忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ
【評】G大阪が展開力で上回る G大阪1-0アデレード(スポーツナビ)


ガンバは硬かった。

普段ならつながるはずのパスがつながらない。

パスミスをしては逆襲を浴びることの繰り返し。

アドレードも前回の試合とは別のチームに見えた。

前からのプレスが有効だった。

1試合こなした余裕だったのだろうか。

ドッドのシュートが入っていたら、ゲームはアデレードのものだったかもしれない。

硬いガンバに、アクシデントが襲う。

佐々木が足を痛めて交代。

播戸がアップなしに入る。

それでも先制はガンバだった。

二川のパスを播戸がアクロバティックに落とし、走りこんだ遠藤がシュート。

キーパーの股抜きゴールで先制。

ここからガンバは多少ましになったような気がする。

点を取って落ち着いたのかな。

ルーカスのシュートが決まっていれば、ここでゲームの趨勢は決まってた。

後半は、途中まではガンバペース。

二川が要所でいいパスを出してた。

遠藤のペナルティエリアでの突っ込みは、久々に見たような気がする。

気合入ってたんだろうな。

二川のドリブルも良かったし。

けれど、アデレードが選手交代したあたりから雲行きが怪しくなってきたような気がする。

いつ代えるかと思って見ていた二川が、結局パンクして途中交代。

それとともに、アドレードに流れが移ったように見えた。

アデレードの猛攻は、1点入ってたらガンバの反撃を許さなかったろう。

ドイツのときのオーストラリアのように。

ドッドのヘッドはマジやばかったし。

結局、ガンバが1点を守りきって勝利。

けれど、勝利の代償は小さくなかった。

スピードのある佐々木が足を痛めて交代。

いいパスを連発していた二川がパンク。

次の試合は木曜日なので、二人とも厳しいかも。

佐々木の穴は播戸や山崎で埋まるかもしれないが、二川の穴はどうかな。

あのパスセンスを代替できる選手がそうそういるとも思えないし。

思い切って安田ミチを2列目に上げて、ドリブル勝負させるのもいいかもしれない。

ロナウドの相手をするのはきついだろうし。

安田は切れまくってたし。

簡単なフェイントにかかりまくってたDFの問題かもしれないけど。

左でクロスも上げられるし、右でシュートも撃てるから、いいところでボールが行ったらマンUにも脅威になるかも。

試合自体は緊迫のゲームだったが、結果としてガンバの試合があと2試合見られるわけだ。

個人的には日曜の夜に見たいが、マンチェスターユナイテッドとJのチームの真剣勝負が見られるということだけでも満足すべきなのかもしれない。

けれど。

わずかな可能性を見てみたい気もする。

PR
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ
パチューカ、4-2で延長戦を制して準決勝へ進出=クラブW杯(スポーツナビ)

