忍者ブログ

「アジア枠」創設を検討=Jリーグ

Jリーグが「アジア枠」創設を検討しているようだ。

アジア各国との人材交流になるとして、事務局のほうでは前向きなようだけど、今の現状、サラリーギャップとかリーグのレベルとかを見ると、輸入するばっかになりそうな気がする。

それも韓国人選手ばっかに。

1人ならどってことないとも思うけど、実質、韓国人枠(あるいはひょっとしたら北朝鮮人枠)を作るためのアジア枠なんて、まったく意味がないと思う。


これまでJに来た韓国人選手はおしなべていい選手が多かった。

これはブラジル人選手や欧州(中欧とか東欧とか)の選手と比較した上で獲得されたのだから、質的にも高いレベルの選手が来てくれてたというのがあると思う。

けど、アジア各国の選手と比較するだけの「アジア枠」だったら、これまでよりも質的に劣る選手でも来れる可能性が高くなるわけだ。

低いレベルの選手に「出稼ぎ」させるだけの「アジア枠」なら、必要ないと思う。


日本代表があーだこーだ言いながらも質的に高いレベルの選手が揃っているのはJでやれているからであって、外国人枠をどういう形でも増やしていくと、選手が育つ可能性がそれだけ減ることになる。

競争させるべき、なんて意見もあるだろうけど、でも、こういうことで割を食らうのは将来有望、あるいは将来有望かもしれない若手なんだよね。

そういう選手をテストするチャンス(枠)が一つ減ることになるから、将来的には人材の枯渇を招く可能性が高くなる。

Jの現状を見れば、高いレベルに達した選手にはヨーロッパでやるというアップグレードの選択肢がある。

そして何年かヨーロッパでもまれてきた選手が帰ってきてその経験を還元もしているわけだ。

だから、これからさらにJはいい環境になろうというのに、その機会を日本の若手に与えず、韓国の安げな選手に与えてどうするのといいたい。

韓国以外、屈強なオーストラリアのプレーヤーとか、テクニックに優れた東南アジアの選手、あるいは中東の速くてテクのある選手を受け入れるのには賛成。

それによって日本選手も得るところが大きいし、それによって国レベル、サポーターレベル、民衆レベルでの好感度が上がる可能性があるから、それらの国から選手を受け入れるのには賛成。

韓国人選手はすでに大量に来てて、すでに新味に乏しいから、現状よりレベルの下がる選手が来ても日本に得るところがない。

だから反対。

だから、これまで述べたようなことに対する配慮をしない限り、Jの「アジア枠」構想には反対。
PR
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:
 無題さんへ
カンガル葦さん、
賛同コメントありがとうございます。
今回のJの構想は、基本的な考え方はいいけど、現実的にどうなるかという問題を無視しているという印象が強いです。
みんなどうもこの辺りをよく考えてないんじゃないかと思います。
もう少し深い検討をして欲しいというのが私の意見です。

ん~さん、
本文にも書いたように、韓国人選手はすでに質の高い選手が来てくれてるわけです。
J1にもJ2にも。
でも、この上「アジア枠」なんて作っても、これまで本文やコメに書いたような問題、それに付け加えるならエージェントの問題によって、実際に来るのは韓国籍の選手がほとんどになる恐れが強いとは思いませんか。
オージーや東南アジア、中東の選手は、個人能力に優れた選手が多いのは代表戦とか見てるとよくわかると思いますけど、これらの選手がJにほとんど来ないのはなぜなんでしょうかね。
私は受け入れの問題に加え、紹介活動がほとんど韓国人選手に偏ってるんじゃないかと思います。
この現状では、「アジア枠」を作っても現状の延長になるんじゃないかと思いますけど。
なので、もし「アジア枠」をやるなら、これらの国の選手が来やすいようなルールを作ってほしいと思いますし、これらの国の選手が活躍するのを見たいと思います。
日本代表が中東の国とやるたんびに「脅威」だと騒ぐマスゴミにも、いい加減飽きが来てるし。
オーストラリアは更なる脅威らしいですから、これらの国の選手とやるのは悪くないと思いますけどね。
管理人 URL 2008/07/10 07:39 *edit
 無題
日本人選手の活躍の場が~!って
J2が22チームまで増えるらしいから、別にいいのでは?

