忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ
最悪の結末……バダ・ハリ反則失格でレミーが第16代王者に
谷川氏は厳しく糾弾「厳しい処分を課さなくてはいけない」 (スポーツナビ)


準決勝までのファイトがすばらしかっただけに、決勝戦の暴走が残念。

彼のレミに対するコメントも、気持ちはわからないではないが、やったことに対してまずは謝罪しないといけない。

それができなかったことで、心象はものすごく悪くなる。

実力ある選手だけに、リング追放はないだろうが、かなり長期間の出場停止はあるのではなかろうか。

そして、多くのファンを失うことになるだろう。

秋山のように。


準々決勝はラッシュで勝ち切り、準決勝はダウンの応酬を凌いで勝ったのは素晴らしかった。

特に準決勝はK-1でも屈指の好ファイトだったと思うし。

決勝も、それほど力の差があるようには見えなかっただけに、展開次第で逆転の目もあったのに、それが待てなかったのは精神面の未熟さゆえだろうか。

アーツならどっしり構えてチャンスを待ったし、魔裟斗ならクリーンにラッシュをかける。

だから人気があるのだが。

出場停止明けは絶対、リベンジマッチを組んでほしいと思う。


今回のK-1は、人気凋落の声を吹き飛ばすような好試合が多かった。

スターシステムに頼らなくても、マッチメークだけで人気を維持できる可能性が見えてきたように見える。

けれど、ジャッジングや運営面で不透明性が残るようにも見え、これがウィークポイントになりうる。

今回の件の裁定で、K-1の今後が見えるかもしれない。


PR
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ

石井、プロ転向を正式表明=柔道王者から総合格闘技へ(スポーツナビ)

ついにやっちゃった。

とはいえ、一応筋を通してのことだから、いんじゃないの。

周りのオダテに乗ってすぐに試合、とはならなかったのはあっぱれかな。

普段のキワモノ系の言動とは裏腹に、地に足はついてるよう。


個人的には結構やるような気がする。

カリフラワーになってる耳みたら、相当寝技やってるのはわかるし。

樽みたいなバディは打たれ強いだろうし。

打撃がどーこー言ってるけど、柔道やってた人間はパンチングマッスルに近いところの筋肉が発達するから、基本的に強力なパンチが出るからね。

若いだけに、練習を積んだら凄いファイターになるかもよ。

    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ

K-1 WORLD MAX 2008 World Championship Tournament FINAL(スポーツナビ)


魔裟斗の根性と表現するしかない、凄絶な大会の凄絶な結果。

準決勝、決勝と、いずれもダウンを奪われてから、反撃に出て挽回した。

2試合ともダウンを奪われ、それから挽回するというのはあまり記憶にない。

ダウンのダメージは結構引きずるし。

ダメージを引きずりながらポイントを得るまでの攻勢を掛けられたのは、魔裟斗の精神力、根性というほかない。

2試合とも、前半で攻勢点を得ていたから、攻勢に入った相手をいなしていたらポイントアウトも可能だったが、それをせずに真向打ち合ってダウンを喫し、そこから反撃に出たのだから凄まじい。

いい試合を見せようという魔裟斗のプロ根性も同時に見た気がする。

こんな凄い試合を2試合も見せてくれた点だけをとっても、魔裟斗はチャンピオンに値すると思う。

ただ、あまりにもパンチをもらいすぎたので、今後への影響が心配。

あんな試合は確実に選手生活を縮める。

すでに29歳。

意外と魔裟斗の引退は早いかもしれない。


同時に放映されたK-1甲子園は、あまり面白くないね。

選手の安全を考えて早目にダウンをカウントしてるんだろうけど(しかも5カウント)、どうも消化不良感が強い。

TVに乗せるようなコンテンツではないかも。



小比類巻太信-ユーリ・メス戦は、小比類巻の復活に期待しただけに残念。

距離で左のキックを殺されていた小比類巻に、もう少し工夫がほしかったように思う。

右のキックとか、入られる前のストッピングキックとか。

左のフロントキックは流れる傾向が強かったから、あれでは止められなかったかもしれないけど。

パンチの回転の内側に入られて連打を食らう展開もまずかったように思う。

ストレート系のパンチで対抗していたら、もう少し勝機はつかめたかも。



今大会から導入された全ラウンドオープンスコアリングシステムは良かったね。

K-1の判定は結構疑問を覚えることも多かったが、あれで透明性は出た。

そして劣勢の選手の反撃も引き出して、試合としては面白くなったように思う。

ヘビー級でも早期に導入してほしいかな。



    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ

崔洪万TKO負け 9か月ぶり実戦肋骨骨折の疑い…K-1ワールドGP開幕戦(スポーツ報知)

