忍者ブログ

うすみっともない試合をした亀田大毅に対し、当初は静観していたJBCも、世間の轟々たる非難を見て素早く処分に動いた。

その結果、亀田父は無期限ライセンス停止、大毅は1年間ライセンス停止、兄興毅は厳重戒告になった。

大毅は妥当、父はまだ甘い、興毅は大甘というのが私の印象。

亀田家でまだまだ稼ぎたい、JBCの思惑が透けて見えるようだ。

もっとも、子供をボクシングの世界チャンピオンにすると公言し、実際、そのとおりにして見せ、大阪から東京に出てきて我が世の春を謳歌していた亀田父がこの処分に納得するだろうか。

実際、処分を受けて発表した本人のコメントも、不満の様子がありあり。


だが、問題は今後どうするかだ。

今回の騒動で、亀田組には、ヒーローとしても、アンチヒーローとしても、その商品価値は大きくキズが付いたように思う。

今回の反則攻撃で、彼らが作られたヒーローだということがわかってしまったからだ。

マッチメークは物凄くやりにくくなるだろうし、仮にマッチメークができても、少なくとも会場の客入りはひどく落ちるだろう。

視聴率は、相手にもよるだろうが、海外の(インチキでない)リアルチャンピオンや、日本人の強豪選手の場合のみ、高い視聴率が取れて、これまでのような噛ませ犬相手では、そんなに視聴率は取れないに違いない。

つまり、負けてボロボロになる姿を見ることにしか興味を持たれないと思う。

それほどにダーティイメージが付き過ぎてしまったと思う。

問題の試合でも、実況のアナウンスとは裏腹に、会場は多くが内藤ファンで占められていたというし。

そこへ今回の件があれば、兄興毅でも、客入りは期待できないと見るのが妥当だ。

視聴率も、亀田が負けるのを見たさのファンが多かったはず。

でなければ、ネットがあれだけ炎上しない。

TBSも早晩、このことに気付くだろう。

契約金の回収もしたいだろうから、兄興毅の試合は早めに組もうと考えるはず。

でも、商品価値の落ちた亀田の試合に、スポンサーが付くかどうか。

TVから見捨てられたら、亀田組の行くところはない。

今回の件では協栄ジムは亀田組を切る可能性は低いと見るが、TVから切られたら、すぐに手を切るだろう。

ゼニの稼げない、ダーティイメージの付いて回る選手を鍛えようというジムもないだろうし。

行き場がなくなった亀田組は、いよいよアチラの世界の住人になるしかないのではなかろうか。

でも、その方が行儀がよくなったりして・・・。



PR
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      CERTAIN@BLOG TOPへ
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ CERTAIN@BLOG ] All Rights Reserved.
http://hiroshiat.blog.shinobi.jp/

COUNTER




忍者アナライズ
忍者ブログ | [PR]
ブログ内検索
スピリチュアルを開発する
占い・開運・風水・パワーストーン

前世療法のCD。
カウンセリングにいけない人や、カウンセリングが不安な人に。
前世療法 催眠療法 催眠暗示 ~魂は何処に行き 何処に還るのか?~

幽体離脱を促すヘミシンクプログラムの日本語版。
調和と平穏を促すヒーリングアイテムとしても。
ヘミシンク ゲートウェイ・エクスペリエンス 日本語版 全6巻セット

最新の7つの脳波同調テクニックを使った特殊な音ファイル、Brain Sound Questシリーズ。
尾底骨の第一チャクラを開発するようにチューニングされています。
チャクラの開発 ~Brain Sound Quest シリーズ3★ブレイン・マシンやヘミシンク手法の7倍の効果で脳波を誘導する
なかのひと
逆アクセスランキング
ブログパーツ