サッカーというのはタイムアップの笛が鳴るまでわからないということを改めて実感した試合だった。

2失点しても、自らのスタイルを貫いての逆転劇は、賞賛されるべきだと思った。


試合は序盤からパチューカペース。

目を見張るようなボールコントロールとスペースを突くパスで、前から出てくるアル・アハリのプレスをかいくぐる。

けれど、最終ラインを破れない。

60%を超えるボール支配率。

しかし、ゴールを割ることはできなかった。

逆に、高い最終ラインを破られ、一瞬のカウンターからアブータリカのクロスがディフェンダーに当たってゴール。

さらに前がかりになるパチューカ。

前半終了間際にも、同じようにカウンターを浴びてゴール。

試合はここで決まったかに思われた。


後半開始早々から選手を替えて攻勢をかけるパチューカ。

選手は変わってもスタイルは変わらない。

後半開始早々、やや遠目の位置からのフリーキックでパチューカのゴール。

殺到する選手に合わせるワンバウンドのボールが、選手に当たらずにそのままゴールイン。

殺到する選手の気迫と微妙な位置に蹴った技術が生んだゴールだったように感じた。

勢いづくパチューカ。

後半半ば過ぎ、早くも3人目の選手交代。

同点弾はその直後に生まれた。

ゴール前のフリーキックを、息子がスタンドで観戦するヒメネスが蹴りこんでゴール。

これで勢いはパチューカ。

パス回しはさらに冴え渡る。

しかし、アル・アハリも鋭いカウンターで応酬。

とくに、前半の2点に絡んだアブータリカにボールが渡ると、高い戦術眼から危険なパスが出てくる。

結局、後半は同点で終了し、延長に突入。

クラブW杯初らしい。

延長前半、パチューカが逆転ゴール。

ボールカットから一気に前線に持ち込み、競り合いでこぼれたボールを拾ったアルバレスがゴール。

ボールを競って胸で落としたカルデナスは3人目の交代選手。

反撃のゴールを上げたモンテスも交代で入った選手。

ベンチワークも冴えている。

さらに延長後半にも追加点。

ペナルティエリアでもボールをつなぎ、ヒメネスの上がりを待ってラストパス。

その少し前に脚を攣っていたヒメネスが豪快にシュート。

これでゲームは決まった。

アル・アハリの抵抗は目に見えて衰え、審判もロスタイムを取らずにタイムアップの笛を吹いた。

前半で2点を取られながら、その後4点を取る大逆転劇。

パチューカのパフォーマンスは素晴らしいの一言。

体格に優れるわけでもないのに、見事なパスワークで中盤を構成し、じっくりとボールを回してチャンスと見ると一気にゴールに迫る。

前半こそうまく回らなかったが、後半以降のパフォーマンスは素晴らしかった。

意表をつくプレーや高いテクニックも随所に発揮されたが、それよりも助けるプレー、予測するプレーが多かったように思われた。

ボールホルダーからは常に何人かが見通せる位置にいてパスコースを作ってパス回しを助ける。

一見コースが無いところでも、レシーバーの動きを予測したパスで相手の意表をついてパスを完成させる。

タレントは少ないかもしれないが、よく訓練されたチームであり、日本のチームも学ぶ点が多いと感じた。

このパフォーマンスなら、決勝まで行くかもしれない。

一方のアル・アハリも決して悪くなかったと思う。

前線からしっかりプレスをかけ、ディフェンスラインは組織され、両サイドからの速攻は鋭かった。

アブータリカはいいプレーを見せていたし、アンゴラ代表のフラビオもいいプレーをしていたし。

普通なら前半で決まった試合だったが、前回苦杯を舐めたパチューカの気迫に敗れたというところだろうか。


次の準決勝はいい試合になるだろう。

南米王者のリガ・デ・キトは中心選手が抜けているそうなので、パチューカが勝つ可能性はかなりあると見た。

楽しみ。


    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ
アデレードが開幕戦制す 14日にG大阪と対戦=差替(スポーツナビ)

惜しかったんだけどね、やはり地力の差はいかんともしがたいというところか。

ガンバに負けたが、開催国枠の譲渡によって出場権を得たアデレードの対戦相手はワイタケレ。

去年に引き続いての出場で、エンブレンとかサイクスとか、去年の試合でインパクトのあった選手を見い出して、なんか懐かしくなった。

去年は一方的にやられたが、今年は相変わらずサンドバッグ状態ながらも、なんとなく不気味さを見せるワイタケレだった。

アデレードは相手陣内でボールをキープし、コーナーの嵐だったにもかかわらず、点が入らない。

ワイタケレのキーパーは去年とは違うように思ったが、いい仕事をした。

何点防いだかな。

試合はオセアニア同士の試合らしく、両者ともに放り込みが基本。

肉弾戦はそれなりに迫力があり、どっちに転ぶかわからないギャンブル的な要素があって、それなりに見られたけど、戦術的にはアデレードもガンバに負けたのが論理的に思えた。

