忍者ブログ

アジアカップで日本はPK戦の末、1年前に屈辱的な敗戦を喫した相手、オーストラリアを下した。

試合前、オーストラリアのスタメンを見た時、オーストラリアは少し、策に溺れたかなと思った。

ビドゥカとアロイージの2トップ。

フィジカルで押してこようとする、わかりやすいキャスト。

でも、キューウェルを最初から使われた方が日本としては嫌だったと思う。

後半途中からアロイージだと、相当にキツかったはず。

それでも試合開始当初はかなり押され、何度か危ない場面も作っていた。

このときに失点していたらズルズルいっただろう。

ここを持ちこたえ、徐々に徐々に逆襲に転じていく日本。

前半を押し気味に終わった時点で、勝利を確信していた。

実際、後半開始当初は日本のペース。

しかし、中盤のパス回しが危なっかしく、何度かかっさらわれてはピンチを招く。

そして悪い流れの中でコーナーからの失点。

ビドゥカが下がり、ホッとした所をやられたような失点。

決めたのは、1年前のオーストラリア戦で決定的な3点目を挙げた(にっくき)アロイージ。

デカイ、強いプレイヤーがいるとやはりセットプレーはキツイ。

振り切られた巻は責められないと思う。

ああいう危険なFWには、DFかMFが付くべきだと思う。

中澤が気落ちする選手たちを鼓舞する姿が悲愴に見えた。

だが歓喜は数分後に。

巻が競り、DFがミスキックしたこぼれ球を高原がうまくコントロールして渾身のシュート。

ボールはポストに当たってネットを揺らす。

さらに、1年前の試合で俊輔を潰したグレッラが高原への悪質なファールで一発レッド。

これで勝てる、と思ったのもつかの間、一気にペースダウンする日本。

数的有利をつかんだことで、逆にリスクを犯すことが出来なくなったように見える。

バイタルエリア前でのボール回しに終始し、相手を崩すプレーがほとんど見られなくなる。

ここで水野とか入れて、相手に突っかけるドリブルをガシガシやらせたら、一気に試合が決まるのに、と思いながら見ていた。

オーストラリアはビドゥカに代わってキューウェルを入れた後、ケーヒル、カールと、立て続けにカードを切るが、やはり数的不利が響いたのと、フィジカルにすぐれた2トップを下げたために、タメが作れない。

