忍者ブログ


TASAKIが来季なでしこリーグ退会(日刊スポーツ)

なでしこジャパンにも多くの選手を供出してきたTASAKIが来期なでしこリーグ退会というとんでもないニュース。

池田とか阪口とか、どうすんだろう。

なでしこが北京でベスト4になって、これから女子サッカーも盛り上がろうかというときに、非常に残念。

どこか神戸の企業がスポンサードして、チームを維持してくれないかな。

PR
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ
日本、追いつかれドロー=サッカー日本代表戦(スポーツナビ)


ユーロスタイルの4-2-3-1が定着してきたように思える。

高い位置からプレスをかけて、奪ったらサイドに振って攻めるという戦術も定着してきたように見える。

けど、最後の1/4がやっぱり精度が落ちる。

そして決定力。

この辺の問題も浮き彫りになったような気がする。

まあ、これはどこの国も抱える問題ではあって、だからこそ決定力あるフォワードは貴重な存在なんだけど。

コンビネーションは成熟してきたし(ゴール前除く)、セカンドトップ(チームコンセプトはトップ下じゃなくてセカンドトップだと思う)とワントップの戦術的な動きは整理されてきたし、あとはゴールだけかも。

このチームは、ユーロスタイルの4-2-3-1と比べると、両ウィングに突破力がない。

だからサイドバックの上がりで補わなきゃいけないんだけど、これをやると後ろが足りなくなるから、ボランチが上がれなくて、クロスを受ける中の人数が少ないという問題があるように思う。

そしてサイドバックが疲労してしまうと、途端に攻め手が少なくなるような気がする。

運動量が等分になるのが4-2-3-1や4-3-3のメリットなんだけど、それがこのチームには当てはまらないんだよね。

サイドバックの過労状態が続いてるのは何とかならんだろうか。

個人的にはウィンガータイプの選手を見たい気がする。

あまり思いつかんけど。

俊輔がセルティックみたいに深いところでボールを受けれれば、ある程度デメリットは解消するけど、あまりそんなシーンを見ないというのが、このチームの問題なような気もする。



今回は玉田や興梠という背の低い選手がトップを務めたので、ゴール前でも回して攻めるというやり方だったように思うけど、まあ、この方が日本の特長が出るのかもしれない。

パカスカ撃ったシュートが入らなくて(大久保とか興梠とか)、入ってすぐの香川がゴールを決めたのはなんともいえないところ。

巻が入っても仕事がほとんど出来なかったのは、今回の試合のコンセプトに合わなかったというのがあると思った。



新戦力となる、岡崎に興梠、稲本(代表としては古株だけど)がそれぞれパフォーマンスを見せたのは好材料かな。

特に興梠は次のウズベク戦で先発もあるかも。

ゴールへ向かう姿勢が良かった。

五輪のときからすると見違えるぐらい伸びた。

逆に点を取られた中沢はちょっと心配かな。

たまにやられるときはあるけど、今回は囲みながらやられたので、守備に対する不安が露呈しそう。


収穫はそれなりにあったが、不安もそれなりに出たこの試合、どう消化して本番のウズベキスタン戦に向かうのか。

岡田さんも正念場じゃなかろか。


    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ



記事は
ミニスカート採用で人気沸騰…オランダの女子サッカー(らばQ)


女子サッカーがミニスカート姿!

実際は中にホットパンツ履いてるとはいえ、やっぱミニスカートというのはイイっす。

ヴイの中の観衆の男ドモがもれなくニヘラ~としてるのが何とも。

でも、日本でもやったら動員が厳しいなでしこリーグの起爆剤になったりして。

エロいとか不謹慎とか言わないで、華やかさを見てほしいと思ったりする。

    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ

遠藤のPKの際、レーザー光で妨害…W杯予選(スポーツ報知)


日本が薄氷の勝利を得たバーレーン戦で驚愕の事態。

なんと、遠藤、そして俊輔に観客からレーザー光が当てられてた。

しかも、エネルギー密度が高くて危険とされてる緑色光。

日本協会は絶対抗議しろよ。

こういうのは、絶対抗議して相手を無観客試合なり、勝ち点没収なりにしておかないと、相手に舐められて同じことやもっとひどいことが繰り返されるようになる。

国際社会では、物言う者が強者であり、正しいということが往々にしてあるということをわかっているだろうが。

日本人的な、わかるだろうとか言う常識は絶対に通用しないんだから。

犬飼さんなら絶対やってくれるとは思うけど。


田嶋専務は「抗議するかどうか考える」なんてヌルイこといってんじゃないよ。

ここは絶対抗議!

