忍者ブログ

昨夜は、久々に心霊現象を食らった。

しかも身内。

昨夜は、遅くまで寝付けなかった。

やっと寝入りかけ、意識も朦朧としていたとき、それは起こった。

金縛りとともに1mほど前方から声が届く。

「今、何年?」

この間死んだ祖母の声だった。

問いかける声は非常に明瞭だったが、内容に脱力した私は返事しなかった。

死んでずいぶんになるというに、まだ認知症が治ってないのだろうか?

金縛りを解こうとするが無理、目も開けられない。

すると、重ねて問いかける声。

「今、何年?」

しつっこいのにブッチ切れて、

「平成20年。」

と心の中で返答する。

すると、

「店、やりたかったらやってもええで。」

と声をかけると消えた。

・・・。

人を金縛りにかけといてまで出てきてからに、言うのが「今何年?」に、「店やってもええで。」かよ。

今朝になってから、店を続けるかどうか迷っている母への伝言だと気付いた。

母に伝えると、母も笑っていた。

「どうして母のほうに出なかったのだろうね。」

というと、

「私のほうは霊能力がないからやわ。」

と返す母。

しかしね、そんなの私に言付けられても困るし。

人を伝書鳩扱いするなというの。





祖母の最後の数年は認知症で、恐らくは憑依霊の影響だろうが、私は完全に目の敵だった。

会うと暴言を吐かれる。

そして、ウチだけでも日に数十回もかけてくる電話は、全て私が祖母の声色を使ってかけたんだと言い張ってくれる。

それでも母一人では無理なときはヘルプに入らざるを得ず、度々嫌な思いをしていた。

ブン殴れば黙ったろうし、憑依霊も懲りたのかもしれないが、たださえ棺桶に片足突っ込んだような人間に暴力は振るえないし。

そんな祖母が、あるとき、死の数ヶ月前のことだったが、夜中に言ったそうだ。

独り言とは思えぬほどの大きな声で、私と母にありがとうと。

たぶん、霊としてはわかっていたんだろう。

けれど、顕在意識は、というか肉体はすでに影響を受けていて、そして自分のプライドもあっていえなかったことを、そのときに言ったんだろう。

死の後も、そのようなイメージをもらった。


五十日祭のあたりまでは、祖母の家に入ると気配、というかイメージを感じることはあったが、五十日祭を過ぎるとそれが感じられなくなっていたのに。

家にはピラミッド型に盛り塩を置き、般若心経も毎日唱えて結界を張っているのに、久々にそれを突破してきたのが祖母で、内容がこんなのというのに、少なからず脱力と当惑を覚えている。


PR
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      CERTAIN@BLOG TOPへ
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ CERTAIN@BLOG ] All Rights Reserved.
http://hiroshiat.blog.shinobi.jp/

COUNTER




忍者アナライズ
忍者ブログ | [PR]
ブログ内検索
スピリチュアルを開発する
占い・開運・風水・パワーストーン

前世療法のCD。
カウンセリングにいけない人や、カウンセリングが不安な人に。
前世療法 催眠療法 催眠暗示 ~魂は何処に行き 何処に還るのか?~

幽体離脱を促すヘミシンクプログラムの日本語版。
調和と平穏を促すヒーリングアイテムとしても。
ヘミシンク ゲートウェイ・エクスペリエンス 日本語版 全6巻セット

最新の7つの脳波同調テクニックを使った特殊な音ファイル、Brain Sound Questシリーズ。
尾底骨の第一チャクラを開発するようにチューニングされています。
チャクラの開発 ~Brain Sound Quest シリーズ3★ブレイン・マシンやヘミシンク手法の7倍の効果で脳波を誘導する
なかのひと
逆アクセスランキング
ブログパーツ