キューウェルが時節、カウンターのドリブルをしかける程度で、それほど有効な攻撃をしかけることは出来なくなった。

日本の交代も、90分では傷んだ加地に代えて今野だけ。

予定調和のように延長に入っていった。

延長に入ってからは圧倒的に日本が攻めるが、もう一歩斬りこむプレーがない。

やはり、リスクを犯すことに対して躊躇する意識が芽生えているように感じた。

試合終了間際、中澤が上がり、やっとロングボールで勝負し出したが、決定的なチャンスをつかめずに終わった。

延長に入ってからの日本は、佐藤寿人、矢野貴章とFWのコマを投入するが、ボールに絡むこともままならなかった。

巻を一度下げたのだから、ここは中盤で突っかけられる選手の方がよかったような気がした。

PK戦に入ると、川口が俄然、気合が入ってきたように見えた。

3年前のアジアカップ準々決勝、ヨルダン戦のヒーロー。

PKを2本止めた神懸りセーブを、昨日のことのように思い出した。

今度も川口はやってくれた。

立て続けに2本止め、一気に日本有利にしてくれた。

同点ゴールの高原が外したのはご愛嬌というもの。

3-3で迎えた5人目のキッカーは中澤。

3年前、準決勝バーレーン戦で起死回生の同点ゴールを決めた男。

冷静に叩きこんで試合を決めた。

薄氷の勝利。

1年前の雪辱というには物足りなかったが、勝利は勝利。

オーストラリアは、自滅という印象が強かった。

フィジカルの優勢を過剰に意識し過ぎたのではなかろうか。

ビドゥカとアロイージという先発2トップより、ビドゥカとキューウェルの方がより怖かったような気がする。

アロイージを温存し、後半の疲れた時間帯で投入された方がよりキツかったに違いない。

ビドゥカとアロイージを相次いで下げたのもどうかと思った。

やはりあのフィジカルとポストプレーは脅威だったから。

キューウェルのスピードも脅威だったが、クサビになれる先発2トップほどの怖さはなかった。

途中投入のケーヒルも存在感がなかったし。

一年前に俊輔を潰したグレッラの退場が象徴的なシーンだったのではなかろうか。

日本のパス回しに翻弄され、不安定なジャッジに怒った挙句のラフプレーのように見えた。

ジャッジは総じて日本寄りのように見えたが、これがアジアのレベル。

3年前のアジアカップでは、日本は散々相手寄りのジャッジに苦しんだ。

そして日本のパス回し。

1年前のチームとは全然違った印象を持ったのではなかろうか。

日本の効果的なプレーは少なかったにせよ、相手に好きなようにボールを持たれるのはキツイには違いない。

ましてあの暑さ。

オーストラリアにとっては、アジアの厳しさを思い知ったことだろう。

日本は、もうひとつのアイディアに欠けた印象。

もうひとつ斬りこむプレーがあったら、3-1ぐらいのスコアになっていてもおかしくなかった。

この試合は、特に遠藤のツキのなさが目立った。

パスがよくカットされていたし、ここぞというところで放ったループもGKが難なくキャッチ。

こういうツキのない選手は、早めに代えてあげた方がよかったように思えた。


俊輔は3年前と同じようなプレーが多かったように思う。

下がり目の位置でのプレーが。

前回との違いは、ロングパスに頼らず、つなぐプレーが多かったことだろうか。

でも、それなら他の選手でもいいように思うし。

ディフェンス面での貢献は大きかったからなんとも言い難いが、俊輔はやはり高い位置でのプレーでこそ本領を発揮出来るのではなかろうか。

3トップの右か、1トップのサイドアタッカーか。

でも、勝っているからオシムさんは今の4-4-2を変えないだろうと思うし。


中澤は、加入して日が浅いにも関わらず、すでにこのチームの中心になっている。

俊輔がいなくても、ひょっとしたら高原がいなくても勝てたかもしれないが、中澤がいなければ、絶対に勝てなかったろう。

中澤がいつまでトップフォームを保ち続けてくれるか。

それが日本代表の生命線になるのではなかろうかとさえ思ってしまう。


そして高原。

3年前のアジアカップを病気で棒に振り、1年前のワールドカップでヒーローになり損ねた男が、今大会では大活躍。

日本のエースという称号は彼にこそふさわしい。

オシムさんが彼の招集に固執したのもよくわかる。



次の準決勝はサウジかウズベクか。

オーストラリアほどの強敵ではないにしても、何が起こるかわからないアジアでの戦い。

日本代表はまだしばらくは私をハラハラさせてくれるらしい。




関連記事
スポーツナビ
日本がPK戦で豪州下す イラクも4強進出=差替
iza
「Wの悲劇」雪辱 高原も執念の同点弾
5人目中沢が決めた PK制し日本4強 アジア杯