つまり、アデレードが勝ったとしても、ガンバの方が分がいいように思えた。


停滞感が見えてきた頃、驚いたことに、一方的にやられていたワイタケレがワンチャンスを生かしてセットプレーから得点。

これでアデレードに火がついた。

すぐさま、コーナーの目先を変えて豪快にゴール。

これで一方的になるかと思われたが、相変わらず点が入らない。

ワイタケレのほうも、「ひみつ兵器」トトリがいつまでも「ひみつ」のまんま。

一方的に攻められては跳ね返し、ルーズボールを拾われては攻められることの繰り返しでは、勝機は見い出せなかった。

結構いいプレーしていたピアーすが負傷退場し、さらに「ひみつ兵器」投入のタイミングは遠のく。

そしてアデレードがようやく勝ち越しゴール。

放り込みスタイルの目先を変えたことがゴールにつながったから、ひねりを利かせる選手がいれば、もっと楽に試合を進められたろう。

ワイタケレはやっと「ひみつ兵器」トトリを投入したが、短い出場時間では、去年ほどのインパクトは残せなかった。

最後のコーナーは盛り上がったが、これが外れると、結局、予定調和的にアデレードの勝利で終了。

ガンバの相手はアデレードとなった。

アデレードの今日の試合ぶりならまたもガンバの勝利で終わるだろうが、ワイタケレが準備をしてきたように、ひょっとしたらひと波乱あるかもしれない。

まあ、遠藤が本調子なら、負ける相手ではないだろうけど。


ワイタケレは、いい準備をしてきて、一時はリードしただけに今回の敗戦は残念だったろう。

けれど、去年ほど盛り上がりがなかったのは、慣れがあったのかと思う。

観客にもチームにも。

オセアニアのアマチュアクラブに多くを求めることはできないし、根本的にはオーガナイザーの問題だから・・・。

    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ

鹿島2度目の連覇!混戦V争い制す…J1最終節(スポーツ報知)

千葉、大逆転で残留!東京V降格 磐田入れ替え戦へ…J1最終節(スポーツ報知)


最後まで優勝も降格ももつれにもつれたJに決着がついた。

個人的には大団円のハッピーエンド。

鹿島優勝&千葉残留で。

鹿島はなんたってオリベイラさんが注目だし、ジーコがいたクラブだし、思い入れはたっぷりあるので。

ピクシーの名古屋もすごいいいサッカーしてたんだけど、やっぱ鹿島には総合力で届かなかったかな。

躍進の立役者であるヨンセンを解雇なんてやってるから、これから迷走する予感も少々ある。

川崎は相変わらずの充実ぶりだけど、相変わらずもう一枚何かが足りない。

ここもガナ移籍とかやってるので、来年以降どうなるか。

浦和は迷走の代表格か。

あれだけ充実した戦力をまったく生かせないというのは、現場の責任だけじゃなくて、フロントに問題がかなりあると思う。

日本語堪能とはいっても外国人監督なんだし、うまくチ-ムをケアする人間がいなかったようにも見える。

ブッフバルトも怒ってアドバイザー契約を更新しないなんていってるが、これがフロントの現況を如実に表しているような気がする。

ブッフバルト氏、浦和に激怒!「フィンケ監督適任でない」(スポーツ報知)

