忍者ブログ

最近頻発する自殺の報に接して思い出したことを書く。

肉食とガン肉食と老化の関係は前の記事で書いたが、肉食は精神にも影響を及ぼすのだ。

 



それは、動物が屠殺される際の怒りや憎しみ、悲しみの念が、肉体の残骸である肉にも残るからだ。

それを食べることによって人間も、その食肉となった動物のネガティブな想念の影響を免れることはできない。

精神疾患や犯罪性向と肉食は深い関係性がある。

しばらく菜食をするとわかるが、肉を食べると攻撃性が強くなり、また、不調和感が強くなる。

食肉となった動物の想念の影響がよくわかる。

しかも現代の人間は、食肉を得るのに自ら手を汚すということをしていない。

肉食が罪であるという認識さえないのが非常に恐ろしいのだ。

肉食動物は獲物となる動物を自ら手にかける。

命を奪うということの罪を噛み締めながらその肉を食べているのだ。

だから必要以上の獲物を獲るということを決してしない。

飽食し、肉を食べ切らずに残すという人間の振る舞いは、いかに冒涜的な行いであろうか。

肉となった動物の怒りと悲しみが精神に影響を及ぼすのが当たり前だと思わないだろうか。

逆にいえば、精神疾患や犯罪性向を持つ人間に対しては、肉食をやめさせればその傾向が弱まるはずである。

現在、食の重要性について改めて考えるムーブメントがいろいろと起こっている。

肉食と精神性の論議も本格化することを期待したい。






ブログランキング・にほんブログ村へ

HIROSHI@BLOG TOPへ

PR
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ Hiroshi@blog ] All Rights Reserved.
http://hiroshiat.blog.shinobi.jp/

COUNTER




忍者アナライズ
忍者ブログ | [PR]
ブログ内検索
スピリチュアルを開発する
占い・開運・風水・パワーストーン

前世療法のCD。
カウンセリングにいけない人や、カウンセリングが不安な人に。
前世療法 催眠療法 催眠暗示 ~魂は何処に行き 何処に還るのか?~

幽体離脱を促すヘミシンクプログラムの日本語版。
調和と平穏を促すヒーリングアイテムとしても。
ヘミシンク ゲートウェイ・エクスペリエンス 日本語版 全6巻セット

最新の7つの脳波同調テクニックを使った特殊な音ファイル、Brain Sound Questシリーズ。
尾底骨の第一チャクラを開発するようにチューニングされています。
チャクラの開発 ~Brain Sound Quest シリーズ3★ブレイン・マシンやヘミシンク手法の7倍の効果で脳波を誘導する
なかのひと
逆アクセスランキング
ブログパーツ