久々のK-1だったが、個人的に一番の注目はチェ・ホンマン-バダ・ハリの体格差ありまくりマッチだった。

バダ・ハリも、ビッグマウスどおり攻めたが、2Rのダウンがかなり堪えもしたようだ。

3Rの攻勢でドロー判定を勝ち取ったが、ホンマンの脇腹が潰れてTKO。

あの巨人のアバラ骨をへし折るなんてスゴイ。

体格から来る打たれ弱さの問題がなければ、スーパーヘビーでも十分やれる。

筋肉付けるとあのスピードは落ちるから、どういう体にするかという判断は難しいところではある。

でも、突貫小僧的な、あのファイトスタイルは好きだね。

準々決勝はアーツ!

思いっきり噛み合うので、今から楽しみ。

ホンマンは痩せてどうかと思ったが、パンチ力は残ってたから、この体でやってくのも手かな、とも思う。

でも、連戦は難しいかな。

やっぱ、ブロックできるだけの筋肉付けてるほうがいいかもしれない。



テイシェイラ-武蔵戦。

極真の怪物がどれだけやれるかというのが見所だったんだけど、試合自体はも一つかな。

相手が武蔵だから保ったともいえるし、武蔵だから勝てたともいえるし。

ラッシュが出来ないと、勝ち抜けは厳しいかも。


グラウベ-ジマーマン

新旧交代をまざまざと見せつけられた。

グラウベは結構好きなタイプのファイターだっただけに残念。

体に老いが忍び寄ってるのがわかっただけに、なおさら悲しかった。

3年前のグラウベなら撃破してたろうに。

ジマーマンはまだアレかな。

トップレベルとやってないからわからんけど、意外とすぼみそうな気もする。

次はテイシェイラらしいから、いい試合になるかも。


アーツ-シュルト

今大会のベストバウト。

K-1ファイターたちが会場まで出てきてアーツを応援してたのに感動した。

試合も、アーツの凄みと心の強さを改めて感じた。

試合開始から出て行くアーツ。

打たれても打たれても出て行くアーツ。

次第に押されるシュルト。

3Rは、ほとんどの観衆がアーツを応援してたんじゃないかと思う。

アーツの心が観衆の心を捉えたんだと思う。

アーツこそ、K-1を代表する選手だと改めて感じた。

賞賛を受けるに値する選手、そして賞賛を受けるに値する試合。

アーツのファイトの中でも指折りの試合だろう。

「レジェンド」になりそうな気がする。


    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ

DREAM.6 ミドル級グランプリ2008 決勝戦(スポーツナビ)


所ー山本篤 戦。
ミニキッドという印象。
広背筋が凄く発達しててパンチ力があって、レスリング出身というのがそっくり。
戦い方もそっくり。
所は戦略を間違ったかな。
負けたのはその辺の差のように思えた。

秋山ー外岡戦。
これはもう、対峙した瞬間に勝負ついた感じ。
経験の差。
打撃系だったら、前足のインローで内腿の急所蹴るとか、ミドル蹴りこむとかのほうが良かったかな。
顔面ばっか狙いすぎるから、圧力に押された。
といって、ミドルはつかまれたらどうしようというのがあるから、なかなか蹴れないんだけど。
秋山は最後、余裕勝ち。
吉田戦希望というマイクアピールは驚いたが、でも、いいマッチメークになるかも。

船木ーミノワマン戦。
唐突な終わり方から、ひょっとしてフィクストマッチ?と思ったが、シューズ履いてる人間と履いてない人間の差だと。
アンクルホールドの掛け合いだったからわかりにくかったよね。
マイクアピールのときの船木の涙はグッと来た。

ハリトーノフーアンブリッツ戦。
対戦相手のモー欠場で急遽決まったマッチメークだったが、アンブリッツはなかなか面白いファイターだった。
筋肉付き過ぎで腕が上がらんなんて、面白過ぎ。
バチバチ殴られても向かっていった敢闘精神は良かったが、最後はパンチでタップ負け。
仕方ないかな。

ゲガール・ムサシ-ホナウド・ジャカレイ戦。
これは凄い決着の付き方をした。
劣勢だったムサシが、グラウンドからのワンキックでKO。
めったに見れないもの見た。

ミルコーオーフレイム戦。
消化不良。
金的蹴り連発は、試合の流れ上仕方ないとはいえ、なんとなく釈然としないが、真剣勝負なのでこういうこともあるだろう。
ミルコは劣勢だったので、オーフレイムにとっては悔しい試合だったかも。


