忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ブログランキング・にほんブログ村へ
      CERTAIN@BLOG TOPへ
内藤が2度目の防衛=ポンサクレックと引き分け-WBCフライ級タイトルマッチ(スポーツナビ)

内藤の前の試合が下手くそなチンピラボクサー相手だったので、ファイトスタイルとかがよくわからなかったが、今回の試合は彼の特徴がよくわかった。

このボクサー、非常にやりにくいだろうね、対戦者は。

素人が見たら、ワケわからんヘタレボクサーとしか見えないだろうけど、変則的でリズムを壊され、思わぬところからパンチが飛んでくるので非常にやりにくい。

相手にとっては、気がついたら試合が終わってました、あるいはマットに寝てました、みたいな感じだろうね。

ポンサクレックも前回の対戦でそれがわかってただろうから、この試合は最初から頭を抑えに行って、それはある程度成功してた。

でも、中盤からは内藤ペース。

序盤から打ち続けたボディで相手の突進を止めて、後はひたすらマイペースでパンチを放り込むスタイルが奏功して、中盤は完全に彼が取った。

でも、終盤、ポンサクレックが持ち直したのは誤算だったかな。

劣勢を挽回しようと打ち合いに出たポンサクレック相手に、まともに打ち合いに出たのは、ちょっと彼のスタイルからは外れた振る舞いだったように思われた。

前回の試合が尾を引いたか、打ち合いになっても倒せると見たか。

それで予想外のドローになったのはちょっと残念。

終盤もヌラクラやってポイントアウトするか、相手がヘタった所を仕留めに行く戦法だったら完全に勝ってたような気がした。

内藤にとっても不本意な結末だったろうが、引き分けでも防衛したことには違いない。

防衛を重ねたチャンピオンの中には、引き分けで防衛回数をつないだ選手も少なくない。

パンチの打ち分けとか、技術的にはまだまだ伸びしろがあると思われるだけに、彼の今後の精進に期待。


程度の低いボクサー一家を応援してひんしゅくを買いまくっているTBSも、今回の放映はナイス、と言っておこう。

例によって前振りが長すぎるのはレッドカードモノだけど。


PR
    ブログランキング・にほんブログ村へ
      CERTAIN@BLOG TOPへ
前田宏行は素晴らしかった。

ボクサーがほとんど活躍できないK-1のマットで、しかも才能が集まるMAXの舞台で、36歳にあと数日という年齢で、あれだけの活躍をしたのは文句なしに賞賛に値する。

対戦相手寄りの実況を尻目に、パンチだけで相手をぶっ倒すボクシングテクニック。

ボクサーの泣き所となるローキックをものともせず突進する闘志。

ボクサーの可能性を開き、見る者の魂を熱くするファイトは素晴らしかった。

肘の負傷がなければ、準決勝の勝者は彼だったろうし、決勝も勝てた可能性が高かっただけに、なおさらドクターストップが惜しまれる。

減量も厳しいだろうから、あまり無茶はいえないんだけど、でも、彼のファイトをもう一度見てみたい気がする。

今日の主役はアンディでもなく、他の誰でもなく、文句なしに彼だった。

    ブログランキング・にほんブログ村へ
      CERTAIN@BLOG TOPへ
史上初V3!シュルト絶対王者だ (スポーツナビ)

やっぱ体の大きいのが有利かと思わせる試合。

1ナイト3マッチというK-1スタイルもそろそろ限界かな、と思わせた。

試合を重ねるごとにダメージは蓄積する。

当然、身体のデカイ方がダメージは小さくなるから、デカイ者が勝つようになっていく。

その意味で、シュルトの勝利は当然と思われた。

来年、シュルトの4連覇を阻むためには、シュルトと同じくらいの身体の選手を持ってこないと難しいのではと思われた。

バンナもアーツも、1マッチならシュルトといい勝負をするだろう。

だけど、2試合タフな試合をやった後で、さらに巨人と戦って勝てるだろうか。

その答えが昨夜の試合だったように思える。


単一の試合でもっとも面白かったのはバダ・ハリVSレミー・ボンヤスキー戦。

体格、技術ともに近接した二人の見せる試合は白眉。

最終的に、振り回し系のパンチしか持たないバダ・ハリが攻撃の手詰まりを見せて敗れたように思われる。

K-1も、そろそろ技術革新の時期にきているように思える。

その意味で注目はピーター・アーツ。

あまり腰をひねらずに威力を出すパンチを随所に見せていた。

腰をひねらないとパンチの威力が出ないという西洋流の考えから脱却して復活を果たしたようだ。

チェ・ホンマンは期待外れだったかな。

メンタルに問題ありか。

あの体格を生かす戦い方を覚えないと、今後は厳しいかも。

沢屋敷は経験のなさがモロに出たような試合。

でも、今後大きく成長するかも。

バンナは一試合限定なら、ひょっとしたら最強かもしれない。

あまりに打撃が強力すぎ、防御もまともにやりすぎるので、かえってあちこち壊す傾向があるように見える。

バンナのような選手にもっとチャンスを与える意味でも、1ナイト3マッチシステムの再考に期待。

そうすると、中量級の魔裟斗にも、戴冠のチャンスが出てくると思う。

彼も実力はトップクラスだが、1ナイト3マッチは厳しいと思えるから。



    ブログランキング・にほんブログ村へ
      CERTAIN@BLOG TOPへ

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ CERTAIN@BLOG ] All Rights Reserved.
http://hiroshiat.blog.shinobi.jp/

COUNTER




忍者アナライズ
忍者ブログ | [PR]
ブログ内検索
スピリチュアルを開発する
占い・開運・風水・パワーストーン

前世療法のCD。
カウンセリングにいけない人や、カウンセリングが不安な人に。
前世療法 催眠療法 催眠暗示 ~魂は何処に行き 何処に還るのか?~

幽体離脱を促すヘミシンクプログラムの日本語版。
調和と平穏を促すヒーリングアイテムとしても。
ヘミシンク ゲートウェイ・エクスペリエンス 日本語版 全6巻セット

最新の7つの脳波同調テクニックを使った特殊な音ファイル、Brain Sound Questシリーズ。
尾底骨の第一チャクラを開発するようにチューニングされています。
チャクラの開発 ~Brain Sound Quest シリーズ3★ブレイン・マシンやヘミシンク手法の7倍の効果で脳波を誘導する
なかのひと
逆アクセスランキング
ブログパーツ