慢心するところは落ちるのも早いというところか。

選手の駒は揃っているだけに、上から立て直したらすぐにでも復活するとは思うけど。


降格ゾーンに目を向けると、千葉はよくやったね。

鹿島の実況に途中経過が流れていたが、正直、2点取られた時点でもうアウトだと思った。

けれどあれよという間に同点、すぐさま逆転、終盤に追加点で、テロップ見たときは思わず大声出した。

千葉は前社長がひどかった。

前社長は、監督を切ってすぐさまGMを切るとか、クラブサッカーに素人過ぎ。

川淵さんのポチではどうしようもないし。

諸悪の根源ともいえる前社長を更迭してから徐々に良くなってきた。

フィットしなかったクゼ監督に見切りをつけて、ミラー監督を引っ張ってきたのはヒットだった。

中盤がフラットなイングランドスタイルが注目されるけど、犬の生活とか読んでると、整理能力に長けた人という印象がある。

この人が来期もやってくれるというので、千葉がどれだけ躍進するか、非常に楽しみではある。

巻の姿を来年のJ1でも見られるというのはグッドニュース。

決してうまい選手ではないんだけど、人の胸を打つプレーをできる選手というのは、何より見ていて気持ちいい。


大逆転で残留を果たした千葉に代わる形でJ2に堕ちていくことになったヴェルディも、上がアウトなクラブではある。

ここの場合は上といってもフロントじゃなくて親会社なんだけど。

巨人なんていう古臭いブランドにしがみつくことしか知らないから、サッカービジネスの可能性がわかってないんだよね。

だからTVの視聴率は落ちまくって、新聞も売れなくて、問題が表面化してはじめて焦ってる。

問題は根のうちに摘むのがセオリーなんだが、何しろ上にいるのが低脳モーロクジジーだからどうしようもないのかもしれない。

「読売」ヴェルディ騒動に代表されるように、そもそもビジネスセンスがない。

巨人なんていう流行らないモノにかける金のいくらかを回して ヴェルディを強化していたら、レッズのポジションにヴェルディが立つことも十分に可能だったのに。

それで何ができるのか、と考えなきゃいけない時点でアホなんだけど。

強いチームを作って、その上なら展開はいくらでもできるが、弱いチームでは何をやっても回らない。

電通にコネがあるはずなのに、スポーツビジネスをわかってないところがどうしようもないところではある。

今期も福西とか切りまくったから、エレベータークラブからの脱却は難しいだろう。

J2に落ちても戦力を落とさなかった広島とは、上の能力が違う。

優秀なフロントマンとある程度潤沢な資金を持たないと、名門の再生は難しいかもしれない。


磐田は一時の状況からよく持ちこたえたもんだ。

名コーチ・オフトさんがピタリハマったよね。

入れ替え戦はどうなるかわからないが、名波やゴンがやってくれるんじゃないかな。


来週はCWC開幕。

バロンドールの妙技を堪能するとしよう。


    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ

鹿島、札幌で1シーズン制初の連覇だ!32選手&スタッフ全員集合!(スポーツ報知)


鹿島のオズワルド・オリヴェイラ監督という人は、今のJではトップクラスの監督なんだけど、何しろやることが際立っているので、「オズの魔法使い」というニックネームまで付けられてるほどだ。

ブラジルでもフィジコ出身の優秀な監督として知られてて、カカやロビーニョの指導を行ったことでも知られてるし、何より、コリンチャンスを率いてFIFAクラブ世界選手権優勝に導いた名将として認識されてる。

この人の人心掌握術の高さは折り紙つきなんだけど、今シーズンはそれが多数炸裂してる。

今シーズンの鹿島は、戦力的にはそれほどの充実はなかったように思う。

代表FW田代不調にスイス帰りの中田故障に、攻守の要小笠原も負傷、さらにジョーカーダニーロ(個人的にかなり好き)まで負傷した。

これだけ駒落ちしたら、普通ならズルズル落ちるところだけど、オズが魔法をかけたのはここからだった。

大分戦(11月23日・九石ド)前には、選手の家族からのメッセージをミーティングで流した。磐田戦(同29日・カシマ)前には選手寮で全員で食事を取り、結束を高めた。試合はともに1―0で勝利し、優勝に王手をかけた。

(スポーツ報知上記記事より引用)

磐田戦のときはこれにプラスしてリハビリ中の小笠原がベンチ外選手とともにユニフォームを着て試合前のロッカールームに入ってみんなで円陣を組んだというのもあったけど、これもオズ効果ともいえるし。

ここでどっちかでも負けたり引き分けだったりすると今の2ポイントリードの状況はないわけだから、「オズの魔法」は存分に効いたわけだ。

そして次なる魔法は、クラブ史上初の全選手帯同ときた。

経費が100万円以上かかるそうだけど、これができたら、ベンチの選手も含めて出場する選手は燃えないはずがない。

最強のマジックともいえる。

相手は早々に降格決定した札幌だけど、獅子欺かざるの力ってヤツよね。


こういうことは、出てしまえばふーん、ぐらいの感想しか生まないかもしれないけど、思いつき、実行を働きかけられる人間というのが貴重なのだと思う。

大多数の人間は思いつきさえしないのだから。

こういうことができる人は、他分野に行っても成功するだろう。

モティベーションを上げる技術、人心掌握術というのは、組織運営の要諦なので、これを持ってる人は基本的にどこに行っても通用する。

日本人は、昔はこれが得意な人間が多かったはずだが、妙な売国連中が幅を利かせるようになってから、そして戦後教育によってこういう技術は衰退したように思うけど。


この指揮官を頭に戴いている限り、鹿島は今後も強豪チームであり続けるような気がする。

昨年のリーグ優勝から注目されていた指揮官だが、今後はさらに注目を集めそうな気がする。

代表監督に空きが出そうにないのがカユイとこなんだけど。
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ
達也!玉田!闘莉王!日本3得点でカタール戦初勝利(スポーツ報知)


