忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ

神社へ行ってきた。

祈ってきた。

祈りは、先に考えていたことと違うことになった。

道中は大雨。

しかし、神社の辺りは雨が上がっていた。

帰り道、10分も車を走らせないうちに雨が始まり、やがて大雨になった。



PR
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ

アセンションという言葉が精神世界で広く敷衍するようになって久しいが、どのように行われるかについては、誰も明示出来ていない。

意図的にしていない人も中にはいるだろうけど。

最近、浮かぶ考えとしては、アセンションというものの起こり方は、人によって違うのではないかということ。

かつて、サイトで地球が多元的に存在するのではないかということを書いたが、地球内部に留まっている?多元世界が地表でも表れるとか、そのようなことも起こり得るのではないかという気がする。

意識の高い人は、次元上昇した新たな地球の地上世界、草木・人・動物、石ころに至るまで光り輝く「千年王国」に存在するとか。

意識の低い人には、現状の地球が破滅するまで体験させられるとか、3次元地球そのものが消滅して何もない空間に放り出されるとか。

選り分けは地球がやるのか、自身の超意識がやるのか。

そんなことも起こるのかなという気もする。

    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ
ある日の午後。

ふと、窓の外を見ると、異常な近さに雲が浮いていた。

100m×高度30mと感じられる近さに。

実際はこの数倍値なのかもしれないが、雲としては異常に低く、そして近い位置に、その雲は浮かんでいた。

驚きの後、その雲を観察する。

雲は、例の、アダムスキー型UFOというヤツに酷似した形をしていた。

大きさは、そう、8~10mというところだろうか。

直下に見えた住宅とあまり変わらない大きさだったから。

しばし眺め、手を振ってみたりするも、UFO雲?は無反応。

ふと思いついた私は、証人を得るため、階下の母に雲のことを告げに行った。

そして戻ってみると、既に雲はなかった。

周辺にも、その雲はない。

すぐに戸外に出た母も確認できなかったようだ。

あの雲はなんだったのだろうか。

ああいった偽装をすることもあるのかな?


関連記事
龍の雲と妙な夢。
雲の不思議。

    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ

「ユダヤ人」とか称する連中は、豚肉は食わんらしいのな。

これって多分によいことなのだろうな、彼らにとっては。



既に日本のネット民には広く知られたシオンのなんちゃらとかいう文書があって、それによると、「彼ら」以外は人ではなくて、騙そうが、掠め取ろうが、何してもオッケーということらしい。

金融危機を作り出した張本人の巨額ボーナスとか、某国における内臓かっぱぎ事件とかに、その行動規範が端的に現れているが。



さて、スピリチュアルな世界では、豚というのは特別な動物とされている向きもある。

重大な犯罪を犯した人間が、贖罪のために豚に転生するという。

殺されて肉を食われることによって贖罪を行うということのようなのだな。



二つの事例は有意に結びつく。

彼らは豚に転生する可能性があるということだ。

そう考えれば、豚肉を食わないというのは、意味のある戒律だろうな。

共食いを避けるためには。



とはいえ、日本も考えた方がいいのかもしれない。

某「人気宰相」の時代に蠢いていた連中など、かなり可能性があるのじゃないのかな。

中には、日本人じゃないのもいるけど・・・。

    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ
2012」という映画が公開されるそうだ。

ご苦労なことである。

2012年に何が起こるか。

世界が滅亡すると刷り込みさせたいのだろう。

「1999年7の月」で予行演習もやったのだし。

けれど、アセンションに全く言及してないというので、その意図は明らかだと思う。

私は、このように言った方が「より近い」のではないかという気がするが。



2012年12月、ユ○ヤ教徒とカト○○ク教徒の○○の者たちが滅亡する。
他の者は、精神性の高い者だけが地球に残ることを許される。
地球はその時より、新たなステージへと入る。

    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ

過日、家紋を制定した。


昨日、ある神社に参拝してきた。

そこで見たのは、家紋と同じ系統の紋章だった。

シンクロニシティを感じざるを得なかった。

    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ

死海文書とか、ユダの福音書とか、キリスト教のことなど、諸々考えると、ユダが「ユダ」ということに疑問を感じる。

じゃ、誰が「ユダ」かと考えると。

一般的には、それによって最も利益を受ける人物ということになる。

誰かな?


