忍者ブログ

オランダは完全体じゃなかったにせよ、ファンデルファールトやロッベンがいたし。
そのオランダにドローなので、よかったのではないかと思う。

遠藤、香川はスーパーサブ決定?
遠藤は、このところの低調ぶりが嘘のように、気の利いたパスを連発していた。
年齢的にフルではもたないから先発だと低調なのか、尻に火がついたからなのか。
山口がよかっただけに、長谷部と遠藤のどちらかがサブに回るかもしれない。

香川はビルドアップのパスがどうにもならないのは、何とかならないのか。
軽いパスを出してカットされるシーンが目に付いた。
ゴール前ではなかなかのパフォーマンスだったが、はじかれたシュートの時は、好調ならワンフェイク入れてさらに侵入するぐらいしていたように思う。

大迫は非常によかった。
サイズのあるFWなので、一気にレギュラーになるかもしれない。

次のベルギー戦を見てみないとなんとも言えないが、とりあえず、ザック解任論に喧しかったマスコミの論調は全く当てにならないということがよくわかった試合だった。

PR
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      CERTAIN@BLOG TOPへ
コンフェデは、ブラジルの優勝で幕を閉じたようだ。
私は前半しか見てないけど。
ブラジルは、パウリーニョの存在が大きいように感じた。
セントラルとディフェンシブの間のような印象を受けたけど、パワフルなセンターがいるのがキモなんだろうと感じた。
ネイマールには、ロナウジーニョとか、他にも代えはいそう。
けど、パウリーニョの代えはいなさそうな気がする。
あのパワフルなプレー振りを見る限り。

日本も、ああいうパワフルで守備も攻撃もできるセンターがほしいな。
遠藤は、イタリア戦では少し持ち直したが、やはり年齢的に厳しいように思う。
長谷部と遠藤というペアがよくないのかもしれないが、細貝が入ってもそれほどいい印象もないので、センターは人材がなかなかいないということなのだろう。
思い切って今野ボランチとかするといいかもしれないが。

日本でも活躍したフッキは、今のブラジルのフォーメーションではやや窮屈そうな感じだ。
パスが器用なタイプでもないので、サイドに閉じ込められている印象が強い。
中に切れ込んでシュートを狙うときだけ活きているような感じだが、かといってバリバリの1トップができるかというと、そんな感じもしないので、窮屈でもサイドに置くしかないのかという気がする。

コンフェデは終わったが、出場国はこれからそれぞれの課題の消化に務め、来年の本番に備えるのだろう。
欠点が明らかになった日本は、これからどうするのだろう。


    ブログランキング・にほんブログ村へ
      CERTAIN@BLOG TOPへ
これからのサッカー選手には、格闘技の習得も必要だろう。

特に韓国戦に臨むサッカー選手には。

受け技や受身は当然として、相手を潰すテクニックも覚えた方がいいのではないかと思うね。

審判にわからないようにやれるテクとしては、

・走れなくなるポイントへの攻撃。
・スタミナを奪うポイントへの攻撃。
・選手生命を短くするポイントへの攻撃。

ぐらいはできるし、無罪でーす、とやれるテクなら、相手を再起不能にもできるだろう。

何人か代表クラスの選手を潰さないと、あの国の人々はラフプレーを止めないと思うね。

反日しかやることがないんだから。

古武術や拳法には、色々と殺し技があるので、得るものが多いと思うけれど。
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      CERTAIN@BLOG TOPへ

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ CERTAIN@BLOG ] All Rights Reserved.
http://hiroshiat.blog.shinobi.jp/

COUNTER




忍者アナライズ
忍者ブログ | [PR]
ブログ内検索
スピリチュアルを開発する
占い・開運・風水・パワーストーン

前世療法のCD。
カウンセリングにいけない人や、カウンセリングが不安な人に。
前世療法 催眠療法 催眠暗示 ~魂は何処に行き 何処に還るのか?~

幽体離脱を促すヘミシンクプログラムの日本語版。
調和と平穏を促すヒーリングアイテムとしても。
ヘミシンク ゲートウェイ・エクスペリエンス 日本語版 全6巻セット

最新の7つの脳波同調テクニックを使った特殊な音ファイル、Brain Sound Questシリーズ。
尾底骨の第一チャクラを開発するようにチューニングされています。
チャクラの開発 ~Brain Sound Quest シリーズ3★ブレイン・マシンやヘミシンク手法の7倍の効果で脳波を誘導する
なかのひと
逆アクセスランキング
ブログパーツ