時間帯が時間帯なので、半分寝ながら見た試合だったが、予想を見事に覆してくれた。

たぶん同じ戦術なんだろうと思うし、前半は相手にバチバチ押し込まれてはいたけど、これまでの日本代表とは異なり、この日の日本代表はしっかりファイトしてたと思う。

攻撃でも守備でも相手に向かっていく姿勢が、達也のラッキーともいえる先制点を引き出したと思うし、攻勢に耐え続けたから2点3点と取れたと思う。

中盤が抜けないのとサイドバックの上がりに頼るのは相変わらずだったが、前線の達也と玉田、それに大久保が1人でも攻める姿勢を見せたのが効果的だったと思う。

俊輔は相変わらず低い位置でのプレーだったが、この日のカタールのプレスを考えたら、今日のプレーは妥当だと思った。

うまくパスを散らしたり、ウッチーのサポートに行ったりと献身的なプレーぶりは高評価だと思う。

達也が入ったことで、日本代表は大きな武器を得たように思う。

一人で抜きに掛かれるスピードとドリブルに、労を惜しまず前線からかけるプレス。

達也がいることで、チームはすごく楽になる。


俊輔が
「アジリティー(敏しょう性)のある選手が増えて、オシムさんがやってきたことが今、いい方向に来ていると思う。」
と言ったのは、岡田さんのやり方を消化して、チームとしてさらに高いレベルに上がれたことを端的に言ったのかとも思う。

そういう形で、オシムさんのもたらしたものがこのチームに受け継がれているのなら、岡田さんとともにチームとして高みを目指していくというのもいいかとも思う。

これで、恐らく予選突破は濃厚になったと思う。

後はどれだけチームが成熟するか。

そしてそれを支える個人が伸びるか。

Jで高みを目指すもの、外国で高みを目指すもの、それぞれではあると思うが、グループリーグ突破、そしてその上を目指すことを可能にするチームができることを期待したいと思う。

    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ
「4点、5点決められるチャンスがあった」中村憲剛=サッカー日本代表(スポーツナビ)