PR
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
 オシムジャパン PK戦で準決勝進出!
  いやぁ〜、さっきまでアジアカップ「日本VSオーストラリア」の試合をテレビで見たんですけど、結果は… オシムジャパンがPK戦で勝ちましたぁ〜っ! 最後まで視聴者をドキドキさせた試合のほうを振り返りたいと思います! 準々決勝・オーストラリア戦のスターティングオーダーはご覧の通り。 GK 1 川口能活 DF 3 駒野友一 DF 6 阿部勇樹 DF 21 加地亮 DF 22 中沢佑二 MF 7 遠藤保仁 MF 10 中村俊輔 MF 13 鈴木啓太 MF 14 中村憲剛 FW 12 巻誠一郎 F...
[日刊魔胃蹴〜毎日書けるかな?〜 ] ×URL   2007/07/22(Sun) 01:13:50
 アジアカップ準々決勝オーストラリアにPKで勝利
アジアカップ準々決勝の日本VSオーストラリアが行われたけど 日本がPKで4対3でオーストラリアに辛くも勝利し準決勝だよ 前半は日本が攻めるもオーストラリアに守られ0対0で終了した 後半はオーストラリア先制も高原ゴール同点にし1対1で終了だ 延長の前....
[スポーツ瓦版 ] ×URL   2007/07/22(Sun) 10:00:43
 守護神降臨
アジアカップ2007は決勝T1回戦2試合が行われた。 我らが日本は怨敵オーストラリアに1−1、PK4−3で勝利しリベンジを達成。 唯一の開催国の生き残りベトナムはイラクに0−2で完敗した。 いやぁまさに守護神降臨ですよ。 さすがは川口、個人的には楢崎や川島の方が好きなんやけどねw まさか2本も止めるとは思わんやったですよ。 前回大会でもPK止めたし、ドイツWCも止めたもんね。 川口の気迫がPKには合ってるのかもしらんな。 にしても川口の好調の波長がアジアカップ開催年とリンクしてんのかも。 アトランタ五輪...
[FSS 〜Fukuoka Sports Stadium〜 ] ×URL   2007/07/22(Sun) 14:30:33
 「アジア杯」で日本代表がPK戦の末ベスト4進出!
サッカー代表チームのアジア王者を決める「アジア杯」にて、 日本代表は今日(21日)ベトナム・ハノイで開催された 準々決勝でオーストラリア代表と対戦し、「1-1」のまま 延長戦でも決着がつかず「PK戦」までもつれ込みましたが、 ゴールキーパー・川口能活選手の「連続ファインセーブ」が 飛び出した日本が「4-3」で勝利しました。(参照記事) 「アジア杯3連覇」を目指す日本にとって、去年開催された 「ドイツW杯」ではジーコ・ジャパンが「1-3」で逆転負けを 食らったオーストラリアは「リベンジ」...
[Flower that blooms in snow ] ×URL   2007/07/22(Sun) 14:33:06
 激闘!!リベンジマッチinハノイ 【サッカーアジアカップ準々決勝】
サッカーのアジアカップは21日、準々決勝2試合が行われた。この内、オーストラリアと対戦した日本は後半先制点を許したものの、FW高原のシュートがゴールネットを揺らしすぐさま同点に追いた。延長に入っても決着が付かずPK戦の末、オーストラリアを下し準決勝に..
[不定期更新のスポーツニュース ] ×URL   2007/07/22(Sun) 16:20:57
 アジアカップ日本PKでオーストラリアに勝利。
日本1-1オーストラリア (PK4-3) オーストラリアに勝ちました。 PKだったけど。 後半にオーストラリアに先制されたけど 3分後に高原が同点ゴール!!! オーストラリアに退場者が出たけど なかなかゴール割れず 延長30分やってもゴール割れずPKへ
[ヨッシーキングの副業!? ] ×URL   2007/07/22(Sun) 16:48:09
 [サッカーsoccer]日本VSオーストラリア(カイザースラウテルンの借りをハノイで返す)
サッカーのアジア杯で21日,日本代表がオーストラリア代表と対戦し,1-1のままPK戦に突入. MF中村俊輔らのゴールと,GK川口能活の好セーブで,計4-3と勝利を収めた. 2006年のW杯で敗れた相手だっただけに,勝利の喜びもひとしお 勝利が決まった瞬間,選手達は川口能....
[オレメデア ] ×URL   2007/07/24(Tue) 00:15:35

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ Hiroshi@blog ] All Rights Reserved.
http://hiroshiat.blog.shinobi.jp/

COUNTER




忍者アナライズ
忍者ブログ | [PR]
ブログ内検索
スピリチュアルを開発する
占い・開運・風水・パワーストーン

前世療法のCD。
カウンセリングにいけない人や、カウンセリングが不安な人に。
前世療法 催眠療法 催眠暗示 ~魂は何処に行き 何処に還るのか?~

幽体離脱を促すヘミシンクプログラムの日本語版。
調和と平穏を促すヒーリングアイテムとしても。
ヘミシンク ゲートウェイ・エクスペリエンス 日本語版 全6巻セット

最新の7つの脳波同調テクニックを使った特殊な音ファイル、Brain Sound Questシリーズ。
尾底骨の第一チャクラを開発するようにチューニングされています。
チャクラの開発 ~Brain Sound Quest シリーズ3★ブレイン・マシンやヘミシンク手法の7倍の効果で脳波を誘導する
なかのひと
逆アクセスランキング
ブログパーツ