忍者ブログ

日本においても、その他先進国においても、通貨発行権は中央銀行が持っていて、それが常識のようになっている。

けど、これっておかしくないか。

通貨という価値を発行するために必要な信用は、中央銀行が持っているわけではない。

例えば、中央銀行が発行通貨に見合うだけの資産を持っているかというと、そんなことはありえないわけだ。

通貨の信用の基盤は何かというと、結局はその国の租税徴収権、究極的にはその国の領土の主権ということになる。

領土主権により保障された租税徴収権という、振れば出てくる打ち出の小槌が信用の基盤となっているということになる。

これなしには中央銀行も通貨もありえないわけだ。

ではなぜ中央銀行が発券するようになったかというと、政府が無制限に通貨を発行し、価値が毀損されるのを防ぐという名目からだった。

けど、ここにものすごいおかしさがあるのに、多くの人は気づかない。

営利企業たる民間銀行が無制限に通貨発行して利益をむさぼることがなくて、通貨の価値が毀損すると、ヘタすると存亡の危機に立たされる政府は無制限に発行しかねないという、ムッチャおかしな論理がそこに成立していることになる。

このあたりのトリックが先進国の中央銀行制度の闇になっているのだけど。

ドルなんか、あんだけ無制限に濫発して、その信用創造を後追いするために国債を濫発して日本なんかに買わせているわけだ。

しかも日本の買った米国債はアメリカで保管するという、ムチャクチャな条件付で。

もひとつは、中央銀行の通貨発行権を政府が統制するというが、ヤミで通貨を刷りまくったら、刷ったら刷った分だけがその銀行の利益になるということになる。

経費とか利益を計上せずに、どっかにスルーしたら、これだけおいしい商売はないよね。

一万円札で考えると、原価はたかだか数十円、ひょっとしたらヒトケタかも知れない。

一番金のかかる原盤は、財務省の職人が作ってくれるから、後は印刷機に特殊なインクを入れて、特殊な紙をフィードしてやれば一万円の出来上がりとなる。

原価率は1%以下、ヘタすると0.1%以下。

こんなボロイ商売、やらない人がいる?

この辺が中央銀行制度の闇であるはず。


だから、ブラックアフリカみたいな国ならいざ知らず、統治制度の安定し、統治者が民意によって交代する国においては、恣意的な通貨発行が必然的に抑制されるから、通貨発行権とその機能は政府が持つのが当然となる。

そうでないと、上記のようなことが起こりうる。

また、経済テロを起こそうと思ったら、けっこう簡単にできるということにもつながる。

ヤミ通貨を大量に発行すれば、その通貨の価値は大幅に下落する。

意図しないインフレーションが起こると、通常、その国の経済は混乱する。

この場合、経済を監督するはずの中央銀行が民間銀行であるというのはリスクファクターになるわけだ。

公定歩合も民間銀行が握っているというのはおかしいということになる。

本来なら、行政府からの掣肘を受けない、独立した機関がその任を担うのがふさわしいということなんだけど、その辺をごまかしているのが現状の中央銀行制度であるわけだ。


イチ民間銀行が、一国の政府機関のように振舞うことのおかしさに、多くの人が気づいていくと世の中が変わるかもしれない。


面白い記事があったので参考としてリンク。
政府貨幣と日銀券の本質的な違いに着目せよ! 丹羽春喜(大阪学院大学教授)

PR
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ Hiroshi@blog ] All Rights Reserved.
http://hiroshiat.blog.shinobi.jp/

COUNTER




忍者アナライズ
忍者ブログ | [PR]
ブログ内検索
スピリチュアルを開発する
占い・開運・風水・パワーストーン

前世療法のCD。
カウンセリングにいけない人や、カウンセリングが不安な人に。
前世療法 催眠療法 催眠暗示 ~魂は何処に行き 何処に還るのか?~

幽体離脱を促すヘミシンクプログラムの日本語版。
調和と平穏を促すヒーリングアイテムとしても。
ヘミシンク ゲートウェイ・エクスペリエンス 日本語版 全6巻セット

最新の7つの脳波同調テクニックを使った特殊な音ファイル、Brain Sound Questシリーズ。
尾底骨の第一チャクラを開発するようにチューニングされています。
チャクラの開発 ~Brain Sound Quest シリーズ3★ブレイン・マシンやヘミシンク手法の7倍の効果で脳波を誘導する
なかのひと
逆アクセスランキング
ブログパーツ