中村憲剛のこのコメントが全てかな。

今日の日本代表は、出足はよかった。

というより良過ぎた。

攻撃的に行くつもりで、果敢に打った長友のシュートが入っちゃって、シリアも腰が引けてしまったものだから、パスが回る回る。

前半30分ぐらいまでは理想的な展開。

憲剛がパスを回す、岡崎・大久保・達也に玉田に長友・ウッチーが動いてパスを受けて、いいように引っ掻き回して好きなようにやってた印象がある。

玉田の2点目は遅すぎたくらいだった。

というより、2点目が遅すぎたからシリアの息の根を止められなかったんだろう。

前半30分過ぎてサイドバックの上がりがなくなってくると、全体の運動量も消えてきて、なんとなく停滞したゲームになってきた。

後半、選手が変わり、少し活性化したと思いきや、3点目を取るのがやっと。

PKで反撃を食らうと、あとはロングボールしか攻撃の手段はなかった。

結局、その後スコアは動かず3-1でタイムアップ。


このチームはサイドバックに過重労働をさせることで成立してるように見えるが、サイドバックが疲れてくると何もできなくなる。

ホントは中盤から前の選手がうまく動いて攻め崩せればいいんだろうが、1人で仕掛けられる選手がいないのと、それをするような空気じゃないのとがあるように見える。

達也とか大久保とか、1人で仕掛けられそうなもんだけど、そういうシーンをあんまり見ないんだよね。

かといって戦術的な崩しの動きがあるようにも見えなくて、結局、サイドバックが参加しての数的優位でしか崩せない。

サイドバックが出るからボランチが出れなくて、中が足りないから中にボールを返してもあまり得点の匂いがしなかったりする。

この辺をもう少し整理すると、攻撃はもっとよくなるようにも思うけど。


守備は、アンカー阿部がかなり利いてたように思う。

ボランチというよりアンカーみたいな感じだったと思うが、守備力の高い阿部がいることで、シリアの攻撃のチャンスがなかったように見えた。

後半、阿部がCBに下がるとシリアの攻撃も活性化したように見えたから、阿部の存在は際立ってたように思うがね。

カタール戦でもボランチ阿部がいいようにも思うけど、岡田さんはどうするかな。

攻撃力を買って長谷部とか憲剛と遠藤を並べようとするかもしれない。


攻撃陣は、カタール戦では俊輔と松井が入るだろうから、この試合はあまり参考にならんかも。

達也のチェイシングを見ると、達也を入れてほしいと思うけど。


センターバックは寺田で決まりなのかな。

特に問題なかったように見えたし、セットプレーも中沢の代役が十分に務まることがわかったし。

今日のシリアでは、破綻が出ようがないともいえるけど。


本番のカタール戦でどうなるか。

負けたら、岡田さん解任で、このチームの先行きを考えたら、それもまた良し、なんて思ってしまう。

後任にオシム-ピクシーラインとかになったら最高だが、それはないかな。

シャムスカさんもいい選択だと思うけど、大分が厳しくなるし。

ちと複雑なんだよね。


    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ

大分が初優勝=九州のチームが初タイトル-Jリーグ・ナビスコ杯(スポーツナビ)

いやー、いいゲームだった。

両チームともに好きなチームだが、今日はどちらかというと大分寄り。

経営危機が伝えられ、梅崎放出とか、決していいとはいえない環境の中で今期は優勝を争うまでにチームを整備したシャムスカ監督の手腕と、ウェズレイや家長獲得に代表される、好選手をうまく取るフロントの努力が報いられるといいなと思ったので。

清水もいいチームだし、よくやってるんだが、今回は大分びいき。

しかしいいゲーム。

人に付く大分とスペースを消す清水。

ブラジルコンビでボランチを固める大分と伊東テルがワンボランチの清水。

売り出し中のタレント、金崎と岡崎。

スポーツニュースでもなかなか見れない両チームの生のプレイが見れたのはラッキーよね。


試合は大分が高松のヘッドで先制、ウェズレイのロスタイム弾でダメを押した大分が勝ったが、清水の選手は最後まで諦めず、タイトルへの情念を見せてくれたと思う。

最後まで肉弾戦が止まなかったのが、このゲームにかける両チームの思いを何より物語ってるように思った。

勝った大分の、フロントはじめ選手・スタッフの喜びようは感動的だった。

本当に欲しかったタイトルだったのだと思う。

この勢いでリーグも取っちゃうかもしれない。

倍以上の予算規模を持つチームもある中で、九州は大分のチームがタイトル取るようになったら、それは痛快なことだと思う。

ちょっと期待したくなった。


    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ

犬飼会長が岡田監督更迭を否定「信頼は絶対」(スポ報)


浦和をビッグクラブにした、スポーツビジネスの分野で成功したビジネスマンがこんなコト言ってしまうと、さすがに反対意見は下火になりそうな気がする。

でも、点が取れないのは致命的。

どうするかというオプションを、選手任せにはできんでしょうに。

稲本、更なる攻撃オプションの必要性説く(スポ報)

長谷部「得点の部分を意識してやりたい」(スポ報)

サイドから攻めて中で取るというのが岡田ジャパンの基本パターンだと思うけど、サイドの選手が一人で突破できなくて、サイドバックが突っ込む形になるから中が足りなくなると思うんやけどね。

サイドバックが突っ込んだら、バランスとるためにボランチは突っ込めないし。

逆サイドの選手が突っ込むとか、サイドバックが行かん時は中が突っ込むとか、バリエーションを増やさんといかんと思うし、けどそれやるには時間が足らんし。

やっぱ個人的にはオシム親子orオシム・ピクシーコンビにやってほしかったりするんですけど。

    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ
【評】好機生かせず引き分け 日本1-1ウズベク(スポーツナビ)

