがほしいように感じた。

この先は監督の力量による部分が大だと思うし、だからこそ一流の監督はあちこちから引っ張りだこになるのだし、オシムさんが今年やりたかったのはその辺りだと思うけど、岡田さんには、その部分の引き出しがあるのかどうか・・・。

この3試合を見る限りでは、少々悲観的になってしまう。

ショートパスで崩していく大木さんのサッカーは非常に面白いと思う。

だけど、それだけではやはり勝てないと思うし、何かが必要なのだと思う。

そのエッセンスをつけられるのは誰だろう。


この試合では、韓国のよさが目立ってたように感じる。

対人能力の高さは韓国のお家芸だけど、サッカー脳も今日の試合はよかったように感じた。

1対1で高い確率で勝てて、FWとかボールの受け方がよくて、けっこうマイボールにできる。

横や斜めのサポートがあるから、中盤でパスがつながって時間を作れ、その間にスペースに動く。

この繰り返しで前にいける。

だから、少ない人数しかかけていない攻撃でも、得点の気配を感じさせる。

選手個々の技量だけ取ってみると、多分日本のほうが高いと思うけど、試合をやってるときはそう感じないのは、技量の生かし方が違うのだろうかと考えてしまった。


日本の強みが運動量なら、どういうポジショニングをするのがいいのか、もうちょっと考えたほうがいいのではないかと思った。

今の、みんなが前へ前へだけのサッカーでは、強敵と伍するのは難しいように思う。

今回の韓国代表は2軍という話だけど、コチラも2軍(or1軍半?)とはいえ、こんなサッカーで大丈夫かな?