才能があってやる気があるのなら、
J2の低いサラリーでも頑張るでしょ。
そこから這い上がってこいよと。

しかし、韓国はダメ、でもオーストラリア、東南アジア、中東はおっけーって。
なんじゃそりゃ。
単に韓国が嫌いなだけなんでしょ?
ん~ 2008/07/09 22:39 *edit
 無題
わざわざ「アジア枠」なんてものを作るのはおかしいですよね。今までどおり外国人枠のみでやればいい。
+してアジア枠作りたい理由はJリーグ発展じゃなくて別の思惑があるからでしょう。

>「(アジア枠の)メリット、デメリットを勉強しているが、メリットが多い。間に合えば、来季からやるかもしれない」

こんな事言ってますけどメリットを説明して欲しいですよねw
メリットなんてほとんど思いつかない。
カンガル葦 2008/07/09 21:10 *edit
 RE:無題
Fさん、

上のリターンコメにも一部かぶりますけど、受け入れ条件などを考えれば、結局、日本人の若手と韓国人の中堅との争いになるような気がします。
なので、結局は試合に出られるか出られないかのレベルの日本人選手が割を食うわけです。
特に実績のある中堅選手よりも、これから伸びようとする若手にダメージが来ると思いますけどね。

ユーロ圏では6+5ルールが検討されていることはご承知でしょうが、自国の選手に出場機会を与えようというのは世界の趨勢であって、そうやって出場機会を与えていかないと、若手が伸びないというのが共通認識だと思います。
その観点からしても、「アジア枠」というのはどうにも違和感が強いです。

「アジア枠」で中東やオーストラリアとかの個人能力に優れた選手が来るなら賛成ですけど、受け入れ条件などを現実的に検討すると韓国人選手に落ち着きそうな気がしませんか?
だったら意味がないというのが私のスタンスです。
この辺りをもっと検討しないといけないと思うんですけどね。
管理人 URL 2008/07/09 13:15 *edit
 RE:テスト
テストさん、

私は個人で見た場合、必ずしも日本人が優れているとは思いません。
ダメな人間もいれば優れた人間もいるというのは、どの人種、どの社会にも共通なことだと思いますので、単純に日本人が優れているという議論には与しません。
会社の場合を考えてみると、まずバーバルバリアー、言葉の壁という問題があるので、それも極論かと思います。

今回のJのアジア枠は、それをやることに意義があるとも思えないと思います。
本文に書いたように、仮に作ったとしても、実質は「韓国枠」になるのではないでしょうか。
人種的な近縁性と受け入れに伴う負担、金銭的なものと精神的なものを含めてですが、それらを考えると東アジアというのが現実的な選択になって、その中で活躍できる素材となると、ほぼ韓国人選手に限られるように思います。
それでは「アジア枠」なんて作る意味がなく、単純に外人枠を一つ増やしたほうがましなんじゃないでしょうかね。

この辺りの検討をキッチリやらないと、うまくないんじゃないかと思いますけど。
管理人 URL 2008/07/09 13:05 *edit
 無題
レベルの低い人が来ても試合には出られないでしょう。なので、将来有望な選手の育成の妨げになる、というのには結びつきませんね。

あと、選手が育つ可能性とありますが、試合に出たところで伸びない選手は伸びませんしね。仮に出られなくなっても、ハングリー精神のある選手は居場所を求めて努力し、もがくでしょう。Jリーガーになった、というだけで満足している選手が多いような気がする昨今、アジア枠を設けて少しでもJが厳しい環境になるのならば賛成です。
F 2008/07/09 12:10 *edit
 テスト
>>それも韓国人選手ばっかに。
その偏見は頂けない。
成るわけはない
理由=簡単
日本人の方が優れているからである
信じていない人が応援を口にしてはいけない
そもそもフツーの会社に外国人枠など無い
優れているなら韓国で埋まるはず。韓国以外もそう
忘れてはダメ サッカーといえど仕事だから
仕事する上で外国人はそれだけで不利だと言うことを
だから来る人は通常より上の人
その上の人がそんなに多くは居ない事
テスト 2008/07/09 11:11 *edit
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ Hiroshi@blog ] All Rights Reserved.
http://hiroshiat.blog.shinobi.jp/

COUNTER




忍者アナライズ
忍者ブログ | [PR]
ブログ内検索
スピリチュアルを開発する
占い・開運・風水・パワーストーン

前世療法のCD。
カウンセリングにいけない人や、カウンセリングが不安な人に。
前世療法 催眠療法 催眠暗示 ~魂は何処に行き 何処に還るのか?~

幽体離脱を促すヘミシンクプログラムの日本語版。
調和と平穏を促すヒーリングアイテムとしても。
ヘミシンク ゲートウェイ・エクスペリエンス 日本語版 全6巻セット

最新の7つの脳波同調テクニックを使った特殊な音ファイル、Brain Sound Questシリーズ。
尾底骨の第一チャクラを開発するようにチューニングされています。
チャクラの開発 ~Brain Sound Quest シリーズ3★ブレイン・マシンやヘミシンク手法の7倍の効果で脳波を誘導する
なかのひと
逆アクセスランキング
ブログパーツ