忍者ブログ

アセンションデーとされる日まで残り3ヶ月あまり。

予言とかメッセンジャーとかによると、そろそろ天変地異が湧き起り、人々は恐怖におののいて、その後に光が見えて、選別されて、救世主が降りてきて、みたいなところだろうか。

とりあえず、当地は台風に痛めつけられてるけど。

アセンションに熱中していた頃にふと思ったのは、ハードランディングパターンもあれば、ソフトランディングパターンもあるのではないかと。

日月神示などは、それを示唆するような表現があったと記憶する。

救世主?

私個人の意見としては、アセンションというのが起こるなら、キリストがスタンダードになるのではないの?という気がする。

こんな表現をするとキリスト教徒は怒るかもしれないけれど、キリスト教というものがあるのなら、信者の目指すべき道はそれであろうし、それが仏教であっても、神道であっても変わりはないと思うし、それぐらい人間全体の意識の上昇がないと、地球が持たないような気がする。

逆に考えると、そのような意識上昇が起こるのなら、別に天変地異を伴うハードランディングパターンも必要ないのではないかという気がする。

ハードランディングパターンが必要になるのは、恐ろしく意識レベルの低い連中が地球の支配に成功しようというような状況下だろう。

そのような状況下では、矯正不可能な連中を淘汰するために、大天変地異もやむなしかな、という気がする。

翻って現下の状況を俯瞰するに、世界各地で暴動や戦争が起こっている状況だが、一方では欺瞞が白日の下に晒されつつあるし、なかなか面白い情報もネット上を飛び交い、知識と能力と意欲があれば、かなりの情報を手に入れて、自分の思考を深化できる。

ネットがなくても、紙情報だけでも玉石混交で、その気になればいくらでも情報を得られて自分の思考を持てる。

これって、一種の踏み絵みたいなもんなんだろうな。

気高く生きるのも自由、卑しく生きるのも自由、黒くなるのも白くなるのも自由。

全ては自分次第の状況だ。

これこそが大峠、生きかたの分水嶺、「立て分け」という気がするが、こういう捉え方をするのも自由なんだろうな。


とりあえず私は、10年後、50年後を見据えながら、その時に何をしていたいと考えながら、その一方で、死んだら何をしようかと考えながら、今日を生きる。

このレベルの世界なら、もう下生はしたくないな。

何しろつまんねーから。

何するにもカネに縛られるって、ホントつまんねーと思うね。

つまんねー連中だけで一生やってろって思うし。

PR
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ Hiroshi@blog ] All Rights Reserved.
http://hiroshiat.blog.shinobi.jp/

COUNTER




忍者アナライズ
忍者ブログ | [PR]
ブログ内検索
スピリチュアルを開発する
占い・開運・風水・パワーストーン

前世療法のCD。
カウンセリングにいけない人や、カウンセリングが不安な人に。
前世療法 催眠療法 催眠暗示 ~魂は何処に行き 何処に還るのか?~

幽体離脱を促すヘミシンクプログラムの日本語版。
調和と平穏を促すヒーリングアイテムとしても。
ヘミシンク ゲートウェイ・エクスペリエンス 日本語版 全6巻セット

最新の7つの脳波同調テクニックを使った特殊な音ファイル、Brain Sound Questシリーズ。
尾底骨の第一チャクラを開発するようにチューニングされています。
チャクラの開発 ~Brain Sound Quest シリーズ3★ブレイン・マシンやヘミシンク手法の7倍の効果で脳波を誘導する
なかのひと
逆アクセスランキング
ブログパーツ