数日前から湧き起った思いを書いてみた。

    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ
一昨日の台風は脅威だった。

夕刻の時点では、直撃を受ける可能性もあった。

母は、こんな時だからこそと、神棚にごはんを祀った。

私はそれでハッと気がついた。

食後、台風に、なるべく来ないように祈った。

祈り始めて気付いた。

あの人が光を放っていることに。

光に包まれて祈る姿がイメージされた。

ずいぶん前から台風にアプローチしていたように感じた。

体を包む光が大きく感じられた。


夜半。

眠れない私は、ビールを飲んでいた。

荒れ狂う風に、再び祈り始める。

気付いた。

この地に、他にも大きな光を持った人がいることに。

他にも、小さな光の玉と感じられるのが、10をはるかに超える数。

この地はどんな場所なのだろう。

私も、酒を飲んで行う不謹慎を承知で祈った。

なるべく人が死ぬことのないように、しかし、必要な浄化はもたらすようにと。

この台風は、そのような性格があると感じていた。


我が家は、幸いにも大きな被害を受けずに済んだ。

玄関からの風雨による浸水は受けたけれど。

台風の直撃を免れたことも大きかった。

直撃ならば、どうなっていたことか。

    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ

近くの神社に参拝に行ってきた。

3週間ぶりくらい。

行かないでおこうかと思ったりもするが、やっぱり、ある程度のスパンで行きたくなる。

それが普通なのだと思うけど。


数日後にイベントがあるので、その件に関して報告し、久々にフルコースで祈ってきた。

境内を巡っていると、いつしか蝶が舞う。

見たこともないような飛び方。

滑空を繰り返すような、軽やかな蝶の舞。

蝶は、私を先導するかのように、私の前を飛んでいく。

手をさしのべる私と戯れるかのように、付かず離れずの距離を保ちながら舞う蝶。

本殿の前に来たとき、蝶は離れていった。

先導の任を果たしたかのように。


参拝コースを終え、家路に着こうとしたとき、ご神木が気になった。

手を触れる。

エナジーが体を巡る。

ご神木のエナジーで私のエナジーを調整してくれたように感じた。

両手を触れて、さらにエナジーを頂く。

雄木から雌木へ。

何か御神木のためにして差し上げられないかと考え、雄木と雌木を同時に触れて、つないでみた。

けれど、あまりベタベタ触るものでもないという思いが湧き、すぐに止めた。


大きな神社では、不埒者を避けるために御神木に触れてはならずという規制を行っているところも多いが、鎮守社のようなところでそういう規制をやっているところは少ないと思う。

神社境内にある木はヒーラーといえる。

その陰で休んだり、たたずんだり、あるいは触れたりすると、ヒーリング、というか、エナジーの調整をしてくれることがある。

肉体も精神も。

    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ
あるサイトを見て、これは、と思ったことがある。

ネガティヴ・コントロールから目を覚ましてくださいシリウス文明がやって来る Kagari ∞ Kazuki のブログ

だけど、そうなんだろう。

日を経るごとに得心がいくようになってきた。

ユダヤちゃん、お疲れ。

ま、確かに、いかにして必死にやってても、最後の一厘でグレンとひっくり返るよね。


ま、頑張って世界制覇にいそしめばー。


やっぱ、「なんちゃって」は所詮「なんちゃって」よね。

炭とダイヤモンドほどに違いが出るというところかな。

    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ Hiroshi@blog ] All Rights Reserved.
http://hiroshiat.blog.shinobi.jp/

COUNTER




忍者アナライズ
忍者ブログ | [PR]
ブログ内検索
スピリチュアルを開発する
占い・開運・風水・パワーストーン

前世療法のCD。
カウンセリングにいけない人や、カウンセリングが不安な人に。
前世療法 催眠療法 催眠暗示 ~魂は何処に行き 何処に還るのか?~

幽体離脱を促すヘミシンクプログラムの日本語版。
調和と平穏を促すヒーリングアイテムとしても。
ヘミシンク ゲートウェイ・エクスペリエンス 日本語版 全6巻セット

最新の7つの脳波同調テクニックを使った特殊な音ファイル、Brain Sound Questシリーズ。
尾底骨の第一チャクラを開発するようにチューニングされています。
チャクラの開発 ~Brain Sound Quest シリーズ3★ブレイン・マシンやヘミシンク手法の7倍の効果で脳波を誘導する
なかのひと
逆アクセスランキング
ブログパーツ