テレビ局から証拠映像を編集してもらって送付。

これは絶対やるべき。

AFCでウダウダやりやがったら、FIFAに抗議。

ガキじゃないんだから、やらんならんことぐらいわかれよ。

それも出来なきゃ、専務なんて肩書き、意味ないからさっさとやめろ。

    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ
日本がバーレーンに3-2で勝利=W杯予選(スポーツナビ)


黄金の左足&いぶし銀の右足で楽勝のはずが・・・

一人少ないバーレーンがまさかまさかの追い上げ。

ありえない。

これがサッカーの魔物なのかな。



この試合、日本は安定していたと思う。

田中達也の起用が大きかった。

ウルグアイ戦で試行していたフォアチェックを、浦和でも普通にやってる田中達也が忠実にやることで、チーム全体にフォアチェックの意識が徹底されたように感じる。

フォアチェックが効くと、簡単には蹴られなくなるから、後ろは楽だったんじゃなかろうか。

そして松井の起用で、前でボールを持てる選手が二人になって、後ろから上がりやすくなったのと、単純なロングボールを止めてくれたのも、日本を楽にしたポイントだったように思う。

阿部の左サイドはアウェーのオプションだろう。

ウッチーの右で攻撃を、阿部の左は止めを、というイメージで、実際、この試合では何度も阿部がバーレーンの攻撃を止めていた。

攻撃は、さすがに黄金の右足が使えないから厳しいけど。

右サイドバックならさらにいいが、右はウッチーを使いたいから左に置いたんだろう。


試合も、前回のアウェー戦とは違い、前半18分に俊輔がFKをゴールに突き刺して先制。

俊輔は30越してもキック力が上がった。

よほど精進してるのだろう。

目の覚めるようなシュートだった。

そして前半終了間際、FKからの混戦でPK奪取。

PKの指名はピッチもベンチもPK職人遠藤というのは笑った。

この試合ぐらいは突き刺すかと思ったが、遠藤はいつものようにコロコロPK。

あの強心臓には恐れ入る。

後半も、代わって入った憲剛がミドルを決めて3-0とし、バーレーンのスピーカーを黙らせた。

そしてバーレーンはイエロー2枚で1人退場してた。

なのに。

終盤、足の止まったウッチーサイドでボールを持たれて打ち込まれ、1点。

その直後に、闘莉王のヘッドのバックパスがそのままゴールインして2点目。

1点差まで盛り返させて、バーレーンのスピーカーを一気に蘇らせた。

クロスバー2連発がどっちか入ってたら・・・。

それでも何とか押さえきって、日本、結果として辛勝。

最後の詰めの甘さがこのチームらしいと思いながら、とりあえず、勝ったことで良しとしたい。


岡田さんはユーロスタイルのフォアチェックを浸透させたいように感じる。

前から押さえにかかれば、ロングボールも怖くなくなるし、速攻は利くし。

決定力不足でも、フォアチェックでボールゲットしてからの速攻ならチャンスは大きいわけだ。

この試合は暑さのダメージがバーレーンのほうにより大きかったように見え、運動量がそれほどなかったからなおさら有効だったし、ボールも持てた。

これが常時できるようになると、古臭い、もっさりした岡田さんのチームが、モダンなチームに一気に変貌することになりそう。

ちょっと期待感があるね。

けど、欧州組頼みの傾向が見えかけてるのは、今後を考えるとかなり微妙。

終盤の追い上げは、前半から飛ばした代償だったように感じるから、何ともいえない。

もう少しコミュニケーションが出来れば防げた失点だろうが、あの暑さで消耗していたのだろうから、あまり責められないように感じた。


とりあえず、鬼門だったアウェーのバーレーン戦を勝利でクリアしたので、最終予選突破の可能性は膨らんだ。

岡田さんも続投だろうし。

コンセプトもずいぶんモダンになった。

あとは完成度をどこまで上げられるかだろうか。

欧州組に頼るようになると、これが難しかったりする。

どうなるかな。


    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ

12年ぶりオフト氏が磐田監督(スポーツ報知)


