忍者ブログ

消費税増税は輸出企業と株主の利益増大のため、だよな。

消費税 戻しでググると・・・。

消費税を増税すると、3%→5%の時に起こったように、国内消費は冷え込むが、輸出企業の業績には関係ない。

国内企業からの調達に伴って生じる消費税は、輸出企業には還付される。

仕入高も変わらないと見られる(増税分だけ価格上昇、その分だけ“叩く”だろうからプラマイゼロ?)ので、消費税戻し益が単純に増大するということだな。

経済団体や大企業のサラリーマントップたちは、「醜悪」と言う言葉を知らないんだろう。

法人税減税分の歳入補填が問題になっているが、この消費税還付制度をやめればよいと思う。

それで十分に補填できるのではないか。

それと同時に消費税増税論議は瞬時にしぼむだろうし。(爆笑)

輸出企業だろうがなんだろうが、国内で取引を行う限りにおいては、国内の財とサービスを利用していることには変わりはない。

従って、全ての取引から広く徴税を行う消費税の考え方に照らせば、消費税納税の義務が生じると思うが、違っているかな?

消費税補填をやめると、コスト増を嫌って輸出企業が出て行くという議論が必ず巻き起こるだろう。

けれど、出て行きたいのを無理に引き止めても仕方がない、というか、時間の問題だと思うので、出て行きたいと騒ぐところには、早期に出て行ってもらえばよいと思う。

日本企業の海外工場産の製品も国内でも出てきてはいるが、タイ産の日産マーチとか、品質は?だよな。

メードインJAPANを名乗れなくなった日本企業のブランド力がどれほど続くか見物だ。

韓国企業、中国企業の製品と日本企業の製品を比べれば、メードインJAPANというものがもっとよくわかるだろう。

国内の退職労働者が中国企業に多数雇用されているニュースに接すれば、いろいろなことがわかるだろう。

その辺に言及しない、できない連中が空洞化を叫んでいる現状を報じないから、愚民が騒ぐんだ。



このままの政治状況が進むと、程遠くない日に日本は崩壊するという気がする。

それが“連中”の狙いなのだろうが、「お先棒」組は、その後のことを考えたことがあるのか?

豆を煮るに豆ガラを炊く。

国を売って平気な連中なんて、所詮は豆ガラ扱いで、最後は捨てられるのがわからないのだろう。

「煮る」段階では豆ガラにも使い道はあるのだから、捨てるなんて事はおくびにも出さないし。

獲物がいなくなり、役に立たなくなった猟犬は煮て食われる。

ということに気付かないのだろうな。

お金を数えるのに夢中で、本のページを繰ることもない連中にはわからないかな・・・。
PR
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      CERTAIN@BLOG TOPへ
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ CERTAIN@BLOG ] All Rights Reserved.
http://hiroshiat.blog.shinobi.jp/

COUNTER




忍者アナライズ
忍者ブログ | [PR]
ブログ内検索
スピリチュアルを開発する
占い・開運・風水・パワーストーン

前世療法のCD。
カウンセリングにいけない人や、カウンセリングが不安な人に。
前世療法 催眠療法 催眠暗示 ~魂は何処に行き 何処に還るのか?~

幽体離脱を促すヘミシンクプログラムの日本語版。
調和と平穏を促すヒーリングアイテムとしても。
ヘミシンク ゲートウェイ・エクスペリエンス 日本語版 全6巻セット

最新の7つの脳波同調テクニックを使った特殊な音ファイル、Brain Sound Questシリーズ。
尾底骨の第一チャクラを開発するようにチューニングされています。
チャクラの開発 ~Brain Sound Quest シリーズ3★ブレイン・マシンやヘミシンク手法の7倍の効果で脳波を誘導する
なかのひと
逆アクセスランキング
ブログパーツ