忍者ブログ


身長-体重=100。

ボディバランスが良くて当たりに強い選手は大体このぐらいなんだよね。

マンチェスターユナイテッドの前線はほとんどそうだし、日本人でも大久保なんかもそう。

ルーニー:身長 179cm 体重 78kg
ロナウド:身長 186cm 体重 84kg
テベス:身長 168cm 体重 68kg

大久保:身長 170cm 体重 73Kg

マンUの後ろも

ファーディナンド:身長 191cm 体重 87kg
エブラ:身長 174cm 体重 70kg
ヴィディッチ:身長 189cm 体重 88kg

いずれもWikipediaより。

身長が高くなるほどこの関係性は薄くなるけど、多数値である170~180cm台半ばぐらいまでは、大体この関係性が成立するように思う。

日本の選手というのは逆に、身長-体重=110ぐらいの選手が多いように思う。

昨日マンUとやったガンバの選手で言うと

安田ミチ:身長 173cm 体重 65kg
山崎:身長 174cm 体重 68kg
橋本:身長 173cm 体重 68kg
播戸:身長 171cm 体重 65kg
山口:身長 178cm 体重 73kg
中澤:身長 188cm 体重 79kg

遠藤:身長 178cm 体重 75kg


この辺が当たりの強さと関係すると思う。

遠藤はけっこうやれたのはその辺かな。

1試合で10km、ベッカムとか俊輔になると10km台前半を走るサッカーの場合、体重増はきつくなる。

マラソンランナーがスラリとした体格をしてることを見ても、余分な筋肉を付けるのはマイナスになる。

駆動エネルギーが大きくなるから。

けれど、コンタクトスポーツであるサッカーの場合、ある程度の筋肉の鎧(重しか?)は必要だという気もする。

日本のサッカー選手もウェイトを付けていくと、屈強なヨーロッパの選手とやっても当たり負けしなくなるのかもしれない。


     


PR
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ Hiroshi@blog ] All Rights Reserved.
http://hiroshiat.blog.shinobi.jp/

COUNTER




忍者アナライズ
忍者ブログ | [PR]
ブログ内検索
スピリチュアルを開発する
占い・開運・風水・パワーストーン

前世療法のCD。
カウンセリングにいけない人や、カウンセリングが不安な人に。
前世療法 催眠療法 催眠暗示 ~魂は何処に行き 何処に還るのか?~

幽体離脱を促すヘミシンクプログラムの日本語版。
調和と平穏を促すヒーリングアイテムとしても。
ヘミシンク ゲートウェイ・エクスペリエンス 日本語版 全6巻セット

最新の7つの脳波同調テクニックを使った特殊な音ファイル、Brain Sound Questシリーズ。
尾底骨の第一チャクラを開発するようにチューニングされています。
チャクラの開発 ~Brain Sound Quest シリーズ3★ブレイン・マシンやヘミシンク手法の7倍の効果で脳波を誘導する
なかのひと
逆アクセスランキング
ブログパーツ