全般に全盛期のPRIDEには及ばないものの、徐々に盛り上がりつつあんのかなという気もする。
総合はなかなか難しいものがあるが、地上波で見れるイベントというのは貴重なので、頑張ってほしいと思う。
ヒロイックな選手が出てきたのは、今後に期待が出来そうな気がする。
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ

少林寺拳法の柔法の達人の技。

技の切れが凄い。

これも、何で飛ぶのか、素人には理解不能だと思うけど。

このレベルになると、飛ばされるほうもかえって痛くなかったりする。

凄くって、清々しくて、終いには笑っちゃうぐらい。

達人の技は美しい。



    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ

YOUTUBEで検索してると、スゴイのに当たった。

少林寺拳法の秘伝。

モノがモノだけに、ここではリンクしないけど。

経絡秘孔は、いくつかは知ってるが、その既知の秘孔の未知の攻め方を紹介してた。

さすがは少林寺拳法。

奥は深い。


でも、知らん人は、見てもわからんだろうね。

何で人がブッ倒れるのか、理解不能じゃないのかな。

それに、致命的なとこは紹介してないし。

でも凄い。

    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ

桂治あまりに残酷な“引退試合”(スポニチANNEX)


初戦一本負け、敗者復活も初戦一本負け、普通なら、何やってんだといいたいが、井上康生同様、この人もケガでボロボロだったようだ。

じゃ、何でケガで力の出せない選手を選んだか、ケガの回復に協会は力を貸したのか、ケガを考えた戦法を考えたのか、ということになる。

協会は選手任せ、負けたらすいませんではどうにもならない。

選手選考もちょっと不透明だったりする。

柔道は、少なくとも国際大会の舞台では、柔道という格闘技ではなくJUDOというスポーツになったのだと考えて、どうやったら勝てるのか、国単位で物事を考えるべき時期に来ているのかもしれない。


    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ
五輪=女子柔道63キロ級で谷本が2連覇、アテネに続き全て一本勝ち(スポーツナビ)


決勝のヴイしか見てないからあまり多くはいえないけど、決勝はすばらしかった。

積極的に前へ出る両者。

最後は相手の大内をすかして内股で一本。

金メダルにふさわしいきれいな内股だった。

やっぱり柔道の醍醐味はこれだよね。

ポイント柔道なんざ、本物の柔道には及びもしない。

でも、相手もすばらしかった。

真向勝負できたんだから。

結果として一本負けはしたが、攻めての銀だから、誇れる銀だと思う。

さすがヨーロッパの柔道大国、フランスの選手と思った。

これでまた勢いがついて、重量級で勝ってほしいと思う。

もちろん、一本勝ちで。
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ

五輪=男子柔道66キロ級で内柴が金、アテネに続き2連覇(スポーツナビ)


決勝しか見なかったけど、よかったよね。

思い切りのいい試合ぶりでフランスのダルベレを転がし、そのまま押さえ込みに入って一本。

しかも相手のタップ負け。

首に負担のかかる形で投げてそのまま押さえ込みに入ったから、首やられたんだろうね。

しかし、文句のない勝利。

笑顔で退場した後、ちょっと涙ぐみ、その後妻子のいる観客席に向かってガッツポーズを繰り返し、さらに妻子の名を叫んだ姿は感動的だった。

これが初の金。

谷の銅、男子60kgの初戦敗退で勢いがない中、よくやったと思う。

いやー、よかった。
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      HIROSHI@BLOG TOPへ

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ Hiroshi@blog ] All Rights Reserved.
http://hiroshiat.blog.shinobi.jp/

COUNTER




忍者アナライズ
忍者ブログ | [PR]
ブログ内検索
スピリチュアルを開発する
占い・開運・風水・パワーストーン

前世療法のCD。
カウンセリングにいけない人や、カウンセリングが不安な人に。
前世療法 催眠療法 催眠暗示 ~魂は何処に行き 何処に還るのか?~

幽体離脱を促すヘミシンクプログラムの日本語版。
調和と平穏を促すヒーリングアイテムとしても。
ヘミシンク ゲートウェイ・エクスペリエンス 日本語版 全6巻セット

最新の7つの脳波同調テクニックを使った特殊な音ファイル、Brain Sound Questシリーズ。
尾底骨の第一チャクラを開発するようにチューニングされています。
チャクラの開発 ~Brain Sound Quest シリーズ3★ブレイン・マシンやヘミシンク手法の7倍の効果で脳波を誘導する
なかのひと
逆アクセスランキング
ブログパーツ