忍者ブログ


額に印のある男で書いた予言だが、ノストラダムスだったような気がする。

けれど、ネットであたっても見つからなかった。

ある研究家の著書ではゴルバチョフを指していたとしていたように思うが。

ノストラダムスも日本という国に注目していたらしい。

ある程度以上にレベルが上がると、日本という国のポテンシャルに注目するようになるんだよね。

卑下したり、卑小化して見せるのは、低いレベルに留まっている連中だけなのだ。

売国的なコメントを行う連中の顔を見ればわかるように、浅薄な知識をいくら持っていても、知性は身につかない。

ある程度以上の知性がないと、日本の本質はわからないだろう。

知性は、霊性、徳性にも置き換えられようけれど。

PR
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      CERTAIN@BLOG TOPへ

もう何年も前のことだったのだろうと思う。

額に印のある男がどーのこーの(ほとんど思い出しているがマル秘)という予言を読んだ記憶がある。

あの男の写真を見て、そのことを思い出した。

遅いけどね。


ググってみると、旧約聖書には「右手や額に印」というくだりがあるようだ。

旧約聖書の神様は一部、アレだから、「額に印」というのは、ファイナル・アブダクション(勝手に命名)のことを言っているのだろうな。

もちろん、救いなんかでなく、アレだろうけど。



ということで、「額に印」は、アレの証明なんじゃないの、というのがこの問題に関する思考の結論となった。
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      CERTAIN@BLOG TOPへ

夢って、霊界訪問だったり、異世界訪問だったり、パラレルワールド体験だったり、いろいろなパターンがあるように思う。

夢から覚醒する時、体がドスン、と落ちる感覚の後に目覚めることがある。

こういうときは、霊体が大慌てで肉体に戻ろうとしてるんだろうと思う。

何度か体験したのは、体が180度回転してからドスン、と落ちるケース。

肉体が覚醒を始め、霊体が大慌てで肉体に戻ろうとしたのはいいが、頭と足が逆の位置になってて、それで慌てて正常な位置へと回転して、やっと肉体の覚醒に合わせたんだろうと思う。

こういう体験をしているから、夢は霊界体験ツアーを包含するということを実感する。

体が思うように動かないのも、力が入らないのも、霊界での所作に慣れないからなのかもしれない。


パラレルワールドらしき夢体験もよくする。

私がよく見るのはいくつかのシリーズと化した夢。

大学を卒業した後、さらに他学科で勉強したり、他学部の大学院に学んだり。

それをいくつかのパターンで体験する。

これは、一種の補償行動なんだろうと思う。

潜在欲求を実現するとどうなるかということを、夢の中で追体験しているのだろう。

分岐節の実現という形で。

全く違う人生の一場面のシリーズというのもいくつかのパターンで体験する。

中部地方に居住し、高速道路を利用して通勤、というのが一つのパターンだ。

何をやっているのかは、未だにわからないけど。

これも補償行動なのかもしれないが、夢の中の光景がリアルなので、パラレルワールドの一つを覗いている、という感がしないでもない。


個人的には、そろそろ別パターンも見たいと思うが、けれど、私の希望するパターンを視聴するには、意識レベルが足りないような気が強くしている。

    ブログランキング・にほんブログ村へ
      CERTAIN@BLOG TOPへ

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ CERTAIN@BLOG ] All Rights Reserved.
http://hiroshiat.blog.shinobi.jp/

COUNTER




忍者アナライズ
忍者ブログ | [PR]
ブログ内検索
スピリチュアルを開発する
占い・開運・風水・パワーストーン

前世療法のCD。
カウンセリングにいけない人や、カウンセリングが不安な人に。
前世療法 催眠療法 催眠暗示 ~魂は何処に行き 何処に還るのか?~

幽体離脱を促すヘミシンクプログラムの日本語版。
調和と平穏を促すヒーリングアイテムとしても。
ヘミシンク ゲートウェイ・エクスペリエンス 日本語版 全6巻セット

最新の7つの脳波同調テクニックを使った特殊な音ファイル、Brain Sound Questシリーズ。
尾底骨の第一チャクラを開発するようにチューニングされています。
チャクラの開発 ~Brain Sound Quest シリーズ3★ブレイン・マシンやヘミシンク手法の7倍の効果で脳波を誘導する
なかのひと
逆アクセスランキング
ブログパーツ