目立ったのが中沢と今野というのが、この試合を象徴しているような気がする。


次のW杯予選までに時間があるが、日本代表のスタッフがどのように戦術を修正してくるか。

私の興味はこの一点に絞られるかも。


東アジア選手権など、正直、今回限りでもかまわないとも思う。

中国とか北朝鮮とか、レベルの低いラフプレー好きのチームとやっても得るものは少ないし。

でも、韓国とは定期的に試合をやってもいいかな。

年数回とか、交流戦みたいな形でやっていけば、日韓交流にもなるし、互いのレベルアップにも寄与するところ大のような気がする。

それとオーストラリア。

アジア連盟に入ってきたこのアングロサクソン(だけじゃないけど一応)の国とマッチアップしない手はない。

時差もほとんどないから遠征の疲労は少ないし。

国内組限定でも、ごつい白人プレイヤーとやって、間合いをつかめるメリットは大だと思う。

この辺は協会がどう考えるか。

商売だけでなく、強化も考えてほしいところではある。



PR
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
 岡田ジャパン、韓国にドローでタイトル逃す
けが人等が続出しているところに、カンフーキックや首締めもある異次元のサッカーのダメージも加わって厳しい戦いが続く東アジア選手権もいよいよ最終戦、永遠のライバル韓国と対戦した。 初タイトルを獲得するためには韓国に勝たなくてはいけないが、前半15分にヨム・ギ..
[TORACCHO'S ROOM E-Package ] ×URL   2008/02/23(Sat) 22:45:58
 [東アジア選手権]約1.5軍対決
放送権を取ったからには無理からでも何でも盛り上げないといけないという気持ちは分からないではないですが、どこからどう見てもTBSは空回りし倒してるのが明らかな東アジア選手権男子の最終日。日本はもともと1軍半近かった代表にさらに怪我人が出て1.6軍ぐらいに...
[BBRの雑記帳 ] ×URL   2008/02/23(Sat) 22:50:01
 日本、優勝を逃す・・・
逆転しそうな気もしてたんだけどなぁ。 東アジア選手権・男子 日本 1-1 韓国 日本は中国戦と同じ4-5-1。跳び蹴りを食らった安田の代わりは橋本でした。安田に続いて、まさかの2列目起用。ハッシーの初先発は嬉しいけど、いまいち意図が読めませんね。 前半、五分五分の立ち上がりに見えましたが、15分に左サイドを崩されて先制を許す。こうなると韓国は無理をして攻めてこなくなります。この辺は試合巧者ですね。韓国ペースで進む中、日本も中村のミドルや内田の切り込みでチャンスをつ...
[雲の上からHello! ] ×URL   2008/02/23(Sat) 22:55:37
 またしても優勝ならず
第3回東アジア選手権 日本1−1韓国 またしても優勝できなかった。 勝ちきれない、得点しきれない所に敗因はあるのだろう。 怪我人などの要因はあれど、まだまだ実力不足を露呈した結果となった。 でも他の国も大小あれど、似た様なものであったけども。 試合に関しては、またしても山瀬が決めてくれた! ああいったミドルレンジからのシュートは本当に巧いよね。 そして良いタイミングで走り込んで来るし。 今日本で得点の匂いを感じさせるのは山瀬ぐらいなんですかねぇ。 この試合もそうやったけど、決めれる時に決めれてないの...
[FSS 〜Fukuoka Sports Stadium〜 ] ×URL   2008/02/23(Sat) 22:57:50
 ドローで喜ぶなよ韓国
雪が溶けて川になって、東京は春一番です(古すぎ)。 今日は、外にいたらカラダじゅう砂まみれでザラザラでした。 もうすぐ春ですね。恋をしてみませんか? ということで、中国に対し東アジア・サッカー連盟から罰金が科せられました。 でも、韓国戦・日本戦での警告の多さに対してだけで、笛を吹かなかったラフプレーと主審に対してはほぼスルーっぽい。 んじゃ次はAFCとFIFAに要望書出して下さい>大仁団長。 本題に入ります。 今日はいろいろあった東アジア...
[O塚政晴と愉快な仲間達 ] ×URL   2008/02/23(Sat) 23:25:29
 初タイトルならず。
東アジアサッカー選手権は男子が最終日。ここまで1勝1分け・勝ち点4の男子日本代表(岡田JAPAN)の最終戦の相手は、同じ勝ち点4の韓国と対戦。日本は優勝するためには、この試合を勝つしかありませんでした。 勝ったほうが優勝が決まる大一番の結果は、1−1の引き分けに終わり、岡田JAPANの優勝は無くなりました。試合は序盤韓国ペースで進み、3分にはキム・ナミルがミドルを放ちましたがGK川口がキャッチします。しかし15分、左サイドのクロスにヨム・ギフンの左足ボレーが決まり先制されてしまいました。 先制された...
[日刊魔胃蹴 ] ×URL   2008/02/24(Sun) 02:02:57
 岡田ジャパンの救世主、またゴールを決める!!でも、タイトルには・・・。 【サッカー 東アジア選手権】
サッカーの東アジア選手権の第3戦が23日、中国の重慶で行われた。 この試合で勝たないと優勝する事が出来ない日本代表は宿敵韓国と対戦し、前半先制されたものの、後半23分MF山瀬の2試合連続ゴールで同点に追いついた。その後、FWを3枚にする等攻め立てたが..
[不定期更新のスポーツニュース ] ×URL   2008/02/24(Sun) 06:42:11
 東アジア3戦目は韓国にドローで制覇ならず
東アジア選手権の3戦目である日本VS韓国は1対1のドローで 今回も東アジア選手権は日本が制覇する事が出来なかったね 試合の前半は日本が1失点し韓国の守備を破れず1対0で終了し 後半は日本が山瀬のゴールで同点も1対1のドローで終わった 試合はIQサプリ....
[スポーツ瓦版 ] ×URL   2008/02/24(Sun) 09:19:08
 傷だらけのジャパンブルー。
山瀬のスーパーミドルが炸裂して、希望の光が射したけれど、 惜しくも後一歩及ばず無念のドローにて、東アジア選手権が幕を閉じたのだった。以上。。。 90分があっという間だった。優勝してほしかった。 負けてはいないのに漂う敗北感。1位以外ならもう後はいっしょ....
[キングのオキラク蹴球記 ] ×URL   2008/02/24(Sun) 13:15:30
 タイトル獲得ならず
東アジア選手権3戦目。勝てば優勝、だったのだが、韓国相手に1-1のドローに終わった。 早い時間に失点したことといい、セカンドボールが拾えない、不用意なパスを出す、などで押し込まれる場面が多くあまり勝てるような雰囲気には無かった。 中村憲剛のシュートがポスト..
[勝手な言い分 ] ×URL   2008/02/25(Mon) 13:34:22

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ Hiroshi@blog ] All Rights Reserved.
http://hiroshiat.blog.shinobi.jp/

COUNTER




忍者アナライズ
忍者ブログ | [PR]
ブログ内検索
スピリチュアルを開発する
占い・開運・風水・パワーストーン

前世療法のCD。
カウンセリングにいけない人や、カウンセリングが不安な人に。
前世療法 催眠療法 催眠暗示 ~魂は何処に行き 何処に還るのか?~

幽体離脱を促すヘミシンクプログラムの日本語版。
調和と平穏を促すヒーリングアイテムとしても。
ヘミシンク ゲートウェイ・エクスペリエンス 日本語版 全6巻セット

最新の7つの脳波同調テクニックを使った特殊な音ファイル、Brain Sound Questシリーズ。
尾底骨の第一チャクラを開発するようにチューニングされています。
チャクラの開発 ~Brain Sound Quest シリーズ3★ブレイン・マシンやヘミシンク手法の7倍の効果で脳波を誘導する
なかのひと
逆アクセスランキング
ブログパーツ