忍者ブログ

川相 引退試合で犠打世界記録を更新

川相昌弘という男、巨人時代はとかく地味~な選手だった。 
強肩とシュアなフィールディングの守備は抜群で、その守備力でショートの定位置を取ったが、打撃は地味。
だけど、バントが絶妙だった。
そのバントで世界記録を取ったあたりから身辺が騒がしくなる。
地味なキャラクターは、「職人」というニックネームがふさわしく、一目置かれるようになった。

30過ぎてから打撃に開眼し、一度は首位打者を取ろうかという年もあった。
結局、その後、打率は下降したけど、それでも3割を超えた。

そんな川相も年齢的な衰えから定位置を失い、そろそろ、と肩叩きを受けた時、再度スポットライトが当った。
なんと、巨人での引退を拒否し、中日に移籍したのだ。
当時の巨人ブランドは絶大で、「元巨人」と肩書きがつけば、食うには困らなかった。 
多くの選手が余力を残しながら、「元巨人」の称号を得るために辞めたのに、長い間巨人の中心選手だった川相はそうしなかった。
職人と呼ばれ、脇役に甘んじていた男の顔に強い決意がみなぎっていたのを、私は忘れられない。

そして昨日。
スポットライトを浴びるきっかけとなった犠打を決めて世界記録を更新するという、何ともカッコイイ引退試合だった。

優勝チームで引退できる幸せ。
地味な選手の華やかな最後。
巨人で引退しなくて大正解だったのだろう。
日本シリーズでもバントを決めて、世界一のバント王として、長い現役生活の終わりを飾って欲しい。



ブログランキング・にほんブログ村へ


PR
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      CERTAIN@BLOG TOPへ
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ CERTAIN@BLOG ] All Rights Reserved.
http://hiroshiat.blog.shinobi.jp/

COUNTER




忍者アナライズ
忍者ブログ | [PR]
ブログ内検索
スピリチュアルを開発する
占い・開運・風水・パワーストーン

前世療法のCD。
カウンセリングにいけない人や、カウンセリングが不安な人に。
前世療法 催眠療法 催眠暗示 ~魂は何処に行き 何処に還るのか?~

幽体離脱を促すヘミシンクプログラムの日本語版。
調和と平穏を促すヒーリングアイテムとしても。
ヘミシンク ゲートウェイ・エクスペリエンス 日本語版 全6巻セット

最新の7つの脳波同調テクニックを使った特殊な音ファイル、Brain Sound Questシリーズ。
尾底骨の第一チャクラを開発するようにチューニングされています。
チャクラの開発 ~Brain Sound Quest シリーズ3★ブレイン・マシンやヘミシンク手法の7倍の効果で脳波を誘導する
なかのひと
逆アクセスランキング
ブログパーツ