もう「かつての強豪」と呼ばなければならなくなったジュビロ磐田に、「教育者」オフトさんが復帰。

オフトさんは日本代表監督を務めて「ドーハの悲劇」の後、ジュビロの監督に就任。

確か優勝はなかったと思うけど、その後のジュビロの黄金時代の基礎を築いた。

浦和でもそうだし、J以前のマツダもそう。

とにかく、弱小チームを強くする手腕は優れたものがある。

強くなるための基本を徹底してやるから、チームは強くなる。

反面、強くなったチームを率いて優勝を目指すのは苦手で、オフトさんの手によって強くなったチームも、在任中は不思議に優勝とは縁がない。

監督代えると優勝したりするから、この方面での手腕も実証されてたりする。

でも、16位と低迷する今のジュビロにはいい選択かもしれない。

ちょっと時間が短いのは厳しいかもしれないが。

    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ
なでしこ、メダルの夢破れる=ドイツに奮闘も踏ん張り切れず(スポーツナビ)


ドイツはそんなに強くはなかった。

前半から主導権を握ったのはなでしこだった。

だけど、勝負の綾をつかんだのはドイツだった。

なでしこは前半から攻め続けた。

パスはよく回り、ドイツは走らされるばかりだった。

何度かあったチャンス。

いずれも決定的な場面でミスが出たりして攻めきれなかった。

前半終了間際からドイツにも運が転がり出していた。

なでしこは、後半も半ばに入る頃には疲労で足が動かなくなってきていた。

1点を取られると、ロングパスに頼るようになっていった。

ドイツの高い壁。

ロングボールは跳ね返され、逆襲を受けるなでしこ。

疲労は重なり、足をつったり、削られると動けなくなる選手も出た。

後半終了間際に2点目を決められると、そこで勝負は決した。

しかし、なでしこは最後まであきらめなかった。

最後の力を振り絞ってゴールを狙うなでしこ。

しかし、なでしこの細い体に、もう余力は残っていなかった。

だけど、日本女子サッカーだけでなく、日本のサッカーを世界にアピールし、日本の誇りを、強さを見せ付けたなでしこ。

中国の大地で見せた彼女たちのファイティングスピリットを、卓越したサッカーを忘れない。

白眉だったノルウェー戦。

ホームの大声援を黙らせた中国戦。

大差を付けられながらも最後に1点を返して意地を見せた米国戦。

そして最後の力を振り絞って戦った今日のドイツ戦。

いずれも記憶に残るだろう。

戦い続けたなでしこの姿は、サッカーファンの心に刻まれるに違いない。

    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ
日本、ウルグアイに敗れる サッカー親善試合で1-3=差替(スポーツナビ)


後半しか見てないので、あまり書けないけど、見る限り、フォアチェックの意識が強かったかな。

リトリートをやらないでフォアチェックをやるということは、必然的に後ろがマンツーマンかそれに近くなる。

そのさばきと約束事がうまくできてなかったから失点したように見えた。

後ろが基本マンツーマンでやれればいいが、サイドバックの守りはそこまで強くない。

だから阿部を左サイドに起用したけど、ホントはそれぐらい強い選手を岡田さんは置きたいのかもしれない。

でもそうすると前に個人で突破できる選手がほしくなるが、日本にはそんな選手はいない。

だから、サイドバックは攻撃的な選手になってしまう。

以前、安田を2列目に置いたりしたのは、突破力のある2列目というヨーロッパ的なコンセプトをやりたいからじゃないかという気がする。

攻撃は遅攻が多かったようにも思うけど、速攻やりたいのに遅攻になってるようにも見えた。

前へボールを動かすチーム戦術を整備したいところだけど、ショートパスだけでは限界が見えてるので今はまた個人に頼ってるところか。

小野と長谷部、憲剛が入るとさすがにパスは回る。

後は飛び出す選手とどう絡め、そして彼らがどう飛び出すかカ。

ウルグアイの速攻は岡田さんにとっては羨望だったかも。

動いて入り込んでもらって動いての連鎖がきれいにできてるし、みんなして突っ込むという意識があるから、数的有利を作ることにも成功してた。

フォアチェックして、ああいう速攻をやりたいんじゃなかろうか。

ウルグアイはボールを持つと速くなるが、日本はボールを持つと遅くなる。

ブラジルに影響されてるチームとブラジルと戦うチームの差だろうか。


現状だと、チームのトップ下は俊輔より小野のほうがいいかもしれない。

小野は他の選手をうまく使うので、パスがよく回るから。

俊輔よりもリズムを出せる選手だろう。

コンディショニングの問題で活躍できてなかったけど、これが克服されれば、技術的には日本最高のMFだと思うし、実際にプレーでも証明してる。

けど、俊輔と小野は全然カラーが違うから、日本代表は2つのチームコンセプトを持ってしまうということにもなりかねない。

このあたりをどうさばくかが監督の能力ということになるかも。

    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ
理想の先制、瞬時に暗転=阻まれた銀以上の夢-女子サッカー(スポーツナビ)