UAE戦のパフォーマンスから、なんとなく予想は出来てはいたけど、それでも、もう少しやってくれるかと思ってた。

これが岡田さんのメイチだったら、もう更迭を考えた方がいいかもしれない。

さして強いとも思われないウズベキスタンにホームで引き分けがやっとで、オーストラリアやカタールに勝てるのかという疑問が拭えない。

どーすんだろ。


UAE戦もそうだったが、芝を刈り込んで水をまいたのが、日本にとっては裏目に出てるような気が激しくする。

球足の早さについていけない選手多数、トラップが出来ない選手多数。

まともにトラップが出来たのって、俊輔ぐらいじゃなかろうか。

UAE戦は、まいた水が乾いてからよくなってきたけど、この日は低調なままだったし。

やっぱ、普段仕様の方が良かったような気がする。


ウズベクのプレスもさることながら、パスコースに人がいないというのが、今日の試合は多かったような気もする。

少ない受け手もキツイとこにポジションとってるので簡単にインターセプト。

そして逆襲食らうパターンが多かったと思う。

ウズベクがもう少し推進力があったら、1点では済まなかったよね。

そしてトラップが出来てないからパスも中途半端だったりして容易にインターセプトさせてたし。

今日の試合、よく引き分けに持ち込んだという気がする。

その意味で大久保と玉田はいい仕事したと思う。



終盤の闘莉王の上がりも疑問。

それなら、稲本を入れるより高木を入れた方がまだよかったと思うし。

闘莉王は前線でもよくやってて、結構チャンスも作ってはいたけど、それはそれでどうかという気もするし。

チームコンセプトを崩したところでしかチャンスメークが出来ないんなら、コンセプトがおかしいという話になるんじゃないのかな?


香川は今日のパフォーマンスなら、左サイドよりトップ下の方が良かったような気もする。

大久保は左でもかなり出来るので、途中からポジションチェンジを考えてもよかったようにも思う。

ま、大久保は点取ったから結果オーライとも言えるけど。

それか、玉田を左でも良かったかな。

名古屋でも2列目でいい味出してるし。

俊輔は、運動量はあっても突破力はないので、最初から深いところでボールを持たせるか、暴論だけど、思い切ってボランチの位置に置いてもいいようにも思った。

俊輔は時間とともに後ろに下がるので、それで推進力が下がってるような気がする。

一人で突破できるだけのスピードはないので仕方ないんだけど。

パスはいいもの持ってるので、それをどう生かすかなんだけど。

この辺は、チームとして交通整理が出来てないような気がする。


突然の監督就任とはいえ、すでに一年近く経ったわけだけど、未だに完成とは言いがたく、しかも、今後の伸びしろが見えないチームというのは、応援する側にとってはキツイよね。

監督交代を考えるか、思い切ったテコ入れを考えないと、ホントは楽勝のはずのアジア最終予選も厳しくなるかもしれない。

これから数日の報道に期待。(何をとは言わないけど)


    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ Hiroshi@blog ] All Rights Reserved.
http://hiroshiat.blog.shinobi.jp/

COUNTER




忍者アナライズ
忍者ブログ | [PR]
ブログ内検索
スピリチュアルを開発する
占い・開運・風水・パワーストーン

前世療法のCD。
カウンセリングにいけない人や、カウンセリングが不安な人に。
前世療法 催眠療法 催眠暗示 ~魂は何処に行き 何処に還るのか?~

幽体離脱を促すヘミシンクプログラムの日本語版。
調和と平穏を促すヒーリングアイテムとしても。
ヘミシンク ゲートウェイ・エクスペリエンス 日本語版 全6巻セット

最新の7つの脳波同調テクニックを使った特殊な音ファイル、Brain Sound Questシリーズ。
尾底骨の第一チャクラを開発するようにチューニングされています。
チャクラの開発 ~Brain Sound Quest シリーズ3★ブレイン・マシンやヘミシンク手法の7倍の効果で脳波を誘導する
なかのひと
逆アクセスランキング
ブログパーツ