忍者ブログ


岡田JAPAN大逆転!5分で3発(スポーツナビ)

スコアだけ見たら、設定条件抜きで見たら、かなり興奮の試合だったけど、つい3日前にW杯を決めるタフなゲームをアフリカでやったチームがヨーロッパにやってきて日本と互角。

こういう絵を見たら、結果は無視。となる。

このゲームで明らかになったのは、岡田プランが崩壊した事じゃないのかな。

センターバックは中澤と闘莉王が絶対だったが、中澤の衰え、あるいは加齢に伴う疲労は隠せない。

W杯本番もスケジュールはタイトだが、確実に年を取る中澤一枚で大丈夫かな。

岩政を使わなかった、あるいは他の選手をこれまで試さなかったのは、岡田さんの怠慢だろう。

俊輔が交代してからチームが活性化して加点。

オランダ戦では比較的良かった俊輔も、この試合はもうひとつ。

この人も30オーバー。

本田も良くなかったが、この試合によって少し混沌としてきたんじゃないの?

稲本が逆転弾を叩き込んだのは、評価外かな?

この選手をどう使うかで岡田さんの評価が決まるかもね。


あと9ヶ月。

岡田さんはどうすんだろう。
PR
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      CERTAIN@BLOG TOPへ
オランダ戦後 選手コメント (1/2)国際親善試合

オランダ戦後 岡田監督会見 国際親善試合

試合後 オランダ代表ファン・マルワイク監督談話 国際親善試合


選手や監督のコメントに、この試合の本質がよく出てるような気がする。

日本代表は後半途中までは互角。

だけど、疲れてからはサンドバッグ。

本田は全くフィットしなかった。

ハイレベルな環境でのプレーはまだできないということだろうか。

あるいはVVVのメンツがスゴイとか。

最初のプレーでケチが付き、その後のプレーも見せ場なしでは、ボールが回ってこなくても、他の選手を非難できないだろう。

右だったらどうかという気もするが、中でも一緒だったし、ボール運びがキツイ時に下がりもしなかったので、良くも悪くもそういうレベルなんだと思う。

ディフェンス時の中盤は一人欠けたみたいだし。

好きでない俊輔のコメントが、この試合に限っては的確だと感じた。

最後までゲームに参加していたのは俊輔と遠藤ぐらい?

テクニックのある選手はフィジカルに劣ってもやれるということか。

ユーロのスペインのように。

稲本はこのチームでは飼い殺し要員かな。

若い頃から海外でやっていた貴重なアセットだと思うのに。

フィジカルがある数少ない選手なのに。

後半30分過ぎぐらいに出してあげてたら、どんなプレーを見せただろうか。

闘莉王のフォアチェックを批判する向きもあるけど、プレスが効いていれば賞賛される動きになるから、これはチーム戦術との関連で考えるべきではないかと思った。

本田のチェルシーはなくなっただろう。

闘莉王のミランはあるかも。

FWは、岡崎も興梠も厳しいね。

ゴツイDF相手に戦えるフィジカルがないのだろう。

ウェイトをもっと上げて、それでも動けるボディを作るかしないと。

前田の方がゲームになったような気がする。

長友が戦えていたのと対照的だと感じた。

点を取るというFWの役割を考えれば、ある人が挙げていた柳沢とか、屈強なボディのある平山とか、一度はダメ出しされながら復活してきてる選手の起用を考えてみてもいいのかもしれない。

途中交代で色を出せるかどうかが監督の能力という評価軸に拠るならば、岡田さんは凡将ということを改めて露呈したことになる。

エリア起用がハマったファン・マルバイク監督とは対照的。

選手の差はあるにしても、選手交代を行いながら攻勢を強めて行ったオランダと、数少ない選手交代でも混乱した日本との、ベンチの差は明らかだと思う。

江本さんの名言が頭に浮かぶ。

岡田さんは持久力の問題にしたいようだけど、20代後半や30過ぎの選手にこれ以上フィジカル上げろということの無謀さは無視か?

オシムさんとは比ぶべくもないか。

とりあえず、このままW杯に行ったら、ドイツの焼き直しが見られるということはよくわかった。

プロの監督が代表にほしいな。

    ブログランキング・にほんブログ村へ
      CERTAIN@BLOG TOPへ
日本OGで先制もドロー…W杯アジア最終予選(スポーツ報知)

カタールも産油国だし、審判はマレーシア?

レフェリングはウズベク戦のリプレイを見てる気がした。

最終予選の審判を予選敗退国から出すというのはどうかと思う。

何で低レベルな国の審判に判断を仰がなきゃならないのかという疑問。

そして2試合連続の低レベル(恣意的)ジャッジ。

いかにもアジア的といえばそれまでだけど、これではアジアのほかの国は強くならないよね。

日本、韓国、オーストラリアが3強で、ほぼW杯に行けるという状況が続くのはどうかと思うけど、姑息な手段で勝とうとする国もどうかと思う。


日本も、いかにも半端な布陣だったと思う。

新戦力のテストというにも、勝ちに行くと言うにも半端。

俊輔は途中から使い物にならなくなったし。

タフなゲームでは俊輔は使い物にならないというのは、ドイツで証明されてたと思うけど、代表チームは懲りてないように見える。

早目に本田に替えた方がよかったと思う。

俊輔はしかし、エース扱いしない方がいいかと思う。

日韓で使わなかったトルシエの判断理由を後に知ったが、たぶん、その問題は今後もついて回ると思う。

本田という存在も出てきたし、思い切った決断をしてもいい気もする。


審判がゲームを作っていたので、ウズベク戦同様、日本代表の評価は出来ないと思うが、別の問題が見えたような気がする。

    ブログランキング・にほんブログ村へ
      CERTAIN@BLOG TOPへ

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ CERTAIN@BLOG ] All Rights Reserved.
http://hiroshiat.blog.shinobi.jp/

COUNTER




忍者アナライズ
忍者ブログ | [PR]
ブログ内検索
スピリチュアルを開発する
占い・開運・風水・パワーストーン

前世療法のCD。
カウンセリングにいけない人や、カウンセリングが不安な人に。
前世療法 催眠療法 催眠暗示 ~魂は何処に行き 何処に還るのか?~

幽体離脱を促すヘミシンクプログラムの日本語版。
調和と平穏を促すヒーリングアイテムとしても。
ヘミシンク ゲートウェイ・エクスペリエンス 日本語版 全6巻セット

最新の7つの脳波同調テクニックを使った特殊な音ファイル、Brain Sound Questシリーズ。
尾底骨の第一チャクラを開発するようにチューニングされています。
チャクラの開発 ~Brain Sound Quest シリーズ3★ブレイン・マシンやヘミシンク手法の7倍の効果で脳波を誘導する
なかのひと
逆アクセスランキング
ブログパーツ