体力負け。

この一言に尽きる。

連戦での蓄積疲労が少なかったアメリカが勝った。

それだけの差だと思う。

日本がいつものパスワークをしていれば、こんなに差は開かなかった。

日本がいつもの走力を持っていれば、こんなにやられることはなかった。

コンディショニングの差。

それに尽きると思う。

パスが微妙にズレ、動くはずの足は動かない。

出足の一歩がなかなか出ない。

日本のDFがあっさり振り切られる。

コンディション面で何とかファイトできていたのが澤と大野ぐらいでは、勝ち目はなかった。


日本のスポーツ協会でたぶんナンバー1のお金持ちのはずのサッカー協会は、女子サッカーにちゃんとサポートしたんだろうかね。

まさかホテル飯とか食わせたりしなかったろうね。

チャイナだから、何やるかわかんないのに。

結局、サッカー環境やサポートやら、そんなところの勝負でもアメリカに負けたんだろう。

唯一の救いは、なでしこが動かない体に鞭打って最後までファイトしたこと。

それが最後の1ゴールにつながった。

次につながる1ゴールを、しっかりともぎ取ったのはなでしこにとって非常に大きな財産になると思う。

次の3決も中2日しかないからコンディショニング面ではかなり厳しい。

相手はドイツ。

アメリカ同様、体がでかく分厚い分だけ、蓄積疲労も少ないだろう。

戦術や技術以前に、コンディショニングで負けそうな気がするが、なでしこ頑張れ、としかいえない。


しかし、アメリカの選手の分厚さはどうだろう。

腰周りなんて日本選手の倍くらいあった。

それが動くんだから強いよね。

脂肪がタップリあるということはそれだけエネルギーの蓄積も大きいということで、これがスタミナ削られる環境になると効いてきたんだろう。

脂肪のつき過ぎはアウトだけど、ある程度ついてるのは逆にオッケー。

連戦するプロレスラーが、脂肪をタップリつけてるのは、打撃を吸収する鎧としての役割のほか、そういう意味合いもある。


それで、アメリカ選手は結構美形が多かったのね。

注意して見てると、中南米系の名前が多かった。

一般に混血は美形を生むから、それ聞いて納得。

リーグ持ってる以外にアメリカ女子サッカーが強い背景もなんとなくわかるような気がした。


ドイツは・・・。

いや、考えるのやめとこ。

ゲルマンだし。

なでしこの勝利に集中しよう。
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ

今夜の米国戦、絶対勝って。

もう一つの準決勝はドイツ-ブラジル。

この2カ国とやるよりは、米国のほうがはるかに分がいいと思うし。

ここで勝たないとメダルの可能性は逆に低くなるともいえる。

どんくさいNHKも生中継を決めるという英断をやってくれたし。

絶対勝って、なでしこ。

五輪で日本選手を悩ませてる中国のネガティブ思念攻撃に対抗するために、日本から応援の思念を送ろうよ。

    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ Hiroshi@blog ] All Rights Reserved.
http://hiroshiat.blog.shinobi.jp/

COUNTER




忍者アナライズ
忍者ブログ | [PR]
ブログ内検索
スピリチュアルを開発する
占い・開運・風水・パワーストーン

前世療法のCD。
カウンセリングにいけない人や、カウンセリングが不安な人に。
前世療法 催眠療法 催眠暗示 ~魂は何処に行き 何処に還るのか?~

幽体離脱を促すヘミシンクプログラムの日本語版。
調和と平穏を促すヒーリングアイテムとしても。
ヘミシンク ゲートウェイ・エクスペリエンス 日本語版 全6巻セット

最新の7つの脳波同調テクニックを使った特殊な音ファイル、Brain Sound Questシリーズ。
尾底骨の第一チャクラを開発するようにチューニングされています。
チャクラの開発 ~Brain Sound Quest シリーズ3★ブレイン・マシンやヘミシンク手法の7倍の効果で脳波を誘導する
なかのひと
逆アクセスランキング
ブログパーツ